「日本文化」とは?

関連ニュース

ウェス・アンダーソン流の日本がここに!『犬ヶ島』の裏側を大公開 - 05月26日(土)18:00 

『グランド・ブダペスト・ホテル』(13)など独特の世界観を持つ作品で人気を集めるウェス・アンダーソン監督が、全編日本を舞台に日本文化への愛情を、日米の豪華キャストで描き出したストップモーション・アニメーション『犬ヶ島』(公開中)。このたび本作からアンダーソン監督の美術へのこだわりが垣間見える特別映像が到着した。 【写真を見る】随所に炸裂するウェス・アンダーソン流の“日本愛”!/[c]2018 Twentieth Century Fox Film Corporation 物語は20年後の近未来の日本。“ドッグ病”にかかってしまったメガ崎市の犬たちが、横暴な小林市長によってゴミ処理の島“犬ヶ島”に追放されてしまうことから始まる。小林市長の養子である12歳の少年・アタリは、追放されてしまった愛犬・スポッツを救うため、ひとりで“犬ヶ島”に乗り込んでいくのだ。 アンダーソン監督作品の美術といえば、作品によってテーマの決まったカラータッチが施さているのが大きな特徴。『ファンタスティック Mr.FOX』(09)以来となるストップモーション・アニメで生み出された本作では、アンダーソン監督の目を通した日本特有のビビットカラーと、対照的に荒涼としながらもワクワクしてしまうような幻想的で繊細な美術がそれぞれ登場。 到着した映像の中では、人間や猫たちが活気溢れる姿で生活しているメガ崎市がカラフルなネオンで...more
カテゴリー:

論語で生きる力を身につける - 05月25日(金)12:00 

論語は、中国において孔子とその弟子たちが孔子の教えを言葉にしたものです。その言葉は倫理、道徳的なものであり、日本文化、日本人との親和性も高いと言えるでしょう。 論語を1日1つ学ぶ そのような論語の365話を一冊の本にまとめたものが、ハイブロー武蔵著、叢小榕監修による『生きる力が身につく論語 』(総合法令出版)です。本書では1日1話ずつの論語が、1年分365話まとめられています。季節などは関係ありませんので、どこから開いてもいい構成になっています。それだけ論語があらゆる場面に応用可能な普遍的な価値を持ったものでもあると言えるでしょう。 シンプルな言葉 論語の言葉は非常にシンプルです。「人と無用な争いをしてはいないだろうか」「どんな人からも学ぶ姿勢を持っているだろうか」「できないことを他人や環境などの境遇のせいにしてはいないだろうか」改めてそう問いかけられると、はっと気づくことも多いでしょう。本書はフレーズとともに、論語そのものの書き下し文と解説が加えられています。簡単なフレーズでありながら、その裏には深い意味があると知ることができるでしょう。納得できる生き方ができていない、そのような漠然とした悩みを持っている人は論語の言葉に立ち返ることによって、何か新しい知見が見えてくることもあるかもしれません。 生きる力が身につく論語 poste...more
カテゴリー:

日本文化をバカにする盗用行為を犯したとして、ユーロビジョン優勝歌手に批判殺到 - 05月24日(木)18:40  news

今年で63回目の開催となる欧州の国別対抗歌謡選手権『ユーロビジョン』で、イスラエル代表の歌手ネッタ・バルジライさんが優勝。しかし彼女のパフォーマンスには随所に日本文化の影響があるとして、文化盗用でないかという批判が殺到しているようだ。 英紙インデペンデントが報じている。 記事によると ・今年はイスラエル代表のネッタさんが圧巻のパフォーマンスを見せたが、彼女は日本文化を自分の利益のために剽窃(文化盗用)していると批判が相次いでいる ・ネッタさんの衣装は日本の着物をモチーフにしており、髪の毛は...
»続きを読む
カテゴリー:

冨永愛、着物姿で日本遺産を生朗読「日本文化のスピリットに驚いています」 - 05月24日(木)12:31 

 モデルの冨永愛が24日、都内で行われた「日本遺産」を認定する『平成30年度日本遺産認定証交付式』に出席。同遺産に認定されたストーリーの生朗読に挑戦した。 【全身ショット】桃色の着物姿を披露した冨永愛  着物姿で登場した冨永は「日本遺産というのは日本の歴史にスポットを当てて、国内外に発信していくプロジェクトなのですが、私も世界の舞台で活動してきた中で、やはり日本の文化とスピリットを知るたびに、いつも驚かされていましたし、すごく深く興味があるものでございます」と力説。「きょう着ている着物というのは、丹後ちりめんでできたものを着させていただいています。私の立場で日本遺産というものを国内外に発信していけたらなと思っています」と言葉に力を込め、それぞれのストーリーを読み上げた。  「日本遺産」は、文化庁が地域の歴史的魅力や特色を通じて日本の文化・伝統を語るストーリーを認定。文化財をただ「保護」するのではなく、「発信」していくことで、地域の知られざる魅了を多くの人々が認知して、観光・産業の活性化につながることが目的。2020年までに100ヶ所を「日本遺産」に認定することを目標としている。  日本遺産大使は、女優の武井咲、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ、ギタリストのマーティ・フリードマン、歌舞伎俳優の五代目中村時蔵、元プロ野球選手の松井秀喜氏、料理人の村田吉弘氏と三國清三氏が担当。この日の...more
カテゴリー:

小学生だけの舞台「ヒカリの王国」出演者126名を募集、7/16締切 - 05月23日(水)16:15 

 東京都が後援する「TOKYOこども演劇フェスティバル」は、小学生だけの舞台「ヒカリの王国」に出演する小学生を全国から募集する。応募期間は、2018年5月23日から7月16日まで。舞台は9月9日に新宿文化センター小ホールで上演される。 TOKYOこども演劇フェスティバルは、子どもたちが「自分を表現することの楽しさ」や「人と関わることの楽しさ」を、演劇というコミュニケーションを通して体験することが目的。2018年度は4回目の開催となる。多様性や国際性に配慮した文化活動・事業を政府が認証し、日本文化の魅力を発信する「beyond2020プログラム」にも認証されている。 「ヒカリの王国」は、全42役の個性豊かな子どもたちが登場する物語。子どもたちの成長を通して「本物の平和とは」「本物の愛とは」という人間の本質的なテーマに迫る。子どもたちのコミュニケーション力を育成する「こども演劇プロジェクトN.G.A.」代表で、劇作家協会員の久米伸明氏が、小学生だけで演じることを想定して書き下ろしたオリジナル舞台作品だ。 「ヒカリの王国」では、舞台に出演する小学生を全国から126名募集する。対象は、2018年8月上旬から実施の東京都内での練習と、2018年9月9日の公演本番に参加可能な小学生。演技経験不問で、未経験者でも応募できる。なお、有料の舞台公演にプロとして出演経験者、現在芸能プロダクションや養成...more
カテゴリー:

沖縄の色を伝える 切り紙作家の新川さん独映画祭で紹介 - 05月26日(土)15:52 

 切り紙作家の新川美千代さん=浦添市=は、ドイツのフランクフルトで29日から開かれる第18回日本映画祭の日本文化を紹介するコーナーに参加する。6月3日までの期間中、切り紙のワークショップや実演を行う。  映画祭の関係者に3年ほど前から切り紙で参加したいと伝えていたことから、今回声が掛かった。  2...
カテゴリー:

「海」といえば原宿! は今週まで - 05月24日(木)19:00 

5月ももうすぐ終わり。はやくも夏めいてきてます。海行きてー! って思ってなくても、今週末は原宿に行ってみて。というのも、GALLERY TARGETで、フランス出身のイラストレーター、ジャン・ジュリアンさんが、日本初の個展を開催中。過去に、スマホ中毒やSNS依存といったモチーフの風刺イラストが話題になりましたが、今回のテーマは海。とってもリラックスした雰囲気でグッドです。ジャンにそう伝えたら、うんうん、今回はそうなんだよ、と頷いてました。期間は今週の土曜日までなのでお早めに。© 2018 小川真吾© 2018 小川真吾© 2018 小川真吾「世界中のどこにいても海は同じに感じる、自分の故郷を思い出させる旅の友みたいに。この展示は変わりゆくようで、変わらない海の対比性を表現している」──GALLERY TARGET「同じ海」by Jean Jullienよりもともと海は大好きなんだけど、作品を見てみょ〜にしっくりきた印象が。描かれている人々や風景の、のんびりした感じが居心地良いと言いますか。展覧会の名前は同じ海。ジャンは海を見て故郷を思い出すそうです。この絵には、彼が生まれ育ったフランス、今住んでいるイギリス、幼少期から影響を受けていた日本の共通点が描かれています。そこには彼が過去に体験した思い出も。作品を見ながら、去年までを思い出したり、今年はどうなるかな〜ってぼんやり考えた...more
カテゴリー:

冨永愛:日本遺産をアピール 日本文化やスピリットに「知るたびに驚かさ… - 05月24日(木)13:47 

 モデルの冨永愛さんが24日、東京都内で開かれた2018年度の日本遺産認定証交付式に登場した。冨永さんは「日本遺産というのは、日本の歴史に眠る物語にスポットを当て、国内外に発信していくプロジェクトで…
カテゴリー:

オリンピック婚はニューオータニで 人気会場の「鳳凰の間」リニューアル - 05月24日(木)07:10 

 “オリンピック婚”をするなら、ホテルニューオータニ(東京)はいかが?【写真】関連情報を含む記事はこちら  同ホテルは、開業55周年イヤーの幕開けを記念して、9月に1万坪の広大な日本庭園のパノラマが目の前に広がるバンケットルーム「鳳凰の間」をリニューアルオープンする。 ホテルウエディング流行のきっかけとなったのは、1964年の東京オリンピックだといわれている。再び東京でオリンピックが開かれる2018年も、ホテルでの「オリンピック婚」の増加が期待されているため、400年の歴史を誇る名園を見渡せる人気のウエディング会場をリニューアルするという。 生まれ変わる「鳳凰の間」の絨毯には、会場周辺の導線から「着物の帯」をイメージしたデザインを採用。墨絵を連想させる抽象画のような繊細なデザインを絨毯に織り込むことで、日本文化を象徴する空間「日本庭園」と西洋を象徴する「ロココ調」の、和洋の気品を大胆に融合させた。きっと、ウエディングドレス、和装を問わず花嫁を華やかに引き立ててくれるだろう。 なお、2019年9月に迎えるホテル開業55周年を記念したリニューアル特典として、「鳳凰の間」でのウエディングを成約した先着10組に、「鳳凰の間」での使用をイメージして考案されたオーナメントウエディングケーキ「プレミアムガーデン」(50,000円相当・1日1組限定)がプレゼントされる。
カテゴリー:

スタバの新プロジェクト 記念すべき第1弾は『加賀棒ほうじ茶』フラペチーノ - 05月23日(水)12:44 

抹茶や桜をはじめ、日本文化と絡めたドリンクを生み出してきたスターバックス。 2018年5月末、日本にフィーチャーした新たなドリンクが登場します。 新プロジェクトの第1弾に選ばれたのは… スターバックスは「日本の食文化の周...
カテゴリー:

もっと見る

「日本文化」の画像

もっと見る

「日本文化」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる