「旧優生保護法」とは?

関連ニュース

旧優生保護法訴訟で初弁論 国は違憲性示さず - 11月12日(月)20:11 

かつての優生保護法の下、子どもを産む権利を奪われたとして、道央に住む夫婦が国に損害賠償を求めている裁判の初弁論が開かれました。国側は旧優生保護法が違憲かどうかの見解を示さず、請求棄却を求めました。2018年11月12日(月) 20時04分 更新
カテゴリー:

全日本ろうあ連盟:旧優生保護法、聴覚障害者被害128人 - 11月12日(月)17:58 

 全日本ろうあ連盟は12日、旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術や人工妊娠中絶手術を施された可能性がある聴覚障害者は22道府県の男女128人とする10月末時点の調査結果を発表した。9月末時点の21道府県109人から、新たに山形県での被害が判明した。連盟は全容解明に向け調査を続ける。
カテゴリー:

強制不妊手術と中絶「深い傷」 国は違憲性示さず、北海道 - 11月12日(月)17:40 

旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術と中絶を強制されたのは憲法違反として、北海道の女性(75)と夫(81)...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

聴覚障害者128人、強制不妊や中絶 全国調査 - 11月12日(月)12:56 

 旧優生保護法(昭和23~平成8年)下で障害者らに不妊手術が繰り返された問題で、全日本ろうあ連盟(東京、会員約1万9千人)は12日、厚生労働省内で会見し、中絶を含め手術を施された聴覚障害者は22道府県の男女128人に上ることを明らかにした。複数回手術を受けた人もおり、手術件数は計149件だった。
カテゴリー:

超党派議連“国民全体でおわび” 旧優生保護法 - 11月08日(木)12:06 

超党派議連“国民全体でおわび” 旧優生保護法
カテゴリー:

強制不妊手術:被害者の会、年内設立へ 提訴の原告ら - 11月12日(月)20:09 

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制され、国に損害賠償を求めて全国で提訴した原告らが、被害者の会を年内に設立する。与党のワーキングチーム(WT)が10月末にまとめた救済案に当事者の声を反映させるのが狙いで、札幌市内であった12日の集会で弁護団が明らかにした。12月上旬までに設立する方
カテゴリー:

強制不妊 聴覚障害者128人が被害 - 11月12日(月)17:50 

旧優生保護法下で障害者らが不妊手術を強制されるなどした問題で、全日本ろうあ連盟(本部東京、会員約1万9000人)は12日、聴覚障害者128人が不妊手術や人工中絶...
カテゴリー:

不妊手術、聴覚障害者128人に 連盟の全国調査 - 11月12日(月)16:37 

全日本ろうあ連盟(東京)は12日、旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術や人工妊娠中絶手術を施された可能性が...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

琉球新報「外国からの労働力に頼る前に障がい者雇用を促進しろ!」 - 11月10日(土)07:29  news

資質どころか人間性を疑う。青森市議に初当選した男性がツイッターで「片腕落として障害者雇用」などと投稿していた ▼「障害者差別解消法」の趣旨にも反する。社会の不平等を是正し誰もが暮らしやすい世の中をつくるのが議員であるはずだ。真逆の考えでは務まらない ▼かつて日本では、旧優生保護法に基づき、障がい者に不妊手術を強制していた。 社会的弱者を多数派のために切り捨てる思想は野蛮の極みだ。現代社会では、障がいの有無にかかわらず人と人が支え合うことが強く求められる ▼与那原町で開催された雇用・就労支援フ...
»続きを読む
カテゴリー:

強制不妊手術:おわび主体は「我々」超党派議連が法案骨子 - 11月07日(水)21:01 

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を受けた障害者らへの議員立法による救済策を検討している超党派の議員連盟は7日、法案の骨子を発表した。対象者や一時金支給の仕組みは10月に与党ワーキングチーム(WT)がまとめた基本方針と同じで、与党WT案ではあいまいだった被害者へのおわびの主体は、政府や国
カテゴリー:

もっと見る

「旧優生保護法」の画像

もっと見る

「旧優生保護法」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる