「映画館」とは?

関連ニュース

ぴあ映画初日満足度ランキング あのベストセラー原作の作品は? - 06月19日(火)11:13 

 ぴあ映画生活は、6月15日、16日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表した。 それによると、第1位は60代で世界に見い出され世界中からリサイタルのオファーが絶えない“魂のピアニスト”フジコ・ヘミングを追ったドキュメンタリー映画『フジコ・ヘミングの時間』。「世界中に羽ばたいていくフジコさんは素敵だった。同じ年代なのでリンクする部分が多く、自分の人生の起伏と重なって感動した。今もまだ感動で脚がガクガクしている」(88歳・女性)など、高齢の観客から感動したとの声が多く出ている。 第2位は、遺伝子疾患により人とは異なる顔で生まれてきた少年が、家族と共に困難に立ち向かっていく姿を描く『ワンダー 君は太陽』。第3位は、池井戸潤のベストセラー小説を長瀬智也主演で映画化したヒューマンドラマ『空飛ぶタイヤ』だった。************************************1位『フジコ・ヘミングの時間』94.0点2位『ワンダー 君は太陽』92.9点3位『空飛ぶタイヤ』92.1点4位『ニンジャバットマン』87.1点5位『メイズ・ランナー:最期の迷宮』85.3点6位『V.I.P. 修羅の獣たち』85.0点7位『ALONE/アローン』81.8点8位『母という名の女』81.4点(6月16日ぴあ調べ)************************************ ぴあ映画初...more
カテゴリー:

「インクレディブル・ファミリー」がアニメ映画として全米史上No.1のオープニング成績 - 06月18日(月)18:00 

 ピクサー最新作「インクレディブル・ファミリー」(ブラッド・バード監督)がアニメ史上最高の興行成績で北米デビューを飾ったと、エンターテインメント・ウィークリー誌が報じた。  「Mr.インクレディブル」から14年ぶりの続編として6月15日(現地時間)、北米4410館で封切られた同作は、公開3日間で興行収入約1億8000万ドルを突破。アニメ映画としては、同じくピクサー作品「ファインディング・ドリー」が2016年に樹立した1億3510万ドルを突破し、歴代1位となった(実写映画を含めると第8位)。ちなみに前作「Mr.インクレディブル」のオープニング成績は、7050万ドルだった。  実際に映画館に足を運んだ観客の満足度を示すシネマスコアも最高ランクのA+を記録していることから、今後もヒットを続けていくことになりそうだ。なお、「インクレディブル・ファミリー」は、ヒーローとしての活動を禁じる法律を白紙に戻すために、母のヘレンが極秘のヒーロー活動、父のボブが家事と育児を担当するというストーリー。映画は、8月1日から全国で公開。 【作品情報】 ・インクレディブル・ファミリー 【関連記事】 ・【作品情報】「インクレディブル・ファミリー」 ・三浦友和&黒木瞳&綾瀬はるか、再びヒーロー一家に!「Mr.インクレディブル」続編 日本版声優決定 ・「インクレディブル・ファミリー」末子ジャック=ジャックの...more
カテゴリー:

ジェイソン・ムラーズ、約4年ぶりとなるニュー・アルバム『ノウ。』を8月にリリース - 06月18日(月)16:00 

2度のグラミー受賞経験を持ち、ポジティヴなメッセージとソウルフルなフォーク・ポップ・サウンドで人々を魅了するシンガー・ソングライターのジェイソン・ムラーズが、8月10日に新作『ノウ。』をリリースすることが分かった。ニュー・アルバムは2014年の『イエス!』以来4年ぶりとなるジェイソンだが、アルバム発売に先駆けて4月にリリースされたリード・シングル「ハヴ・イット・オール」はアメリカだけで450万回ストリーミング数を突破し、ここ日本も含め現在世界的なヒットを記録。YouTubeで公開されたカラフルなミュージック・ビデオは、ヴァージニア州リッチモンドで撮影が行われ、リッチモンド・コミュニティー演劇学校(SPARC)やリッチモンド周辺のターンアラウンド・アーツの生徒たち、また俳優のケイティー・グローバー(『ウェイトレス』)とグレッグ・グランバーグ(『エイリアス』、『ヒーローズ』)が登場し、視聴回数は既に500万回を超えている。ジェイソンはアルバムの制作過程を追ったドキュメンタリー映画『ジェイソン・ムラーズ-ハヴ・イット・オール・ザ・ムービー』を制作したようで、こちらは8月7日、アメリカ全土の映画館で一夜限りの上映会が行われるという。夏にかけて北米ツアー『グッド・バイブス』を開催することも発表されているため、来日公演の実現にも期待したいところだ。また、アルバムの発表に合わせて収録曲「アンロン...more
カテゴリー:

安藤政信に若い女性を中心とする上海のファンから黄色い声! - 06月18日(月)14:37 

『夏美のホタル』『ふしぎな岬の物語』など映画化が続く森沢明夫の同名小説を映画化した『きらきら眼鏡』。この作品が第21回上海国際映画祭のパノラマ部門に出品され、W主演をつとめた金井浩人と池脇千鶴、安藤政信、犬童一利監督が6月16日に実施されたレッドカーペットイベントに登場したことはすでに報じたとおりだが、今回新たに6月17日に天山电影院剧院厅で行われた舞台挨拶に登壇した。 この日は本作のワールドプレミア上映が開催され、会場で観客と一緒に作品を鑑賞していた4人は、上映終了後、大きな拍手を受けながら登壇。舞台挨拶では、犬童監督が中国語で挨拶をすると、場内からは温かい拍手が。監督は「2年前『つむぐもの』で出品した時の映画館よりも、大きなところでたくさんの方に見ていただけて嬉しいです」と喜びをあらわにした。 また、本作で新人ながらも主演に抜てきされた金井は「全部のシーンが印象に残っていて、全部の時間を立花明海という人間として生きていました。自分自身と役柄との間に境はなくなったように演じていたので、忘れられないかけがえのない時間になりました」と初主演の喜びを噛みしめた。 池脇はお気に入りのシーンについて聞かれ「裕二さん(安藤政信)との最後のシーンで、柔らかく見送ってあげたい気持ちと、でも本当は揺さぶって抱きしめて生き返らせ...more
カテゴリー:

胸焼けしちゃう?衝撃の映像美が話題『ニンジャバットマン』公開記念舞台挨拶レポート! - 06月18日(月)11:42 

 DCコミックのおなじみキャラクターが戦国時代にタイムスリップし大暴れする、日本発の『ニンジャバットマン』。『ポプテピピック』で一世を風靡したCGスタジオ「神風動画」の初長編映画で、早くも国内外で話題沸騰中! 6月15日(金)の公開を記念し、翌16日(土)に舞台挨拶が行われました。  舞台挨拶には、バットマン役の山寺宏一さん、ジョーカー役の高木渉さんをはじめ、加隈亜衣さん、釘宮理恵さん、梶裕貴さん豪華声優陣と、監督の水崎淳平さん、脚本を担当した中島かずきさん、キャラクターデザインを担当した岡崎能士さんが登壇。  FIFAワールドカップ真っ只中ということもあり、山寺さんの「バットマン役のクリスティアーノ・ロナウドです」というボケから始まった同イベント。いきなりのボケに「何を言おうと思ったか忘れちゃった」と高木さん。和気藹々とした雰囲気に包まれ、イベントがスタート。  本作といえば、公開前から予告編の衝撃的な映像美が話題に。見終えたばかりの観客たちを目の前に「朝からこんなものを見せてしまってすみませんでした。役者は悪くないです(笑)」と監督。脚本を担当した中島さんも「大丈夫ですか?胸焼けしていないですか?」と観客を心配していました。 これまで数々のバットマンを演じた山寺さん。同作の役は「カッコイイ!」と大絶賛 山寺さんは以前にも『レゴバットマン ザ・ムービー』など様々...more
カテゴリー:

初デートでがっつきすぎ…女性ドン引きのスキンシップ9パターン - 06月19日(火)07:00 

スキンシップは女の子との距離を縮める効果がある反面、行き過ぎると嫌われるリスクもあります。特に初デートでのスキンシップは要注意と言えそうです。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに、「初デートなのにがっつき過ぎでしょ!」と感じたスキンシップを教えていただきました。 【1】デート場所に集合した瞬間から手を握ろうとする。 「まだ告白もしてないのに恋人気分なの?」(10代女性)というように、デートにこぎつけただけで恋人気分になっているのが嫌なようです。ただし、「手を繋ぐまでならOK」(10代女性)という意見も多いので、雑踏の中二人が離れないようするためなど、自然な感じで繋げば問題ないでしょう。 【2】二人で座っているときなどに、腰の後ろに手を回す。 「いきなり腰に手を回すとか、なんかやらしい感じ…」(20代女性)というように、下心が透けて見えるところが不快なようです。ただし、女の子が寄り添ってくるなどのサインを送ってきたときは腰の後ろに回していいのかもしれません。 【3】全然混んでいない電車の中なのに体を密着させようとする。 「ガラガラの電車の中だと挙動不審でしかない」(20代女性)というように、不自然な密着に引いている女の子もいます。ただし、混雑した電車の中、酔っ払いから女の子を守るなど、理由があればやさしい行動だと思ってもらえるでしょう。 【4】歩いている時に、触...more
カテゴリー:

新田真剣佑、『OVER DRIVE』で上海国際映画祭に 現地ファン熱狂 - 06月18日(月)17:54 

 俳優の新田真剣佑が16日と17日、上海にて開催中の第21回上海国際映画祭に、映画『OVER DRIVE』の羽住英一郎監督と共に出席。17日に行われた『OVER DRIVE』の公式上映後に真剣佑は「今度は上海で運転してみたい」とコメントした。【写真】空港での様子も『OVER DRIVE』第21回上海国際映画祭フォトギャラリー 毎年6月に開催される上海国際映画祭は、1993年にスタートした中国で唯一の国際映画製作者連盟公認の映画祭。カンヌ、ベルリン、東京などと並んで“世界12大国際映画祭”の1つに数えられる、アジアで最も大きな映画祭の一つである。 映画祭初日の16日に行われたレッドカーペットアライバルにあわせて、新田と羽住監督が現地入り。虹橋(ホンチャオ)空港には待ち受けていた現地ファン200人が殺到し、到着出口に二人が現れると大歓声が空港に響き渡った。ファンの中には、手作りうちわや、新田の大好物でもあるタピオカミルクティを持参する人も。二人は現地ファンの熱狂ぶりに驚きつつも、車に乗り込むギリギリまでファンとの交流を楽しんだ。 その後、二人はレッドカーペットアライバルが行われる「上海オペラハウス」へ。本映画祭で海外映画祭デビューとなる新田は、きらびやかな衣装に身を包み、堂々と深紅のカーペットをかっ歩。レッドカーペット上では「国問わずより多くの方々に楽しんでもらえたら嬉しい」と語ると、...more
カテゴリー:

「OVER DRIVE」が上海国際映画祭でお披露目!新田真剣佑「今度は上海で運転したい」 - 06月18日(月)15:00 

 自動車競技「ラリー」を題材に描いた映画「OVER DRIVE」が、第21回上海国際映画祭(6月16~25日)でインターナショナルプレミア上映された。同映画祭に参加した新田真剣佑と羽住英一郎監督は「上海には『OVER DRIVE』を知っている方がとても多く、嬉しかったです! 滞在中、本場の中華料理を食べましたが、本当に美味しかったです。ただ、本格的な中華料理のコースでは、最初に単品の白米は頼んではいけないと学びました。次々とおかずが運ばれて来て、最後にはチャーハン…昨夜は失敗してしまいましたね(笑)」(新田)、「上海国際映画祭、アジア最大と言われるだけありとても華やかでした」(羽住監督)と振り返っている。 ・【フォトギャラリー】「OVER DRIVE」上海国際映画祭での様子  世界108カ国から計3447作品がエントリーした第21回上海国際映画祭。新田と羽住監督は、6月16日のレッドカーペットアライバルに合わせて現地入り。虹橋(ホンチャオ)空港には200人以上が殺到し、2人が到着出口に現れるやいなや「まっけーんっ!!」と大歓声が響き渡った。手作りうちわを振り、新田の大好物であるタピオカミルクティを持参していた熱狂的なファンたちとの交流を楽しんだ新田と羽住監督は、その後レッドカーペットアライバルの会場となる「上海オペラハウス」へ向かった。  報道陣300人以上が集まったレッドカ...more
カテゴリー:

新田真剣佑「次は上海で運転してみたい!」海外ファンの熱烈歓迎に興奮 - 06月18日(月)12:57 

6月1日より全国公開された映画「OVER DRIVE」が、世界12大映画祭の一つとして知られる「第21回上海国際映画祭(SIFF)」に招待され、6月16日にレッドカーペットアライバル、翌17日に公式上映&舞台あいさつを行った。 【写真を見る】上海タワーをバックにビシッと正装で決めた新田真剣佑/(C)2018「OVER DRIVE」製作委員会 公道を全開走行で駆け抜ける最も過酷な自動車競技「ラリー」を題材に、若者たちの熱い絆と愛を描いた本作。 「『海猿』を超える作品にしたい」と語る羽住英一郎監督が、主人公・檜山篤洋を東出昌大、その弟・檜山直純役に新田真剣佑を迎え、誰も経験したことのないエンターテインメントの新領域に挑んだ。 世界中のあらゆる道が戦いの舞台となり、F1にも勝るとも劣らない人気を博す「ラリー」を描いた映画とあって、日本以外にも世界中から熱い注目を集めている本作。 既にタイ・シンガポールなどアジア10カ国での公開が決定し、中国の映画関係者からも国内公開前から注目が集まっている。 ■ 新田がレッドカーペットへ そんな中、6月16日に行われる上海国際映画祭のレッドカーペットアライバルに合わせ、天才ドライバー・檜山を演じた新田、そして羽住監督が現地入り。 虹橋空港には待ち受けていた現地ファン200人以上が殺到し、2人が到着出口に現れるやいなや「まっけーんっ!!」と大歓声が空港に響...more
カテゴリー:

新田真剣佑の登場に上海ファン大熱狂! - 06月18日(月)11:37 

第21回上海国際映画祭に招待されている映画『OVER DRIVE』のレッドカーペットアライバルが6月16日に現地で行われ、主演の新田真剣佑とメガホンをとった羽住英一郎監督が登場。2人は翌6月17日に行われた公式上映&舞台挨拶にも登壇した。 本作は、公道を全開走行する自動車競技「ラリー」を題材に、若者たちの熱い絆と愛を描いた青春映画。主人公・檜山篤洋を東出昌大、真剣佑がその弟・檜山直純役を演じており、日本では6月1日より公開中。F1にも勝るとも劣らない人気を博す「ラリー」がモチーフの映画とあって、世界から熱い注目を集めている本作は、タイやシンガポールなど既にアジア10ヵ国での公開が決定している。 真剣佑と監督は、6月16日に行われたレッドカーペットアライバルにあわせ現地入り。虹橋(ホンチャオ)空港には、現地ファン200人以上が待ち受ける中、2人が到着出口に現れるやいなや「まっけーんっ!」と大歓声が響き渡った。現地ファンは、手作りうちわや真剣佑の大好物であるタピオカミルクティ持参で上海入りを歓迎し、2人は現地の熱狂ぶりに驚きつつも、車に乗り込む最後までファンとの交流を楽しんだ。 その後2人は、上海国際映画祭のオープニングを飾るレッドカーペットアライバルが行われる「上海オペラハウス」へと向かった。『パシフィック・リム』などのハリウッド大作にも出演し、世界からも注目を集める真剣佑にと...more
カテゴリー:

もっと見る

「映画館」の画像

もっと見る

「映画館」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる