「新潮社」とは?

関連ニュース

【書評】京大名誉教授が描く、死より怖い「死に至るプロセス」 - 11月21日(水)20:30 

「日本は今後、超高齢化社会になり、老人たちは『生きる粗大ゴミ』として放置される」。なんともショッキングな内容が綴られた書籍が話題です。京大名誉教授が著したそんな1冊を、無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんが紹介しています。 『死と生』 佐伯啓思・著 新潮社 佐伯啓思『死と生』を読んだ。著者は京大名誉教授、京大こころの未来研究センター特任教授。この本は「死の意識」という舞台に乗せて、「死」と「生」を論じたものである。その論の特徴は、「死」の方に力点をおいて、そちらから「生」を見ている。こういうスタイルの考えに出会ったのは初めてである。 いま我々は、高度な情報・産業社会にあって、殆ど生と死の問題に関心を持てなくなっている。思考の上に乗せる糸口を失っている。もはや、共通了解としての「死生観」などなくなってしまった。そんな時代には、我々はみな、自分の死生観を自己流に探し出すしかない。本書は著者なりの死生観の試みである。 日本はいま世界に冠たる老人社会、超高齢化社会になろうとしている。今日65歳以上の高齢者人口は既に3,000万人を超えているが、2025年には約3,700万人になり、うち約350万人が認知症になり、高齢者の一人暮らし世帯は680万人(約37%)になると推計されている。これが「2025年問題」といわれるものだ。 介護に携わる人は4...more
カテゴリー:

彦根市:舟橋聖一文学賞 飯嶋和一さん「星夜航行」に - 11月19日(月)19:21 

 滋賀県彦根市は19日、単行本小説を対象とした第12回舟橋聖一文学賞(賞金50万円)に、東京都文京区の作家、飯嶋和一さん(65)の「星夜航行」(新潮社)が決定したと発表した。戦国時代の武将・沢瀬甚五郎の数奇な人生を描いている。また、若手作家を育てる第30回舟橋聖一顕彰青年文学賞の最優秀賞(同50万円
カテゴリー:

【書評】日本人がドイツに住んで判明、まるで似てない2つの文化 - 11月16日(金)21:21 

規律を守る真面目さが日本人とよく似ているとされるドイツの人々ですが、実際には「全く違う」…。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』では編集長の柴田忠男さんが、ドイツ在住の26歳の日本人女性が「住んでみて初めてわかったドイツ人の素顔」を綴った1冊を紹介しています。 『日本人とドイツ人 比べてみたらどっちもどっち』雨宮紫苑・著 新潮社 雨宮紫苑『日本人とドイツ人 比べてみたらどっちもどっち』を読んだ。「20代の若き感性が現地で驚き戸惑い怒り笑いながら綴る、等身大の比較文化論」とカバー折り返しにある。ドイツ在住のフリーライターという肩書きは珍しい。そこがセールスポイントで、わりと評論っぽい部分もある。 働き方や教育といった大きなテーマもあるが、多くはドイツの日常のリアルをライトな筆致で描いている。ドイツには地域差もある。移民も多い。ひとくくりに出来ない。現地で暮らす26歳日本人女子が見聞した範囲内のドイツである。普通の日本人が素朴に抱いているドイツのイメージとは、かなり違っている。 ドイツ人は規則を守る。日本人も規則を守る。ドイツ人が規則を守るのは、日本語的なマジメさゆえではなく、規則を破った人には徹底して厳しく、規則を守ることが絶対正義とされているからだ。ドイツでは自分が不利な立場にならないために規則を守るのであって、必ずしも「マジメだから」とは言えない。...more
カテゴリー:

『殺人犯はそこにいる』との酷似指摘、Amazonドラマ「チェイス」製作会社が謝罪 - 11月14日(水)11:17 

Amazonプライムのドラマ「チェイス」が、『殺人犯はそこにいる』と酷似しているとし、作者の清水潔氏と版元の新潮社が、製作会社などに対して配信中止を求めていた問題で、製作会社が謝罪文を公表。清水氏と新潮社はこれを受け入れた。
カテゴリー:

アマゾン:謝罪 「殺人犯はそこにいる」と酷似ドラマ配信 - 11月13日(火)21:35 

 アマゾンジャパンが配信するインターネットドラマが、ノンフィクション「殺人犯はそこにいる」(清水潔著)に酷似しているとして、出版元の新潮社が配信中止を申し入れた問題で、ドラマ制作会社が13日、著者や新潮社、著者が取材した事件の被害者遺族への「配慮が至らなかった」と謝罪する文書を公表した。
カテゴリー:

「Artiste」掛け替えカバーがバンチ付録に、ジルベールの休日描く番外編も収録 - 11月21日(水)15:55 

本日11月21日に発売された月刊コミックバンチ2019年1月号(新潮社)に、さもえど太郎「Artiste」の掛け替えカバーが付録として同梱された。
カテゴリー:

【野球】ナベツネにいったい何が?「読売グループが緊急幹部会議を開催」の情報 - 11月18日(日)08:24  mnewsplus

ナベツネにいったい何が?「読売グループが緊急幹部会議を開催」の情報でマスコミが大慌てになった理由  ナベツネが亡くなったんじゃないか──。読売新聞グループ本社代表取締役主筆の渡邉恒雄氏の死亡説が昨晩からネット上に流れ、大きな騒ぎになっている。  今朝にはジャーナリストの田中稔氏も〈昨晩、渡辺恒雄氏が亡くなったとみられる。読売は安倍総理の帰国まで公表したくないようでなかなか認めないが、各社、予定稿準備しているとの情報。〉 とTwitterに投稿。その後、Yahoo!のランキングでも「渡辺恒雄」がトレンド1位...
»続きを読む
カテゴリー:

巨人鈴木尚広コーチにDV疑惑 妻の顎を掴み振り回しツバをかける鬼畜行動にドン引きの声 - 11月15日(木)18:20 

14日、今オフから巨人の一軍外野守備走塁コーチに就任した鈴木尚広氏が、妻に暴力を振るうなどして離婚裁判に発展していると「デイリー新潮」(新潮社)が報道。穏やかな仕事人の「...
カテゴリー:

【社会】アマゾンのドラマ、新潮社の書籍と類似していたとして制作会社が謝罪 - 11月13日(火)22:06  newsplus

朝日新聞 2018年11月13日21時03分 アマゾンジャパンがプライム会員向けに配信しているドラマ「チェイス」のストーリー展開やセリフなどが、 書籍「殺人犯はそこにいる 隠蔽(いんぺい)された北関東連続幼女誘拐殺人事件」と類似しているとして、著者の清水潔さんと発行元の新潮社が配信中止を求めていた問題で、 制作会社のジョーカーフィルムズは13日、ドラマの公式ホームページに謝罪文を載せた。 清水さんと新潮社、事件の遺族に対し「配慮が至らなかった点につきまして、ここに謝罪いたします」としている。 ドラマ各回の...
»続きを読む
カテゴリー:

アマゾンのドラマ制作会社が謝罪 - 11月13日(火)21:10 

アマゾンジャパンが配信するインターネットドラマが、ノンフィクション「殺人犯はそこにいる」(清水潔著)に酷似しているとして、出版元の新潮社が配信中止を申し入れた問...
カテゴリー:

もっと見る

「新潮社」の画像

もっと見る

「新潮社」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる