「日本側」とは?

関連ニュース

台湾の慰安婦像設置「極めて残念」 日本側が見解伝える - 08月17日(金)19:23 

 台湾南部の台南市に旧日本軍の慰安婦の銅像が設置されたことに関して、日本側の窓口機関である日本台湾交流協会台北事務所(大使館に相当)は17日、除幕式に出席した馬英九(マーインチウ)前総統と、設置を後押…
カテゴリー:

【北方領土共同経済活動】日本調査団55人の択捉島入りをロシア政府が拒否。国後島関係者「ロシア軍の軍事演習が準備されている為」 - 08月17日(金)12:45  newsplus

https://www.yomiuri.co.jp/politics/20180817-OYT1T50035.html 北方領土での日露両国による共同経済活動の実施に向けた日本側の現地調査について、 ロシア政府が択捉島入りを拒否していることがわかった。日本の現地調査団は16日に 北海道・根室港を出発する予定だったが、悪天候のため17日以降に延期された。 調査団には政府関係者や民間事業者、専門家ら55人が参加。日本側は当初、16~20日に 択捉、国後、色丹3島で調査をする計画だった。これに対し、ロシア極東サハリン州政府は、 今回の調査団は択捉島は訪問せ...
»続きを読む
カテゴリー:

【外交】安倍首相の訪中、10月23日軸に調整 記念行事に両国首脳が出席して関係改善を内外にアピールする可能性 - 08月17日(金)08:27  newsplus

 安倍晋三首相の中国訪問について、日中両政府が、平和友好条約の発効から40年の節目にあたる10月23日を軸に調整を進めていることが分かった。複数の日中関係筋が明らかにした。中国側はこの日を中心に記念行事を開く方向で検討を進めており、両国首脳が出席して関係改善を内外にアピールする可能性もある。  関係筋によると、日本側は安倍首相と習近平(シーチンピン)国家主席の首脳会談を要請。中国側も前向きな姿勢だが、最終的には9月の自民党総裁選の結果を見てから正式に決めるとみられる。  日本側は安倍首相の地...
»続きを読む
カテゴリー:

日韓交流作業部会:「19~20年を日韓交流年に」を提言 - 08月16日(木)20:35 

 韓国外務省の「韓日文化・人的交流活性化のための作業部会」は16日、2019~20年を日韓交流年とすることなどを盛り込んだ提言を康京和(カン・ギョンファ)外相に提出した。康氏は「効果が大きく実現可能な事業から日本側と共同事業の推進について検討したい」と述べた。
カテゴリー:

韓日漁業交渉が妥結に至らず 入漁隻数などで隔たり大きく - 08月16日(木)11:43 

【世宗聯合ニュース】韓日が、双方の排他的経済水域(EEZ)での漁獲割当量などを決める漁業交渉で妥結できずにいる。韓国海洋水産部は16日、今年7月から来年6月までの2018年漁期に関する韓日漁業交渉の妥結を目指して4月から日本側と協議を重ねたが、両国間の溝が埋まらず、今月上旬までに開催予定だった交渉妥結に向けた韓日漁業共同委員会を開けなかったと伝えた。
カテゴリー:

中国、尖閣諸島から撤退へ - 08月17日(金)18:27  poverty

尖閣「衝突起こすな」…中国当局が漁民へ指示 2018年08月17日 07時29分  【広州=角谷志保美】 中国政府が沖縄県・尖閣諸島周辺の東シナ海などで独自に設けている禁漁期が16日に終わり、漁が解禁された。 一部の中国漁船は過去に度々、尖閣諸島周辺海域で操業しているが、中国側関係者によると、中国当局は今年、尖閣諸島周辺での操業を控えるよう漁民らに通知した。 安倍首相の年内訪中に向けた調整が行われるなど、改善基調にある日中関係に配慮したとみられる。  関係者によると、中国福建省の地元漁協などは漁民に対...
»続きを読む
カテゴリー:

【北方領土】日本「日露共同経済活動に向けた現地調査を択捉島で行う!」→ロシア「入らないで」 - 08月17日(金)11:01  poverty

北方領土での日露両国による共同経済活動の実施に向けた日本側の現地調査について、ロシア政府が択捉島入りを拒否していることがわかった。 日本の現地調査団は16日に北海道・根室港を出発する予定だったが、悪天候のため17日以降に延期された。  調査団には政府関係者や民間事業者、専門家ら55人が参加。日本側は当初、16~20日に択捉、国後、色丹3島で調査をする計画だった。 これに対し、ロシア極東サハリン州政府は、今回の調査団は択捉島は訪問せず、19日に北海道へ戻ると説明している。  日本政府関係者に...
»続きを読む
カテゴリー:

日本も核ミサイル配備を検討していた! 50年前、中国の核攻撃に備えるため - 08月17日(金)07:13  news

 日本政府が1960年代後半に核兵器である弾道弾迎撃ミサイル(ABM)の国内配備を検討し、米国政府と協議を重ねていたことがわかった。 ABMは米国が東西冷戦期にソ連や中国と対立する中で開発。当時すでに日本政府が唱えていた「非核」の方針に反する極秘協議で可能性を探った。  米政府が秘密指定を解除した日米安全保障高級事務レベル協議(SSC)の議事録などから判明した。SSCは今も続く日米の外務・防衛当局間の高官協議で、 佐藤栄作首相(当時)の了承を得て67年に発足。同年5月の初会合から68年1月の...
»続きを読む
カテゴリー:

中国「靖国参拝した日本の官僚がいないことを留意している」 - 08月16日(木)16:11  news

中国外務省の陸慷報道官は15日、談話を発表し、「現在のところ靖国神社を参拝した日本の 閣僚がいないことを留意している」と評価しました。  一方で、安倍総理が玉串料を奉納したことや、一部の国会議員が参拝したことについては 「間違ったやり方に断固として反対する」と批判しました。  その上で、「日本側は侵略の歴史を真摯に受け止めて反省し、実際の行動でアジアの 近隣諸国や国際社会から信用を得るよう求める」としています。 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3448419.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

【日中関係】中国、尖閣周辺の出漁回避を指示 日本は動向注視【領海】 - 08月15日(水)23:25  newsplus

総踊り(企画スレ)  【北京共同】沖縄県・尖閣諸島周辺で中国が設定した休漁期間が16日に明けるのを前に、東シナ海に面する中国福建省の漁業当局が漁民に対し、尖閣周辺海域に近づかないよう指示していることが15日分かった。 日中関係は改善が進むが、中国船が領海侵入を繰り返して緊迫した過去もあり、日本側は漁船の動向に目を光らせている。  福建省竜海市は7月30日の会議で「外交に関わり細心の注意が必要な海域から遠く離れて作業することを厳格に促す」と強調した。  2016年8月、沖縄県・尖閣諸島周辺の領...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「日本側」の画像

もっと見る

「日本側」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる