「新進気鋭」とは?

関連ニュース

PC用ノベルゲーム「CisLugI-シスラギ-」,2018年8月に発売。同じ世界観を舞台とするオムニバス形式 - 05月25日(金)20:59 

CisLugI-シスラギ-配信元モエーション配信日2018/05/25<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>新進気鋭の同人サークル・NextVillageが贈る、新感覚PC用ノベルゲー…
カテゴリー:

今年注目の新進気鋭アーティスト出演のライブイベント「Spotify Early Noise Night」、6月15日に大阪で初開催 - 05月25日(金)15:15 

[スポティファイジャパン株式会社] 「Spotify Early Noise Night」は、Spotifyが様々なデータをもとにその年に飛躍が期待される新人アーティストを年初に選出し、プレイリストやライブイベントを通じて年間バックアップしていくプログラム「Early N...
カテゴリー:

シアーシャ・ローナン主演『追想』公開 『つぐない』コンビが再タッグ - 05月24日(木)10:00 

 ベストセラー作家イアン・マキューアンの小説『初夜』を、女優のシアーシャ・ローナン主演で映画化した『On Chesil Beach(原題)』が、邦題を『追想』として、8月10日より全国公開されることが決定した。本作でシアーシャは若きバイオリニストを演じる。【写真】『追想』主演のシアーシャ・ローナン 『ブルックリン』や『レディ・バード』などの話題作で主演を務め、24歳の若さでアカデミー賞の常連と言われるシアーシャ。彼女がアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた大ヒット作『つぐない』に続いてイアン原作の映画に出演。本作では原作者のイアン自らが脚本を手掛け、原作小説に新たな解釈を加えた展開も用意されている。 物語の舞台は、保守的なムードに包まれていた1962年の英・ロンドン。若きバイオリニストのフローレンスは歴史学者を目指すエドワードと恋に落ち、結婚を決意。結婚式を終えた2人は新婚旅行で美しい自然に囲まれたドーセット州のチェジル・ビーチへ向かう。宿泊先のホテルで2人になると初夜を迎える緊張と興奮から雰囲気は気まずくなるばかり。2人の間に起こった“ボタンのかけ違い”は、今後の人生を大きく左右する分かれ道となってしまう…。 監督は、BBCのテレビドラマ『嘆きの王冠~ホロウ・クラウン~』を手掛けた舞台演出家・脚本家のドミニク・クック。新進気鋭のイギリス人俳優ビリー・ハウルが、シアーシャの相手役...more
カテゴリー:

【佐々木俊尚コラム:ドキュメンタリーの時代】「SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬」 - 05月20日(日)15:00 

 デヴィッド・ボウイやイギー・ポップ、マーク・ボランなど世界的に有名なミュージシャンの写真を数多く手がけたことで知られる、写真家鋤田正義。彼の写真の魅力とはいったい何なのか?ということに迫っていく作品だ。  世界でも最も有名な彼の写真は、革ジャンを着たデヴィッド・ボウイが不思議な手のジェスチャーをして写っているモノクロームの写真だろう。ボウイの1977年のアルバム「ヒーローズ」のジャケットになった。  本作にはギタリスト布袋寅泰、映画監督ジム・ジャームッシュ、俳優永瀬正敏、スタイリスト高橋靖子、坂本龍一、細野晴臣、高橋幸宏、映画監督の是枝裕和、さらにはファッション界からポール・スミスや山本寛斎まで次々と登場してきて、この綺羅星のようなインタビューを眺めているだけでも飽きない。  ただインタビューを重ねて行くという構成なので、結局のところ鋤田正義の写真とは何なのか?ということが明確に示されているわけではない。私が非常に印象的だと思ったのは、写真家宮原夢画のコメントだ。鋤田正義はまだ新進のころ、同じように新進気鋭だったアートディレクター宮原鉄生と組んで、カラスを使った広告シリーズを製作している。この作品群も非常に魅力的であり、とても現代的だ。宮原夢画は宮原鉄生の息子で、映画の中で鋤田の写真についてこう語っている。  「古くないというか、朽ちていかないとかそういうもの。残っていく...more
カテゴリー:

「これはゲームなのか?展#1ルールで世界する」斬新なルールを発表したり、変なゲームが遊べる展覧会、5月29日(火)〜6月3日(日)、3331アーツ千代田にて開催 - 05月18日(金)10:00 

本展は国内外で活躍する新進気鋭のボードゲームデザイナーが10組あつまり、新しいゲーム体験になるようなゲームルールの提案と模索の結果を展示し体験できる「遊べる企画展」の第一回目です。商業ベースのゲーム製作では表現が難しかった、いつか試してみたい斬新なルールや、普段は見過ごされているゲームの常識を疑うようなゲームといった多方向からのアプローチをゲームデザイナーが自由に行える場を作ることを目的として本展は企画されました。10組のデザイナーによるこの日しか遊べない多種多様な変なアナログゲームが体験できます。入場無料。
カテゴリー:

フレデリック、DATS、Luby Sparksが新進気鋭のクリエイター陣とコラボレーション!1夜限りのプレミアムライブ「LANDSCAPE -SHIBUYA 2018-」 - 05月25日(金)20:00 

[株式会社スペースシャワーネットワーク] 株式会社スペースシャワーネットワーク(本社:東京都港区、代表取締役社長:近藤正司) は “都市と音楽の未来”をテーマに東京、渋谷から発信する音楽カルチャーの祭典「TOKYO MUSIC ODYSSEY 2018」の...
カテゴリー:

宮崎あおい、清楚と言われ「全然違いますね」きっぱり否定 - 05月24日(木)21:04 

女優・宮崎あおいのファーストイメージビデオ『宮崎あおい ~COLORS~』が動画配信サービス「FOD」にて配信中。ビデオには、先日、第一子妊娠を発表した宮崎の16歳の頃の姿が収められている。タイトル通り、さまざまなカラーをテーマにしたイメージクリップとショートインタビューからなる本作は、今から16年前の2002年1月にリリース。当時、すでに新進気鋭の女優として頭角を現していた宮崎の素顔を垣間見ることができる。ビデオ出演時には高校1年生だった宮崎。どこか幼さを残す顔立ちながらも、現在にも通じる凛とした受け答えは健在。自身の性格について聞かれると、「自己中で頑固で泣き虫」と表現し、「自分がしゃべりたくないときは全然しゃべらないし、しゃべりたいときはずっとしゃべっている」と明かした。また、清楚な雰囲気に見られがちなことを指摘されると、「(中身は)全然違いますね」と真っ向否定。「写真とかだと静かに見えるのかもしれないけど、そう思って仲良くなると全然違うだろうなって思う」と語った。また、自分のイメージカラーは“白と黒”だと言い、「喜怒哀楽が激しいから、落ちているときは落ちっぱなし。明るいときはクルクル回っている」と解説した。さらにインタビューでは、女優という仕事についても言及。2000年のドラマ『20歳の結婚』(TBS系)に出演した際には、違う自分になれることが女優の魅力だと思っていたが、1...more
カテゴリー:

アートとファッションブランドの密接な関係、その活動内容とは? - 05月22日(火)10:30 

ファッションブランドが、芸術作品の展示・保存、さらには新進気鋭のアーティストを支援したりする活動を積極的に行う動きは、2000年頃から活発化してきました。近年も財団を設立するブランドは増える傾向にあり、アートとファッションブランドの関係性はますます強くなっています。果たして各ブランドはどういったアー...このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

オーディオテクニカ 重低音ヘッドホンシリーズ新発売を記念して新進気鋭のアーティスト/ペインターbaanai氏を起用したイメージムービー公開! - 05月18日(金)10:00 

[株式会社オーディオテクニカ]  株式会社オーディオテクニカ(本社:東京都町田市、代表取締役社長:松下和雄)は、“圧倒的な低域表現”をコンセプトとしたヘッドホン「SOLID BASS series (ソリッドベースシリーズ)」のラインナ...
カテゴリー:

六本木ヒルズが開業15周年!新しいアートやカラフルな限定スイーツを楽しもう - 05月17日(木)10:00 

2018年4月25日(水)に開業15周年を迎えた六本木ヒルズ。これを記念して5月31日(木)まで、新進気鋭のアーティストによるインスタレーション展示や、約30店舗の限定アイテム&メニューが楽しめる一大イベントを開催中。人気パティシエが手掛ける絵画のようなスイーツなど、見た目にも鮮やかなメニューは見逃せない!【六本木ヒルズの風景が一変!マグダ・セイエグの作品が15周年を盛り上げる】待ち合わせ場所としてもすっかり定着している六本木ヒルズの玄関口・66プラザ。ここに展示されている、パリ出身のアーティスト、ルイーズ・ブルジョワによる巨大なクモの彫刻「ママン」は六本木ヒルズのシンボルのひとつ。その作品が、4月25日(水)から5月27日(日)まで華やかな装いに大変身! 作品を彩るのは、新進気鋭のテキスタイルアーティスト、マグダ・セイエグ。日常的な都市空間を毛糸で覆い、街の見え方を一変させるアートプロジェクトを続ける作家で、今回は「ママン」をカラフルな毛糸で編んだ作品を展開する。こちらはセイエグにとって、アジアで初めての展示。散歩しながら、またはベンチに腰掛けながら、春らしい花壇の花々や目に沁みる若葉と、カラフルなマグダ・セイエグの作品が調和した六本木ヒルズをじっくり堪能したい。ベストショットを撮影するなら、六本木ヒルズ森タワーのエントランス側からがおすすめ。巨大彫刻作品「ママン」と、背景に広が...more
カテゴリー:

もっと見る

「新進気鋭」の画像

もっと見る

「新進気鋭」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる