「春秋航空日本」とは?

関連ニュース

春秋航空日本、最終赤字約42億円 6期連続赤字 - 06月22日(金)14:07 

春秋航空日本は第6期決算公告を、6月22日付官報に掲載した。 第6期は2017年1月1日から12月31日までで、売上高は91億4100万円、営業損益は42億3,900万円の赤字、経常損益は42億2900万円の赤字となった。売上原価は120億5800万円、販管費は13億2200万円だった。 売上高は前期と比較して約8割増加したものの、損失は拡大した。第3期と第4期はそれぞれ約49億円、第5期は約38億円の損失を計上している。これにより6期連続で赤字となった。利益剰余金は195億4500万円の赤字となった。 資産は71億2900万円で、うち流動資産は39億6200万円、固定資産は31億6700万円だった。 春秋航空日本は東京/成田〜広島・佐賀・武漢・重慶・ハルビン・天津線の国内・国際線6路線を運航している。資本金は2017年12月31日現在で、114億円。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

春秋航空日本、全路線対象の「夏旅先取セール」開催 片道1,737円から - 06月11日(月)12:09 

春秋航空日本は、国内・国際線全路線を対象に「夏旅先取セール」を6月11日正午から15日正午まで開催する。 設定路線と片道運賃は、東京/成田〜広島・佐賀線は1,737円から、東京/成田〜重慶・天津・ハルビン・武漢線は3,999円からで、燃油サーチャージ・諸税等は別途必要。搭乗期間はいずれも7月1日から14日までと9月16日から10月27日まで。 セール設定日、販売座席数には限りがあり、販売状況により追加または終了する場合がある。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

春秋航空日本、最終赤字約42億円 6期連続赤字 - 06月22日(金)14:07 

春秋航空日本は第6期決算公告を、6月22日付官報に掲載した。 第6期は2017年1月1日から12月31日までで、売上高は91億4100万円、営業損益は42億3,900万円の赤字、経常損益は42億2900万円の赤字となった。売上原価は120億5800万円、販管費は13億2200万円だった。 売上高は前期と比較して約8割増加したものの、損失は拡大した。第3期と第4期はそれぞれ約49億円、第5期は約38億円の損失を計上している。これにより6期連続で赤字となった。利益剰余金は195億4500万円の赤字となった。 資産は71億2900万円で、うち流動資産は39億6200万円、固定資産は31億6700万円だった。 春秋航空日本は東京/成田〜広島・佐賀・武漢・重慶・ハルビン・天津線の国内・国際線6路線を運航している。資本金は2017年12月31日現在で、114億円。 ⇒詳細はこちら 投稿 春秋航空日本、最終赤字約42億円 6期連続赤字 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

春秋航空日本、全路線対象の「夏旅先取セール」開催 片道1,737円から - 06月11日(月)12:09 

春秋航空日本は、国内・国際線全路線を対象に「夏旅先取セール」を6月11日正午から15日正午まで開催する。 設定路線と片道運賃は、東京/成田〜広島・佐賀線は1,737円から、東京/成田〜重慶・天津・ハルビン・武漢線は3,999円からで、燃油サーチャージ・諸税等は別途必要。搭乗期間はいずれも7月1日から14日までと9月16日から10月27日まで。 セール設定日、販売座席数には限りがあり、販売状況により追加または終了する場合がある。 ⇒詳細はこちら 投稿 春秋航空日本、全路線対象の「夏旅先取セール」開催 片道1,737円から は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

「春秋航空日本」の画像

もっと見る

「春秋航空日本」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる