「日本企業」とは?

関連ニュース

【雇用】AI人材争奪、世界で70万人不足 日本勢は米中に後れ - 06月23日(土)22:55  bizplus

世界で人工知能(AI)の専門家の争奪戦が過熱している。車の自動運転や顧客データの解析、音声認識や顔認証システム――。経済のデジタル化が進むなか、ビジネスの多くの場面でAIに精通した技術者が求められる。世界では70万人のAI人材が不足しているとの調査もあり、21世紀の技術覇権を争う米中は人材獲得に火花を散らす。年功序列型の給与制度を残す日本企業は太刀打ちできるのか。  米ルイジアナ州ニューオーリンズ… https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32164560T20C18A6MM8000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

東証、午前終値は192円安 日中貿易摩擦懸念 - 06月22日(金)11:39 

 22日午前の東京株式市場で、トランプ米政権の保護主義的な通商政策が日本企業の業績に悪影響を及ぼすとの懸念から売り注文が先行し、日経平均株価は大幅に反落した。下げ幅は一時200円を超え、2万2500円を割り込む場面があった。
カテゴリー:

日本とネパール間、双方の就航可能地点や運航可能便数拡大で合意 - 06月22日(金)08:37 

国土交通省は、6月18日に東京で日本とネパールとの航空当局間協議を開催し、双方に就航可能地点や運航可能便数を大幅に拡大することで合意した。 日本企業は現行ではカトマンズのみの乗り入れ地点をネパール国内の全地点へ、ネパール企業は現行は大阪/関西のみの乗り入れ地点を東京/羽田を除く日本国内の全地点へそれぞれ拡大する。また、便数もこれまでは双方週2便までだったものの、週14便までとする。コードシェアの枠組みも新たに設定する。 日本とネパールの間は、1994年から2007年まで、ロイヤル・ネパール航空(当時)がカトマンズ〜上海/浦東〜大阪/関西線をボーイング757型機で週2便運航していた。2007年5月14日より運休している。ネパール航空は東京/成田〜カトマンズ線への就航を目指す。 日本側からは鍬本浩司航空局国際航空課長ら、ネパール側からはクリシュナ・デブコタ文化・観光・民間航空省次官らが出席した。
カテゴリー:

自律移動型警備ロボ実用化へ 明大発ベンチャーのSEQSENSEが国内初 - 06月22日(金)06:14 

 明治大学発ロボットベンチャーのSEQSENSE(シークセンス、東京都渋谷区)は、日本企業として初の自律移動型警備ロボットの実用化を目指す。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、街頭警備へのニーズが高まっており、今年度中にも実用化する考えだ。
カテゴリー:

日本の対中投資4年ぶりに回復、「一帯一路」に積極的な日本企業 - 06月21日(木)18:06 

中国日本商会が取りまとめた「中国経済と日本企業2018年白書」が20日、北京で発刊された。中国日本商会の平井康光会長と堂ノ上武夫副会長兼調査委員長は同日開かれた記者会見で白書の重要ポイントについて紹介した。 ...
カテゴリー:

東証午後、200円超下落で推移 - 06月22日(金)14:02 

 22日の東京株式市場は、トランプ米政権の保護主義的な通商政策が日本企業の業績に悪影響を及ぼすとの懸念から売り注文が先行し、日経平均株価は大幅に反落した。下げ幅は一時200円を超え、2万2500円を割り込む場面があった。
カテゴリー:

【外交】安倍首相のイラン訪問案浮上 7月、実現なら40年ぶり - 06月22日(金)11:35  newsplus

イランのロウハニ大統領(AP=共同) 安倍晋三首相が7月中旬の欧州・中東歴訪に合わせてイランを訪れ、ロウハニ大統領と会談する案が浮上していることが21日、分かった。政府関係者が明らかにした。実現すれば現職首相として1978年の福田赳夫氏以来、約40年ぶりとなる。  ロウハニ師との会談では、トランプ米大統領が離脱を表明したイラン核合意を引き続き支持する日本の立場を伝達する考えだ。イランは世界有数の石油や天然ガスの埋蔵国。日本企業進出を後押しし、経済面の連携を強化する狙いもある。  中東での訪問先はサウ...
»続きを読む
カテゴリー:

日本とネパール間、双方の就航可能地点や運航可能便数拡大で合意 - 06月22日(金)08:37 

国土交通省は、6月18日に東京で日本とネパールとの航空当局間協議を開催し、双方に就航可能地点や運航可能便数を大幅に拡大することで合意した。 日本企業は現行ではカトマンズのみの乗り入れ地点をネパール国内の全地点へ、ネパール企業は現行は大阪/関西のみの乗り入れ地点を東京/羽田を除く日本国内の全地点へそれぞれ拡大する。また、便数もこれまでは双方週2便までだったものの、週14便までとする。コードシェアの枠組みも新たに設定する。 日本とネパールの間は、1994年から2007年まで、ロイヤル・ネパール航空(当時)がカトマンズ〜上海/浦東〜大阪/関西線をボーイング757型機で週2便運航していた。2007年5月14日より運休している。ネパール航空は東京/成田〜カトマンズ線への就航を目指す。 日本側からは鍬本浩司航空局国際航空課長ら、ネパール側からはクリシュナ・デブコタ文化・観光・民間航空省次官らが出席した。 投稿 日本とネパール間、双方の就航可能地点や運航可能便数拡大で合意 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

韓国人「機内食の容器が旭日旗に見える」 JAL「容器を変える」 ネット「アホな対応」「ふざけんな」「朝日新聞にも抗議しろよ」 - 06月21日(木)21:14  seijinewsplus

https://snjpn.net/archives/56134 JAL、“旭日旗デザイン”「機内食の容器を変える」 ▼記事によると… ・日本航空(JAL)が機内食の容器のふたの旭日旗模様を使用しないことにしたと、徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大教授が21日明らかにした。 徐教授は先週、JAL側から「旭日旗デザインの機内食のふたは昔の製品であり、これからは表面にデザインがない新製品に変える」という内容のメールを受けたと明らかにした。 これに先立ち徐教授は、金浦(キンポ)-羽田を運航するJALの航空機で提供されるユダヤ教...
»続きを読む
カテゴリー:

プログラマ60歳定年説、FA宣言 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 - 06月21日(木)17:46 

プログラマ60歳定年説、FA宣言 - 未来のいつか/hyoshiokの日記タイトルは釣りです、すみません。無駄に長いのでお忙しい人は、どーぞ、飛ばしちゃってください。 自分は今年の9月で満60歳になる。60歳というと多くの日本企業の御多分にもれず定年である。定年後に何をするのかしないのか、ここで簡単に記してみる。 日本の伝統的な大手企業(経団連に属するような企業)では、定年な...
カテゴリー:

もっと見る

「日本企業」の画像

もっと見る

「日本企業」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる