「新聞各紙」とは?

関連ニュース

<金口木舌>女優の終焉(しゅうえん) - 09月19日(水)06:00 

 自らの信念を貫き通した末の人生の終幕だった。見事な締めくくりに爽やかさを感じる。樹木希林さんが15日亡くなった。テレビや新聞各紙は個性派女優の逝去を大きく報じた ▼「全身がん」と公言してきた。今年8月、一時危篤に陥った。娘婿で俳優の本木雅弘さんを通じて「細い糸1本でやっとつながってる 声一言も出な...
カテゴリー:

プーチン大統領の平和条約締結提案 ロシアの各紙も報じる - 09月13日(木)19:05 

ロシアのプーチン大統領が、安倍総理大臣に対して、年末までにいかなる前提条件もつけずに平和条約を締結しようと提案したことについて、ロシアの新聞各紙も1面で大きく報じています。
カテゴリー:

アイドル「CoCo壱のカレー頼んだけど受け取れなくて再配達頼んだら倍の値段請求された。キャンセルしたら店まで払いに来い言われた」 - 09月08日(土)19:40  poverty

中井りか@rika_nakai82316:07 ココイチ頼んだら電話でれなくて届く予定の10分後にすみませんもっかい届けてもらえますかってかけ直したら 倍の値段かかります言われてえーってなってるけどこれ普通? ←そのあとじゃあ大丈夫ですって言ったら店までお金払いにこい言われて真顔極めてる() CoCo壱、「過大請求」騒動のややこしい真相 結局チキンはいくつ付いたのか 9/7(金) 20:07配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-00000016-jct-bus_all  「カレーハウス CoCo壱番屋」で新しく販売された期間限定商品について、...
»続きを読む
カテゴリー:

戦前戦中に戦争を賛美し国民を散々煽った朝日新聞と毎日新聞に戦争責任はないのか? - 09月02日(日)20:07  news

8月23日の新聞各紙で、昭和天皇が昭和62年4月の時点で戦争責任を気にかけておられたことが、侍従の日記の公表で明らかになった。 この日記は、小林忍侍従の親族が、共同通信に持ち込み、報じられたものである。 戦争責任を執拗(しつよう)に追及する人間がいたために、昭和天皇は最晩年にあってもお悩みになっておられたわけである。 連合国の中には、天皇の戦争責任にこだわった国もあったが、アメリカが退けて、戦争責任は問題化されなかった。 一方、ほとんど忘れられているが、戦争遂行に重大な役割を果たしたにもか...
»続きを読む
カテゴリー:

安倍首相が青ざめたプーチン「日ロ平和条約」提案のちゃぶ台返し - 09月14日(金)05:00 

ロシアのウラジオストクで開催された東方経済フォーラムで、プーチン大統領の口から突如飛び出した「前提条件無しでの年内の日ロ平和条約締結」の提案。習近平主席をはさんだ席でただただ苦笑いを浮かべるしかなかった安倍首相ですが、新聞各紙はこのプーチン氏の発言をどのように受け取り、そしてどう報じたのでしょうか。ジャーナリストの内田誠さんが自身のメルマガ『uttiiの電子版ウォッチ DELUXE』で詳細に分析しています。 プーチン大統領の突然の「年内の日ロ平和条約の提案」を新聞各紙はどう伝えたか? ラインナップ ◆1面トップの見出しから……。 《朝日》…「年内に日ロ平和条約 提案」 《読売》…「『年内に平和条約』提案」 《毎日》…「応援送電 需給一時平衡」 《東京》…「保育所実地検査 半数満たず」 ◆解説面の見出しから……。 《朝日》…「交渉停滞 ちゃぶ台返し」 《読売》…「周波数急落 緊迫17分」 《毎日》…「火山性地盤 傷深く」 《東京》…「突然の駆け引き 警戒」 ハドル 「突然のプーチン提案」をテーマにします。 基本的な報道内容 ロシアのプーチン大統領はウラジオストクで開催中の東方経済フォーラムで、日本との平和条約を年内に結ぶよう安倍首相に提案。領土交渉を先送りするもので、政府は困惑。真意を慎重に見定めるとした。 【朝日】大統領の「いら立ち」 【朝日】は1面トップに2面の解説記事「時時刻刻...more
カテゴリー:

大坂なおみ全米OP決勝で見えた、日本が報じないアメリカの闇 - 09月13日(木)05:00 

大坂なおみ選手の優勝で幕を閉じた全米オープンテニス女子シングルス。アメリカではセレーナ・ウィリアムズ選手の審判へのクレームを巡り、メディア各社が大々的に報じていますが、「米国の“根っこ”」が垣間見えたとするのは健康社会学者の河合薫さん。河合さんは自身のメルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』の中で、新聞各紙が「sexism(女性差別)」という言葉を使い騒動を論じていることを紹介した上で、その根底にあるのは「Racism」であると指摘、さらに人種や性別を超えて全ての人の心に響いた大坂選手のスピーチを称賛しています。 日本が報じない米国の闇 日本では「日本人初」という日本人が大好きな冠と、「日本人らしい」という日本人が大好きな形容句で盛り上がった全米オープンテニスでの大坂なおみ選手の快挙ですが、「米国の“根っこ”」が垣間見えた試合でしたね。 良い意味でも悪い意味でも、「これがアメリカなんだよなぁ」と。 先週はちょっとだけ遅めの夏休みで国外脱出していただけに、余計にそう思ったのかもしれません。毎朝、ホテルのレストランで斜め読みした米国の新聞の報じ方にも「アメリカらしさ」が溢れていました。 たとえばワシントンポストでは「sexism(女性差別)」という言葉を多様し、セレーナ選手を擁護。主審のカルロス・ラモス氏によるsexismに関するコラムに加え、女性差別を訴える著名人・人...more
カテゴリー:

ドカベン最終巻発売の7日、スポーツ各紙で広告5種 - 09月06日(木)11:31 

漫画家の水島新司氏によるドカベンシリーズの最終巻になる「ドカベン ドリームトーナメント編 34巻」が7日、発売される。 発売元の秋田書店は、発売当日のスポーツ新聞各紙にメインキャラクターをデザインした全面広告を掲載することを6日、発表し…
カテゴリー:

「新聞各紙」の画像

もっと見る

「新聞各紙」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる