「日本家屋」とは?

関連ニュース

千葉・長南町にある、築160年の「リノベ古民家」がこんなにも居心地がいい理由 - 07月21日(土)09:59 

立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に蘇った古民家、その名前は「芳泉茶寮」(ほうせんさりょう)だ。古民家だけど「おばあちゃんちみたい」ではない元の建造物に敬意を払いつつ現代技術でリノベーションし、時の流れをきれいに残した空間にアンティークな家具がマッチしている。「芳泉茶寮」はカジュアルに、しかし素人目で見ても品質の高さを感じる食器やカトラリーで、本格的なティータイムやランチタイムを提供している(営業予定は不定期のため要確認のこと)。さまざまな分野のプロフェッショナルを呼んだイベントを主宰するなど、長南町の新しいスポットとして注目されている。ひとことで古民家と言っても、ここは築160年。慶応元年に建てられた記録が残っており、代々この町で神官を務めたご家族が暮らし、町の人たちも頻繁に訪れることが多かった場所。いわば、長いあいだ長南町をさまざまな角度から見守ってきた存在といえる。近年は空き家状態だったが、約6年前に新たな主人(あるじ)を得たことでまた美しく蘇った。主人になることを決意した高橋信博(たかはし のぶひろ)さん、裕子(ひろこ)さんご夫妻に案内していただいた。都会で生まれ育った夫婦が即決した「終の棲家」かねてより「早めにリタイアして田舎でのんびり暮らしたい」と話して...more
カテゴリー:

「ダンデライオン・チョコレート」が関西初上陸!お酒とのペアリングが楽しめるカカオバーも登場 - 07月09日(月)16:00 

「ダンデライオン・チョコレート 京都東山一念坂店」は、サンフランシスコ発のチョコレート専門店の関西1号店。豆の選別、焙煎、成形、包装までの全工程を自社で行う「ビーン・トゥ・バー」にこだわり、豆は1つの産地だけを使う「シングルオリジン」、甘味はきび糖のみというシンプルな素材で作るので、チョコごとに風味や味が異なりびっくり!京都東山一念坂店ではCACAO BARという初の形態も!<※情報は関西ウォーカー(2018年7月3日発売号)より> 【写真を見る】「マイコホットチョコレート」(手前・594円)、「ニブブッセ」(奥・486円)/ダンデライオン・チョコレート 京都東山一念坂店 ■ カカオ豆本来の個性が生かされた絶品チョコ! 「フローズンホットチョコレート」は親しみやすい味のチョコレートに、カカオニブで香り付けしたホイップをトッピングしたドリンク。「スモア」のグラハムクラッカーのザクザク食感と炙ったマシュマロの甘味にフルーティなチョコが絶妙。そして、京都東山一念坂店で一番人気は「ワンプゥ,ホンジュラス 70%」。キャラメリゼしたアーモンドやバニラのような風味が贅沢な一品。 チョコとハチミツの甘さに濃厚な生姜が香る「マイコホットチョコレート」とカカオニブをクリームや生地に入れたふわふわの「ニブブッセ」は京都ならでは! 「ブラウニーバイトフライト」はシングルオリジンチョコを使った3種のブラウ...more
カテゴリー:

「日本家屋」の画像

もっと見る

「日本家屋」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる