「日本男子」とは?

関連ニュース

山里亮太編集長×Bリーグ 「今試合を観に行くと、歴史の証人になれる」 - 11月21日(水)18:11 

こんにちは。「ネットニュースの明日」編集部です。 今回のテーマは、2015年4月に発足した日本男子プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE(Bリーグ)」でした。 まずは山里亮太編集長の感想から。取材してみてどうでしたか? 「千葉ジェッツ対新潟アルビレックスBB戦」は相当楽しんでいましたね。 「何より試合を観て高揚感を感じました。とにかく面白かったです」 富樫選手や島田社長にもお話を聞きました。 「メディアの選択肢が増えた今、そこに柔軟に合わせて、新しい巨大なブームを作るのはBリーグなんじゃないか? と感じました。この時代をバスケが待っていたかのようなどんぴしゃなタイミング。お話を聞くうち、これからの日本でのスポーツ観戦に、新しい歴史が刻まれ始めていると感じました。今試合を観に行くことは、歴史の証人になれることかなと思います」 演出はNBAからジャパンオリジナルへ 最後は、Bリーグの歴史やこれからの課題、将来について、雑誌「月刊バスケットボール」編集長の飯田康二さんに、編集部がお話を聞きにいきました。 ――今回の取材を通して、山里編集長も私たち編集部員も、バスケットボールの見方が変わりました。「bjリーグ」と「NBL」という2リーグ体制からひとつになったBリーグ。何が1番変わったのでしょうか。
カテゴリー:

バレーボール男子日本代表、中垣内監督「続投」のウラ - 11月21日(水)15:30 

なんとも釈然としない。日本バレーボール協会は20日、都内で臨時理事会を開き、日本代表男子の中垣内祐一監督(51)の続投を決めた。9月の世界選手権では1次リーグで…
カテゴリー:

中垣内監督は続投 不振のバレーボール男子 - 11月20日(火)19:43 

 日本バレーボール協会は20日、東京都内で臨時理事会を開き、日本代表男子の中垣内祐一監督(51)の続投を決めた。9月の世界選手権では1次リーグで敗退し、進退が議論されていた。
カテゴリー:

【フィギュア】羽生 診断は3週間安静だった「弱いというか、もろいというか、それも羽生結弦」 ★3 - 11月19日(月)04:53  mnewsplus

◇フィギュアスケートGPシリーズ第5戦・ロシア杯最終日(2018年11月17日 モスクワ) 羽生結弦(ANA)がアクシデントを乗り越えて、日本男子最多となるGP通算10勝目を挙げた。 男子フリーで167・89点をマークし、合計278・42点で優勝。この日午前の公式練習で4回転ループで転倒して右足首を痛めたが、最後まで演じきってファイナル(12月6~8日、バンクーバー)進出も決めた。 ―苦しみながらやりきった。 「構成落としているんで、体力自体はもっていたけど、最後ふわふわしちゃいました」 ―コ...
»続きを読む
カテゴリー:

羽生結弦さん、3週間絶対安静の怪我を抱えながら断トツ優勝「弱さや脆さも含めて僕かなと」 - 11月18日(日)11:13  poverty

フィギュアスケートGPシリーズ第5戦・ロシア杯最終日(2018年11月17日 モスクワ) 羽生結弦(ANA)がアクシデントを乗り越えて、日本男子最多となるGP通算10勝目を挙げた。 男子フリーで167・89点をマークし、合計278・42点で優勝。この日午前の公式練習で4回転ループで転倒して右足首を痛めたが、最後まで演じきってファイナル(12月6~8日、バンクーバー)進出も決めた。 ―苦しみながらやりきった。 「構成落としているんで、体力自体はもっていたけど、最後ふわふわしちゃいました」 ―コ...
»続きを読む
カテゴリー:

高藤、本格的な稽古再開は3週間前 左膝の「痛みはない」 柔道 - 11月21日(水)17:14 

 柔道のグランドスラム(GS)大阪(23日開幕、丸善インテックアリーナ大阪)に出場する日本代表男子は21日、会場内の柔道場で練習を公開した。2016年リオデジャネイロ五輪60キロ級銅メダルの高藤直寿(25)=パーク24=は「日本で行われる唯一の国際大会。世界王者の実力を日本の人に見せられるように」と覚悟を示した。
カテゴリー:

バレー中垣内監督が続投 協会長判断で「東京五輪まで」 - 11月20日(火)21:26 

 日本バレーボール協会は20日、臨時理事会を開き、全日本男子の中垣内祐一監督と全日本女子の中田久美監督の続投を決めた。嶋岡健治・日本協会会長は「今後の成績を問わず、2020年東京五輪まで任せる」と明言…
カテゴリー:

超攻撃的構成の羽生、GP連覇の秘密はパワーボール - 11月20日(火)09:00 

フィギュアスケート男子でオリンピック(五輪)連覇の羽生結弦(23=ANA)が、日本男子最多のグランプリ(GP)シリーズ10勝目を挙げた。GP初戦のフィンランド大会はショートプログラム(SP)フリー、合計で世界最高点でV。フリー前に右足首…
カテゴリー:

羽生、右足首負傷もV!日本男子単独最多のGP10勝目 フィギュア - 11月18日(日)14:48 

フィギュアスケート・ロシア杯第2日(17日、モスクワ)グランプリ(GP)シリーズ第5戦。男子ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(23)=ANA=が、朝の公…
カテゴリー:

【フィギュア】羽生 診断は3週間安静だった「弱いというか、もろいというか、それも羽生結弦」 ★2 - 11月18日(日)11:09  mnewsplus

◇フィギュアスケートGPシリーズ第5戦・ロシア杯最終日(2018年11月17日 モスクワ) 羽生結弦(ANA)がアクシデントを乗り越えて、日本男子最多となるGP通算10勝目を挙げた。 男子フリーで167・89点をマークし、合計278・42点で優勝。この日午前の公式練習で4回転ループで転倒して右足首を痛めたが、最後まで演じきってファイナル(12月6~8日、バンクーバー)進出も決めた。 ―苦しみながらやりきった。 「構成落としているんで、体力自体はもっていたけど、最後ふわふわしちゃいました」 ―コ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「日本男子」の画像

もっと見る

「日本男子」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる