「日経平均株価」とは?

関連ニュース

東証、3営業日ぶり反発2万2614円 中国の景気刺激策に期待 - 10月22日(月)16:00 

 週明け22日の東京株式市場は、中国政府による景気刺激策への期待が拡大し、中国経済の先行き懸念が和らいだことで、日経平均株価(225種)は3営業日ぶりに反発した。
カテゴリー:

株式:東証=終値 2万2614円82銭 - 10月22日(月)15:06 

 22日の東京株式市場の日経平均株価は、前週末(19日)の終値と比べ82円74銭高の2万2614円82銭で取引を終えた。
カテゴリー:

前場の日経平均は続落、中国株高支えに安値からは持ち直し - 10月22日(月)12:03 

前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比69円54銭安の2万2462円54銭となり、3日続落となった。外部要因が投資家心理を圧迫し一時250円超の下落となったが、上海株の堅調推移が安心感を誘い下げ幅を縮小した。
カテゴリー:

東証続落、一時250円安 国際情勢の緊迫化警戒 - 10月22日(月)10:53 

 週明け22日午前の東京株式市場は、米ロの中距離核戦力(INF)廃棄条約をめぐり、米国が離脱方針を表明したことで、国際情勢の緊迫化を警戒した売りが強まり、日経平均株価は続落した。下げ幅は一時250円を超えた。
カテゴリー:

寄り付きの日経平均は続落、米ハイテク株安を懸念 - 10月22日(月)09:30 

寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比157円87銭安の2万2374円21銭となり、続落で始まった。前週末の米国株市場でハイテク株が下落した流れを引き継ぎ、ソニー、TDKなどに売りが先行している。週明けの上海株の動向に警戒感が強いほか、トランプ米大統領の発言による地政学リスクの高まりなども重しとなっている。日経平均は寄り後に下げ幅が200円を超えた。
カテゴリー:

日経平均、3営業日ぶり値上がり 上海市場の大幅高受け - 10月22日(月)15:29 

 22日の東京株式市場は日経平均株価が3営業日ぶりに値上がりした。日経平均の終値は前週末より82円74銭(0・37%)高い2万2614円82銭。東証1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は2…
カテゴリー:

東証反発、上海株上昇で 国際情勢には不安も - 10月22日(月)13:33 

 週明け22日の東京株式市場は、米ロの対立懸念や記者死亡事件によるサウジアラビア批判の高まりなど、国際情勢の不安定化を警戒して売りが先行したが、午後に入って上海株の上昇を好感した買いが強まり、日経平均株価(225種)は反発した。朝方は一時250円超の下げ幅となったが、その後は反転し、上げ幅は100円を超えた。
カテゴリー:

東証続落、一時250円安 国際情勢の不安定化警戒 - 10月22日(月)12:01 

 週明け22日午前の東京株式市場は、米ロの対立懸念や記者死亡事件で批判を受けるサウジアラビアなど、国際情勢の不安定化を警戒した売りが強まり、日経平均株価(225種)は続落した。下げ幅は一時250円を超えたが、その後は縮小した。中国の景気回復期待から、上海株の上昇を好感した買い戻しが入った。
カテゴリー:

東証続落 外部環境の不安くすぶるなか様子見ムード強く - 10月22日(月)10:27 

 週明け22日午前の東京株式市場は、中国経済やサウジ情勢、米国の中距離核戦力(INF)全廃条約の破棄表明など外部環境の不安がくすぶるなか、様子見ムードが強く、日経平均株価は3営業日続落して取引が始まった。
カテゴリー:

株式:東証=始値 2万2374円21銭 - 10月22日(月)09:28 

 22日の東京株式市場の日経平均株価は、前週末(19日)の終値と比べ157円87銭安の2万2374円21銭で取引を始めた。
カテゴリー:

もっと見る

「日経平均株価」の画像

もっと見る

「日経平均株価」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる