「景品表示法」とは?

関連ニュース

ダイエット効果を過剰に宣伝 通販業者に課徴金2千万円 - 06月16日(土)14:22 

 根拠のないダイエットや美容の効果を広告したとして、消費者庁は15日、ネット通販事業者のブレインハーツ(大阪市)に対し、景品表示法違反(優良誤認など)で、再発防止策を求める措置命令を出し、課徴金約2千…
カテゴリー:

「やせる」サプリ根拠なし 課徴金2千万円、消費者庁 - 06月15日(金)18:03 

「やせる」「美白効果がある」と広告したサプリメントや化粧品などに根拠がなく景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

セガ『ぷよぷよチャンピオンシップ』2018年度6月大会開催! 次のeスポーツプロ選手になるのは君だ! - 06月13日(水)18:34 

セガゲームス公式のeスポーツプロ大会『ぷよぷよチャンピオンシップ』(2018年度6月大会)が東京で開催された。オリンピックの正式種目になるかもしれないと言われている「eスポーツ」の認定タイトルとあって、ゲーマー層だけでなく多数の注目を集め、競技の様子は生中継されるほど。2回目となった今大会では、並みいるベテラン勢を破って、なんと現役男子高校生プロがチャンピオンとなった。そんな「ぷよぷよチャンピオンシップ」の模様をレポートしよう。 ■アジア大会の正式種目にもなった「eスポーツ」とは? 株式会社セガゲームス(東京都品川区)公式で行われた『ぷよぷよチャンピオンシップ』(2018年度6月大会)は、東京・浅草橋ヒューリックホールで2018年6月3日に開催された。一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)が認定タイトルと位置付けている、ジャパン・eスポーツ・プロライセンス取得選手のみが参加できる大会だ。では「eスポーツ」とはいったい何なのだろうか。 「eスポーツ」は対戦型のコンピューターゲームを競技として行うスポーツ 「eスポーツ」(Electronic Sports)とは、テレビゲームのうち対戦型のゲームを“競技として”行うスポーツのこと。すでに海外では億単位の賞金をかけて争われる大会が開かれており、ゲーマーが目指す頂点として熱い視線が注がれている。2018年8月にインドネシアで開催され...more
カテゴリー:

【社会】「黒ビールカリー」、実際には黒ビール使ってなかった…キリン子会社に措置命令 消費者庁 - 06月13日(水)18:08  newsplus

 黒ビールを使っていなかったにもかかわらず、直営店で提供していたカレーを「黒ビールカリー」などと表示していたとして、 キリンの子会社である「キリンシティ」が景品表示法違反で措置命令を受けました。  消費者庁によりますと、「キリンシティ」は2015年1月から去年9月までの間、 黒ビールを使用していないカレーなどのあわせて25の料理について、 「コク深い味わいの黒。」などと黒ビールを使っているかのように記載していたということです。  キリンシティは、「真摯に受け止めている。再発防止を含め、従業員...
»続きを読む
カテゴリー:

黒ビールカリーに黒ビール使わず、キリン子会社に措置命令 - 06月13日(水)17:49 

 黒ビールを使っていなかったにもかかわらず、直営店で提供していたカレーを「黒ビールカリー」などと表示していたとして、キリンの子会社である「キリンシティ」が景品表示法違反で措置命令を受けました。
カテゴリー:

「痩せる」「美肌」根拠なし=消費者庁、ネット通販会社に措置命令 - 06月15日(金)20:15 

 飲むだけで痩せられるかのような広告をし、サプリメント商品を販売したなどとして、消費者庁は15日、ネット通販会社「ブレインハーツ」(大阪市北区)に景品表示法違反(優良誤認など)で再発防止を求める措置命令を出した。併せて課徴金計2229万円を支払うよう命じた。 同庁によると、措置命令の対象はダイエットサプリ「グリーンシェイパー」や、せっけん「恋白美スキンソープ」など5商品。課徴金の対象はうち4商品で、2016年11月~今年4月に総額約7億4300万円を売り上げていた。 サプリは「毎日2粒摂取して14日間の使用で体重マイナス12.8キロ以上をお約束します」と宣伝。せっけんは「誰でも美肌になれる」としていた。 同社は同庁に対し、根拠を示す資料を提出しなかった。同社は「うたっている効果はないと認識しつつ、過激な表現をすることで販売が伸びるのでそうした」と説明したという。 同社は「広告表示に関する社内の審査体制と社内教育を強化し、広告表示の適正化を推進していく」などとコメントしている。 【時事通信社】
カテゴリー:

「黒ビールカレー」実は原材料にビールなし レシートあれば返金対応 - 06月13日(水)18:41  news

大手ビールメーカー「キリンビール」の子会社が運営するレストランで、黒ビールを使ったと うたっていたカレーに、実際は黒ビールが一切使われていなかったことがわかり、消費者庁は 不当な表示にあたるとして再発防止などを命じました。 消費者庁によりますと、問題が見つかったのはキリンビールの子会社の「キリンシティ」が運営 するレストランで提供された「黒ビールカリー」や「黒ビールカリーのオムライス」など25種類 のメニューです。 「黒ビールでコトコト煮込んだ」などとうたい、平成27年1月から首都圏や大阪など...
»続きを読む
カテゴリー:

黒ビール使わず「使用」と違法表示 キリンシティのカレー - 06月13日(水)18:32 

 消費者庁は13日、キリンビールの子会社「キリンシティ」(東京)が経営する飲食店で、「黒ビールを使用」と表示して提供していたカレーにビールが使われていなかったのは景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、再発防止を求める措置命令を出した。
カテゴリー:

「黒ビール入り」実は使用せず=キリン子会社、カレーで-消費者庁 - 06月13日(水)17:51 

 メニューなどに「カレーに黒ビール使用」と事実と異なる表示をしていたとして、消費者庁は13日、キリンビールの子会社「キリンシティ」(東京都中野区)に対し、景品表示法違反(優良誤認)で再発防止を求める措置命令を出した。 同庁によると、2015年1月~17年9月、同社が運営する全国のレストラン38店舗で提供していた「黒ビールカリー」関連の計25品目で、実際は黒ビールが入っていないのに「一番搾りスタウト(黒生)を使用」と表記。「コク深く、スパイシーな味わい」などとうたっていた。 【時事通信社】
カテゴリー:

イオン傘下の「スポーツオーソリティ」、経営不振で債務超過に陥る - 06月11日(月)20:56  news

 スポーツ用品店「スポーツオーソリティ」が経営不振に直面している。イオン傘下の運営会社が直近の決算で債務超過に転落。 発祥の地の米国では運営会社が2年前に破綻。財務体質の改善が急がれる。(東京商工リサーチ特別レポート)  スポーツ用品店「スポーツオーソリティ」を国内で展開するメガスポーツ(東京)は、2018年2月期決算で債務超過に転落した。  メガスポーツが開示した2018年2月期決算によると、売上高は730億5353万円(前期比2.9%増)と新規出店などが寄与し微増だった。 ◆ネット通販...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「景品表示法」の画像

もっと見る

「景品表示法」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる