「既存事業」とは?

関連ニュース

1口5万円・年利回り7.0%・20日12時まで、SBIソーシャルレンディングがSBISLメガソーラーブリッジローンファンド19号募集 - 12月14日(金)10:59 

SBIソーシャルレンディングが「SBISLメガソーラーブリッジローンファンド19号」を12月14日10時から12月20日昼12時まで募集している。 SBISLメガソーラーブリッジローンファンドは、太陽光発電事業者向けの貸付事業で運用され、SBIソーシャルレンディングが玄海インベストメントアドバイザーと協業して組成する「かけはし」シリーズのファンドだ。「かけはし」シリーズは2018年12月13日時点で貸倒れや延滞なく、91億円超の元本償還実績がある。今回の案件は1口5万円から投資可能で、募集額は12億円。予定年間利回りは7.0%、運用期間は2018年12月下旬から2019年9月末日までの約9か月となっている。 借手は最終返済日(貸付実行日から約9か月後の2019年9月末日)に元金一括払いで返済を行うことが予定されているため、出資金の償還は、原則として最終分配日の予定となっている。ただし、貸付先から期限前返済が発生し、運用期間が短縮される可能性がある。また、借手の貸倒れ等によって元本割れが生じ、最悪の場合、元本が0円になる可能性があり、実際の運用利回りを確約するものではない点、そのほか、出資金入金後の返金は不可である点、留意を要する。 ファンド概要 予定年間利回り 7.0% 借手資金使途 借手による子会社貸付けを通じた太陽光発電事業者のプロジェクト資金の一部(太陽光発電事業者...more
カテゴリー:

昭和電工が新中計、事業育成に注力 - 12月12日(水)05:00 

 昭和電工は11日、来年1月から3カ年の新中期経営計画を発表した。3カ年累計で、連結売上高を現行計画(見通し)比40%増の3兆4000億円、営業利益は同66%増の4800億円に拡大する。新中計では既存事業の強化に加え、新規事業の育成にも力を注ぐ方針。このため現行計画で1500億円の投資額を4000億円に増額し、うち1500億円をM&A(企業の合併・買収)枠として設定した。研究開発費用を3割増やし、グローバル研究開発拠点を横浜市に設けることも打ち出した。同日会見した森川宏平社長は新中計について「期待の持てる将来を示す」と強調した。
カテゴリー:

既存事業を壊す覚悟でデジタル拡大、DXCテクノロジーが新戦略を発表 - 12月07日(金)17:36 

 DXCテクノロジー・ジャパンは2018年12月7日、事業戦略説明会を開き、デジタル変革を実現するサービスやシステム構築を主軸に置く方針を明らかにした。
カテゴリー:

【企業】電機大手、遅まきながらデザイン強化 欧米との格差に危機感 - 12月07日(金)06:03  newsplus

https://jp.reuters.com/article/panasonic-idJPKBN1O42TE テクノロジー 2018年12月6日 / 00:13 / 20時間前更新 訂正:電機大手、遅まきながらデザイン強化 欧米との格差に危機感 [東京 6日 ロイター] - 米アップル(AAPL.O)や英ダイソン[DAYSN.UL]などデザイン先進企業といわれる海外勢をにらみ、国内電機大手が製品デザインの強化に向けて自社の人材や体制の整備に乗り出した。技術面で製品の差別化が難しくなる中、市場での勝敗を左右するのはデザイン、との認識は徐々に浸透しており、政府も産業界への啓発に動いている。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

モダナイズ型の事業創出に注目、コニカミノルタの「Workplace Hub」:第56回 | IT Leaders - 12月13日(木)07:00 

コニカミノルタジャパンは2018年12月10日、複合機とITシステムを統合したITサービス「Workplace Hubプラットフォーム」を2019年4月に日本国内で販売開始すると発表しました。2017年3月にドイツで発表した構想を具現化したサービスで、複合機を入口に中小企業のIT施策や働き方改革を支援するという取り組みです。コンセプトや内容を紹介した後、既存事業のモダナイズで新規事業を生み出すというアプローチにも注目してみます。
カテゴリー:

MBAがネットライフ調査から読み解く「リーバイス視点」の必要性 - 12月11日(火)04:30 

『日経MJ』10月17日号に掲載されたネットライフ1万人調査の結果を、マーケティングのプロとしての視点で読み解くのが、メルマガ『理央 周 の 売れる仕組み創造ラボ 【Marketing Report】』発行人のMBAホルダー、理央 周(りおう・めぐる)さんです。激変するネットライフの中で、ビジネスに向き合う私たちが何をし、何に備え、何を準備すべきなのか。理央さんがそのヒントを示してくれています。 激変したメディアとしてのインターネット 今号では、今のネットライフの動向から、我々が何をすべきかを考えていくが、その前にまず、ここ最近のネットの変遷をレビューしてみる。 2007年にiPhoneが世に出て、Webが双方でコミュニケーションできるようになり、Web2.0のフェイズに移行した。 それまで、生活者としては見るだけのメディアだったインターネットが、消費者が自分で発信できるようになった。ブログや、YouTubeなど、いわゆる消費者生成メディア(=CGM Consumer Generated Media)の誕生だ。 さらに、このようなメディアに、コメントできるようになり、また人の投稿を共有・シェアすることや、いいね、という意思を表すこともできるようになったのが、2009年ごろから。そしてその発展によっての、ソーシャルメディアの登場となる。 この頃にTwitter、Facebookといっ...more
カテゴリー:

【企業】電機大手、遅まきながらデザイン強化 欧米との格差に危機感★2 - 12月07日(金)11:05  newsplus

https://jp.reuters.com/article/panasonic-idJPKBN1O42TE テクノロジー 2018年12月6日 / 00:13 / 20時間前更新 訂正:電機大手、遅まきながらデザイン強化 欧米との格差に危機感 [東京 6日 ロイター] - 米アップル(AAPL.O)や英ダイソン[DAYSN.UL]などデザイン先進企業といわれる海外勢をにらみ、国内電機大手が製品デザインの強化に向けて自社の人材や体制の整備に乗り出した。技術面で製品の差別化が難しくなる中、市場での勝敗を左右するのはデザイン、との認識は徐々に浸透しており、政府も産業界への啓発に動いている。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

国内大手電機メーカー、やっと自社製品がダサいと気づき始める・・・・ - 12月06日(木)08:30  news

米アップルや英ダイソンなどデザイン先進企業といわれる海外勢をにらみ、国内電機大手が製品デザインの強化に向けて自社の人材や体制の整備に乗り出した。 技術面で製品の差別化が難しくなる中、市場での勝敗を左右するのはデザイン、との認識は徐々に浸透しており、政府も産業界への啓発に動いている。 一方で、その価値に理解が未熟な企業も依然として多く、広がり始めたデザイン志向が産業競争力の強化につながるかは不透明だ。 「このアイデアは、技術者からは出てこないと思う」。風変わりなウェアラブル端末「WEAR SAPCE」を...
»続きを読む
カテゴリー:

「既存事業」の画像

もっと見る

「既存事業」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる