「方改革」とは?

関連ニュース

「より働かない」が次の時代の要請。「働き方改革」はそれに逆行する、経済界のための「働かせ方改革」 - 07月18日(水)08:33 

テクノロジーは進化したが、仕事は減らず、しかも貧しい 「仕事も頑張るがプライベートも大切にしたい」「頑張りすぎてうつになった」「休職している」「あまり働きたくない」「就職しないで生きたい」  そんな経済成長に寄与しそうも […]
カテゴリー:

パイプド総研が事務局を務める「働き方改革研究センター」は「働き方改革研究センター調査2018」レポートの第二弾を会員限定で公開 - 07月17日(火)20:52 

■AI・RPAの導入で労働時間が減少する人とそうでない人の違いを分析 パイプドHD(東1)のグループ会社、パイプドビッツ内のパイプド総研が事務局を務める「働き方改革研究センター」は、全国2.4万人規模の「働き方改革研究センター調査2018」レポートの第二弾を本日7月17日に会員限定で公開した。
カテゴリー:

“エンゲージメント”が働きがい高める--NTTデータ経営研究所 - 07月17日(火)17:07 

NTTデータ経営研究所は7月12日、「働き方に関する調査」の結果を発表した。働き方改革に取り組む企業は年々増加し、2018年度は38.9%に達していることが分かった。
カテゴリー:

【働き方改革】「労働生産性」の意味を説明できる人は8.2% - 07月17日(火)16:45  bizplus

ジャストシステムは7月17日、「働き方改革に関する実態調査(イマドキの働き方編)」の結果を発表した。調査は6月20日~23日、20歳~65歳1,000人を対象にインターネットで行われた。 仕事をするうえでどちらが重要か聞くと、「環境や制度の整備といった働きやすさ」(35.8%)よりも「給与」(54.9%)が多く選ばれた。 「給与」よりも「環境や制度の整備といった働きやすさ」を重視すると答えた人に、働きやすい環境として必要なことを一つだけ挙げてもらったところ、「堅苦しくなく、発言しやすい環境(風通しのよさ)」(28.7%)が最も多いと...
»続きを読む
カテゴリー:

働き方改革を実現するIoTプラットフォーム「beaconnect plus(ビーコネクト プラス)」スマートフォン受信型の機能開発を開始 派遣会社 及び BtoCも対応 - 07月17日(火)16:15 

[アジアクエスト株式会社] [画像: https://prtimes.jp/i/19319/10/resize/d19319-10-665304-0.jpg ] スマートフォン受信型に対応することで小売店、商業施設、イベント会場等でbeaconに近づいた際に様々な情報を提供、ポイントやクーポン...
カテゴリー:

運送事業者へホワイト認証 国交省が検討 - 07月18日(水)05:00 

 国土交通省は、自動車運送事業者の長時間労働の是正などの働き方改革を重視した「ホワイト経営」を評価する新たな認証制度の検討をスタートさせた。人手不足が深刻なトラック・バス・タクシー運転者への就職を促進するとともに、運転者の労働条件・労働環境の改善を通じて、業界全体の働き方改革の実現と担い手確保・定着を後押しすることが目的だ。 主な検討事項は、……[続きを読む]
カテゴリー:

【働き方改革】副業する人の労働時間、見直しを議論 厚労省 - 07月17日(火)20:02  bizplus

厚生労働省の有識者検討会は17日、副業をする人の労働時間の管理の見直しについて議論を始めた。現行法の規定では合算している、複数の企業で働く人の労働時間を別々の管理にするかが焦点になる。長時間労働を招く可能性もあるため、同省は有識者の意見を踏まえて慎重に検討する。 現行の労働基準法では事業所が異なっても、労働時間は通算するとの規定がある。ある人が1日の所定労働時間が5時間のA社と、同4時間のB社で働くと、B社で法定労働時間(1日8時間)を超える。このためB社は1時間分の割増賃金を支払わねばならない。 これ...
»続きを読む
カテゴリー:

ウェアラブル会話デバイス開発のBONXがリコーから4.5億円を調達、音声ビッグデータの活用も - 07月17日(火)16:55 

独自のイヤホン型ウェアラブルデバイスとアプリを連動させたコミュニケーションサービス「BONX」を提供するBONX。同社は7月17日、リコーと資本業務提携を締結したことを発表した。 今後リコーの顧客接点力などを活用してBONXのサービスを拡大させていくほか、両社のサービス間の連携を深めていく方針。また会話ビッグデータの活用にも取り組む。 なおBONXではリコーに対し約4.5億円の第三者割当増資を実施したことも合わせて発表している。 BONXについてはこれまでも何度か紹介しているが、片耳に装着する専用デバイス「BONX Grip」とスマホアプリを組み合わせて使う会話サービス。スマホとBluetoothを接続しておけば、携帯電波の入るところであれば、遠距離や悪天候でも相手と会話ができる。 人の声だけを高精度で検知し、機械学習により周囲の騒音環境に合わせて音声を自動的に最適化する発話検知機能や、誰かの電波状況が悪化しそうなときは音声で通知し、接続が切れても自動的に再接続処理を行う機能などを搭載。 もともと創業者の宮坂貴大氏の「スノーボード中に仲間と話したい」という思いから生まれたプロダクト。激しい向かい風の中でもクリアな会話ができるようにノイズキャンセリング機能も備えているので少々劣悪な環境であっても対応できる。 2017年12月からはビジネス用のコミュニケーションツール「BONX fo...more
カテゴリー:

「労働生産性」の意味を説明できる人は8.2% - 07月17日(火)16:20 

ジャストシステムは7月17日、「働き方改革に関する実態調査(イマドキの働き方編)」の結果を発表した。
カテゴリー:

「高度プロフェッショナル制度」反対の理由は? - 07月17日(火)16:06 

マクロミルは7月17日、ニュースレター「HoNote通信」vol.135として、勤め先における働き方改革の取り組み状況や、現在の意識を調査した結果を発表した。調査は6月14日~15日、全国の20~59歳の会社員(民間企業に勤める、役職者を除く正社員)1,000人を対象にインターネットで行われた。
カテゴリー:

もっと見る

「方改革」の画像

もっと見る

「方改革」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる