「新田真剣佑」とは?

関連ニュース

【芸能】水着で一緒に海デートしたい芸能人No.1に竹内涼真&ガッキー - 07月19日(木)19:03  mnewsplus

https://www.cinematoday.jp/news/N0102322 2018年7月19日 ジュエリーブランド「THE KISS」が発表した「いまどき20代カップルの夏デートに関する調査2018」の水着で一緒に海デートしたい芸能人部門で、男性芸能人の第1位が竹内涼真、女性芸能人の第1位が新垣結衣となった。 若手イケメン俳優たちが、ランクインした男性芸能人部門。1位の竹内は、ドラマ「過保護のカホコ」「ブラックペアン」、映画『センセイ君主』(8月1日公開)など話題作への出演が続く人気若手俳優の1人。第2位は、第41回日本アカデミー賞授賞式の最優秀主演男...
»続きを読む
カテゴリー:

山下智久、西日本の豪雨被災地にエール「痛みに少しでも寄り添えられるように」 - 07月12日(木)18:00 

映画『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の完成披露舞台挨拶が7月11日に東京国際フォーラムで行われ、山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介、有岡大貴、成田凌、新木優子、馬場ふみか、安藤政信、椎名桔平、西浦正記監督が登壇した。 本作は、救命救急センターを舞台にドクターヘリに携わるドクターやナースたちの成長と絆を描いた人気ドラマ『コード・ブルー』シリーズの劇場版。成田国際空港と東京湾の海ほたるで起きた未曾有の連続大事故に、若きドクターたちが立ち向かう姿を描く。 この日は10万人の応募の中から抽選で選ばれた4000人のファンが参加。入場時には劇場中央の扉よりゲスト一同入場し、中央に設置された青いステージを歩いてファンを興奮に包んだ。 テレビドラマから始まり、10年目にしての劇場版。それぞれ本作への思いや感動を語り、山下は「10年間の時を超えて絆みたいなものがしっかりと描かれていることと、1つひとつ、患者さんとの人間ドラマを見ていただくことによって、今この瞬間を生きることの大切さが伝わってくると思っています」とアピール。 新垣は「ぎっしりしています」とまずはひと言で表現すると、「いろいろな登場人物たちの思いやエピソードが詰まっていて、見てくださっているみなさまがそれぞれ、どこかしら心にすっと入ってくるようなエピソードに出会ってくれると思います」とコメント。...more
カテゴリー:

最上もが病み発言/徹子、早口のワケは?<今週の見逃しニュース> - 07月07日(土)15:46 

 ベルギーに2-3で敗れ、惜しくもベスト8入りを逃したサッカー日本代表。一夜明けての会見で本田圭佑選手(32)が“清々しい(すがすがしい)”を「きよきよしい」と誤読して、話題になりました。  試合以外でも爪あとを残すあたり、やっぱりスーパースターですね。  では、今週も振り返りましょう。どうでもいい芸能ニュース。 ◆①アンミカ W杯はセレブな観戦ホームパーティー「銀座久兵衛のおすし呼んで…」 デイリースポーツ 7/3(火)ほか  というわけで今回のワールドカップは、多くの芸能人も大盛り上がり。なかでもアンミカ(46)は、ホームパーティーをしながらセネガル戦を観戦したんだそう。その様子を『5時に夢中!』(TOKYO MX)で語っていました。 「おうちにね、銀座久兵衛のおすし呼んで、サイタブリアの食べ物呼んで、みんなで見ました」  セレブっぷりを隠さないアンミカさん。実にきよきよしいですね。 ◆②ガリットチュウ福島がダレノガレ明美に変身!モノマネ姿で本人の実家に登場し母大喜び 日テレTOPICS 7/5(木)ほか  ダレノガレ明美(27)のモノマネで人気のガリットチュウ・福島善成(40)が、ダレノガレさんの実家を訪問したというのです。5日放送の『あのニュースで得する人 損する人』(日本テレビ系列)の中で放送されました。  ダレノガレさんのお母様が福島さんに会いたか...more
カテゴリー:

東出昌大、瀬々敬久監督のムチャぶりで四股踏み!劇場史上最多30人の舞台挨拶が大盛り上がり - 07月07日(土)14:47 

瀬々敬久監督が構想30年を費やした意欲作『菊とギロチン』の初日舞台挨拶が7月7日にテアトル新宿で開催され、木竜麻生、東出昌大、瀬々監督をはじめ、総勢30名がズラリと登壇。これは劇場始まって以来の最多人数となり、瀬々監督からムチャぶりされた東出が四股を踏むなど、大盛り上がりの舞台挨拶となった。 【写真を見る】ステージ、ぎゅうぎゅう!『菊とギロチン』初日舞台挨拶に30人が顔をそろえた 本作は、関東大震災直後の日本で、かつて日本全国で興行されていた“女相撲”の一座と実在したアナキスト・グループ「ギロチン社」の青年たちが織りなす青春群像劇。木竜、東出、寛一郎、韓英恵、渋川清彦、大西信満、嘉門洋子、大西礼芳、山田真歩、嶺豪一、篠原篤、川瀬陽太、大森立嗣、仁科あい、持田加奈子、播田美保、和田光沙、前原麻希、背乃じゅん、田代友紀、原田夏帆、荒巻全紀、池田良、飯田芳、小林竜樹、木村知貴、小水たいが、伊島空、東龍之介、瀬々監督が出席した。 瀬々監督自ら演出を手掛けたこの日のイベント。まずは太鼓が鳴り響くなか、女力士を演じた面々が会場を練り歩いて登場。東出と寛一郎も客席に降りてプレゼントを投げ入れるなど、キャスト陣のサービスぶりに観客からも笑顔があふれた。 マイクリレー形式で挨拶をして、続々と初日を迎えた喜びを口にした。約300名の応募者のなかから選ばれてヒロインの新人力士・花菊役を演じた木竜は、それ...more
カテゴリー:

千葉真一の親バカぶりに有吉弘行もあきれ顔、娘のために23億円の別荘 - 07月13日(金)10:00 

 7月9日放送の『有吉ゼミSP』(日本テレビ系)に、俳優の千葉真一(79)がVTR出演。昨年亡くなった野際陽子との娘で女優の真瀬樹里(まなせじゅり/43)への“親バカ”ぶりを明かし、お笑いタレントの有吉弘行(44)らをあきれさせた。  この日の番組は、“二世芸能人親バカNo.1決定戦!”を開催。二世タレントが“親バカ”エピソードを披露し、そのハチャメチャぶりを競い合った。まず、事前の取材で親バカぶりを尋ねられた真瀬樹里が「あんまり、私自身は親バカだなと思ったことはない」と言ったことから、番組では千葉真一に直撃取材を敢行し、そのVTRがスタジオで紹介された。  番組スタッフから親バカなのか質問された千葉真一は「ん〜!」と悩む様子を見せたが、「俺も親バカだなと思う。必死になってやってしまって」と自らの親バカぶりを認めた。千葉によると、真瀬樹里が小学生の頃、彼女のために広さ1000坪、総工費23億円の別荘を京都に建てたという。その別荘には、プールやテニスコートも備えつけられていたことから、遊びに来た真瀬はいつも喜んでいたそうだ。千葉はその当時を振り返ると、「そういう彼女のうれしい顔を見ると、ついデレっとなっちゃう」と笑みを浮かべた。  また、千葉真一は真瀬樹里の誕生日に盛大なパーティーをホテルで開いていたと告白。それについて、真瀬は千葉の愛弟子である俳優の真田広之(57)や女...more
カテゴリー:

竹内涼真の童顔+マッチョボディに興奮。脱いだら別人な男性タレント5人 - 07月10日(火)08:47 

 4日に発売した『anan』表紙で、竹内涼真(25)がその肉体美を披露し話題になっています。つい先月までドラマ『ブラックペアン』(TBS系)で青っぽい研修医を演じていたのに……脱いだらこんなにムキムキだなんて!  女子SPA!ではこれまでにも「意外な細マッチョ芸能人ベスト10」や「女性が選ぶセクシーボディランキング」で男性の肉体美を取り上げてきましたが、今回は「脱いだらムキムキ、まるで別人!」な、“ギャップマッチョ男性”まとめをお届けします。 ◆竹内涼真(25)、童顔マッチョ部門代表  サッカー経験者でもある竹内涼真。ドラマ『陸王』(TBS系)でマラソン選手を演じていた頃は、程よく引き締まった“細マッチョ”でした。当時よりもかなりパンプアップしているのは、『anan』の撮影に向けて2カ月間みっちり鍛え上げた成果だとか。まだ「青春」という言葉が似合う甘い童顔に、鍛え上げた肉体。まさに、ギャップ萌えの見本!? ◆新田真剣佑(21)、マジメ高校生役からのギャップ!  新田真剣佑がその肉体美を披露したのは、映画『OVER DRIVE オーバードライブ』でのワンシーン。ラリーという自動車競技で世界選手権を目指す役柄で、筋トレをする劇中の姿が公開され話題になりました。今年3作目が上映された映画『ちはやふる』では、福井弁の純朴メガネ男子を演じていたのに……脱いだらこんなに強そうだったん...more
カテゴリー:

オダギリジョーは扱いにくいおっさん!? 新作映画の監督と「アラフォー」を語る - 07月07日(土)15:45 

 事故物件に住んで事故履歴を消すアルバイトを始めたヒロインの御子(池田エライザ)が、幽霊たちとの出会いを通じて変わっていく姿を見つめるハートフルな映画『ルームロンダリング』が公開。  助監督として多くの現場を踏み、本作で劇場映画デビューを果たした片桐健滋監督と、一人ぼっちになった御子の面倒を見る叔父の悟郎を演じたオダギリジョーさんに、作品について、また、アラフォー世代になって感じる変化などを聞きました。 ◆オリジナル脚本の映画化 ――独特の世界観のステキな作品です。オダギリさんは、今回のお話をいただいたとき、どう思われましたか? オダギリ:オリジナル脚本であるということが、とても嬉しかったですね。それから、片桐監督と、共同脚本の梅本(竜矢)さんとは昔からの友達で、そのふたりが作り出したものだということで、誠意をもって脚本を読みました。とてもオリジナリティのあるユニークな作品で、映像が頭に浮かびやすいし、すごくいい脚本だと思いましたね。 ――監督、TSUTAYAのオリジナル企画を募集するコンテストで準グランプリを受賞しての映画化ですね。 監督:はい。最初に考えていたのは、ワケあり物件の物語ということだけでした。企画出しのプロットとして書けていたのは、主人公の御子ちゃんと叔父さんの悟郎がいて、渋川(清彦)さん演じる最初のお化けが出てくるところまで。そのあとは企画が通ってから...more
カテゴリー:

「新田真剣佑」の画像

もっと見る

「新田真剣佑」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる