「既存事業」とは?

関連ニュース

いかにして株式会社 Zucks は 製品リリースサイクルを短縮化し、アドテクをリードするように なったのか | New Relic Resource Center - 08月14日(火)12:09 

いかにして株式会社 Zucks は 製品リリースサイクルを短縮化し、アドテクをリードするように なったのか | New Relic Resource Center株式会社VOYAGE GROUPでは、インターネット領域においてアドプラットフォー ム事業、ポイントメディア事業、インキュベーション事業を展開しており、市 場環境の変化をチャンスと捉え、既存事業の拡大を追求しつつ、新領域事業 への挑戦を続ける企業です。そのグループ会社である株式会社 Zucks は...
カテゴリー:

【悲報】期間工の寮が刑務所以下だと話題に (※画像) - 08月07日(火)23:48  news

トヨタ系大手4社、増収増益 好調の裏に「三つの不安」 トヨタ自動車系の大手8社が7月31日発表した2018年4~6月期決算は自動車生産の伸びで全社が増収、4社が増益と好調だった。勢いづく一方、「シェアリング・電動化」の大波が押し寄せ、「人手不足」「米国の保護主義」という逆風も吹く。各社とも先行きに慎重さを崩していない。  アイシン精機は7月、本業とは異なる新サービスを愛知県内で始めた。スギ薬局と組み、買い物や通院の高齢者らを乗り合いで送迎する試み。カーナビ技術をいかしたシステムを使い、最適...
»続きを読む
カテゴリー:

DeNA、全社員から研究テーマ募集のR&D組織を発足 - 08月07日(火)16:04 

ディー・エヌ・エー(DeNA)は8日、新技術領域を研究開発するR&D(Research and development)組織の設置を発表。既存事業の開発現場とは別に設置された新組織は全社員からの提案を対象に、新たな挑戦領域での事業化を目指す。
カテゴリー:

最先端技術をいち早く事業成長の挑戦領域へ――DeNA、新技術開発専任のR&D組織を新設 - 08月07日(火)11:00 

ディー・エヌ・エー(DeNA)は、既存事業の開発現場とは別に、最先端技術の研究開発と事業化への発案に集中する集団として、R&D組織を新設。次世代の技術の習得とともに、さまざまなチャレンジを積極的に行うことで、新技術のスムーズな事業適用を目指す。
カテゴリー:

大丈夫か楽天。携帯参入「6000億円で十分足りる」発言が再び波紋 - 08月14日(火)05:00 

携帯「第4のキャリア」を目指す楽天の山田善久副社長は6日、基地局構築等にかかる費用が、これまで見積もっていた6000億円を下回る金額で可能だと発表、関係者間で驚きの声が上がっています。これを受け「3キャリアと同等のネットワーク品質を作り上げるのは至難の業」と懐疑的な見解を示すのは、ケータイ/スマホジャーナリストの石川温さん。石川さんは自身のメルマガ『石川温の「スマホ業界新聞」』で、MNO(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクなどの移動体通信事業者)とMVNO(他社から無線通信インフラを借り受けサービスを提供する事業者)の両方を手がける可能性がある楽天に対して「NTTドコモが黙ってはいないはず」とし、その理由について記しています。 楽天が6,000億円よりも安価にMNOネットワークを構築――組織改編により、MNOとMVNOを同じ会社で運営へ 8月6日、楽天は2018年度第2四半期決算説明会を開催。そのなかで、2019年秋に開始する携帯電話事業への言及があった。 同社は2018年から10年間で5,263億円を基地局構築に充て、残りは1.7GHz帯を使う既存事業者の移行措置のために使う計画だった。しかし、今回の説明会で、6,000億円を下回る金額で設備投資が可能になるとのことだった。 業界関係者の間では「6,000億円でも少ないのに、もっと金額が減ってしまうのか」という、驚きの声が上がっ...more
カテゴリー:

【悲報】期間工の寮が刑務所以下だとTwitterで話題に - 08月07日(火)22:43  poverty

トヨタ系大手4社、増収増益 好調の裏に「三つの不安」 トヨタ自動車系の大手8社が7月31日発表した2018年4~6月期決算は自動車生産の伸びで全社が増収、4社が増益と好調だった。勢いづく一方、「シェアリング・電動化」の大波が押し寄せ、「人手不足」「米国の保護主義」という逆風も吹く。各社とも先行きに慎重さを崩していない。  アイシン精機は7月、本業とは異なる新サービスを愛知県内で始めた。スギ薬局と組み、買い物や通院の高齢者らを乗り合いで送迎する試み。カーナビ技術をいかしたシステムを使い、最適...
»続きを読む
カテゴリー:

【実業家】ソフトバンク孫氏、「AI分野に私の頭の97%を専念させる」 - 08月07日(火)13:57  bizplus

 ソフトバンクグループは8月6日、2018年度第1四半期の決算を発表。売上高は前年同期比4%増の2兆2728億円、営業利益は前年同期比49%増の7150億円と、増収増益の決算となった。 既存事業の売上を見ると、ソフトバンクやヤフーなどの国内事業が、米Sprintの売上減を支え、増収を記録。営業利益に関しては、前年度に発生したSprintの周波数ライセンス交換差益による一時益がなくなる一方で、英Armの子会社であるArm Technology(China)の持ち株の過半数を売却し、合弁会社としたことで一時益が発生しており、利益の伸びに貢献している。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「既存事業」の画像

もっと見る

「既存事業」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる