「日米首脳会談」とは?

関連ニュース

浅利慶太さん、日米首脳会談も演出 中曽根元総理が悼む - 07月18日(水)18:13 

 「劇団四季」の創設者の一人で、演出家の浅利慶太さんが亡くなった。浅利さんは中曽根康弘・元首相のブレーンでもあり、1983年のレーガン米大統領来日の際には、会談を演出した。中曽根元首相(100)は「浅…
カテゴリー:

【日米】ポンペオ米国務長官、7月7、8日に来日で調整 - 06月29日(金)20:34  newsplus

https://www.sankei.com/smp/politics/news/180629/plt1806290021-s1.html ポンペオ米国務長官、7月7、8日に来日で調整 2018.6.29 18:00  ポンペオ米国務長官が7月上旬に来日し、安倍晋三首相、河野太郎外相と会談することで調整していることが29日、わかった。ポンペオ氏は近く北朝鮮を訪問する予定で、同氏の来日はその直後の7日か8日を軸に調整している。  首相らはポンペオ氏から米朝協議に関し報告を受けるほか、北朝鮮の完全非核化に向けた具体的な手法を協議する。日本人拉致問題で日米が緊密に連携していく方針...
»続きを読む
カテゴリー:

カジノ法案は安倍首相からトランプ大統領への貢ぎ物でしかない - 07月10日(火)08:53 

 国会で審議中のカジノ法案。日本経済に大きなプラスとなるという試算もあるが、安倍首相が“親分”であるトランプ大統領に捧げる“お友達案件”だった!? ◆トランプ大統領と、“カジノ王”アデルソン会長は一体 「カジノ法案は、安倍首相からトランプ大統領への“貢ぎ物”でしかない。最大の献金者であるカジノ王こと、『ラスベガス・サンズ』のアデルソン会長の意向に沿ったものといえます」  こう話すのは、『中日新聞』の元ニューヨーク支局長で、20年以上米国取材を続けるジャーナリストの北丸雄二氏。 「『外国人観光客を増やす。成長戦略の柱』と安倍首相は言っていますが、カジノがなくても外国人観光客はすでに急増しています。カジノ産業が日本になぜ今、必要なのかと言うと、システムも機械も持っている米国カジノ資本を儲けさせるためとしか考えられないのです」 「トランプ大統領最大の献金者であるアデルソン会長は、米国とイスラエルの二重国籍を持つユダヤ系米国人。トランプ政権の内幕を暴露したノンフィクション『炎と怒り』にも、『極右の親イスラエル派』として登場しました。トランプ大統領が強行したエルサレムへの大使館移転を後押し、中東政策に大きな影響を与えたことが紹介されています。  今年6月に米朝会談が開かれたシンガポールでは、サンズが運営する『マリーナベイ・サンズ』を金正恩氏が見学したことから、『サンズの北朝鮮への...more
カテゴリー:

【拉致の安倍とは?】外務省が北朝鮮専門の「北東アジア第2課」をこれから新設、存在していなかったことに驚きが広がる - 06月27日(水)15:37  newsplus

北朝鮮が「脅威」「国難」とされた時期に新設されず、今になってというのはどんな理由なのでしょうか?詳細は以下から。 ◆外務省が北朝鮮専門の課をこれから新設へ 外務省のアジア大洋州局が北朝鮮対応を専門に扱う「北東アジア第2課」を今年の7月1日付で新設する方針を固めました。 朝鮮半島全体を担当する現行の北東アジア課を分離するとのことで、第1課が韓国を担当し、第2課が北朝鮮の核・ミサイル開発や日本人拉致問題に対応する事になります。 度重なる北朝鮮の核・ミサイル実験などで北東アジア課の負担が増加して月の残業...
»続きを読む
カテゴリー:

「日米首脳会談」の画像

もっと見る

「日米首脳会談」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる