「新潮社」とは?

関連ニュース

『仕事とセックスは家庭に持ち込まない』タモリの哲学、遂に不倫疑惑として報道 - 07月19日(木)12:50 

タレントのタモリとNHK大河ドラマ「西郷どん」を担当する脚本家・中園ミホ氏の不倫疑惑を、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。 タモリといえば、14年3月に長年MCを務めて...
カテゴリー:

【小池知事が勝訴】週刊新潮の見出しは名誉毀損 「社会通念上、認容される範囲を逸脱」 - 07月18日(水)00:43  newsplus

7/17(火) 22:38配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000116-asahi-soci  週刊新潮が新聞などに出した広告の見出しで名誉を傷つけられたとして、小池百合子・東京都知事が発行元の新潮社に5千万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が17日、東京地裁であった。鈴木正弘裁判長は見出しによって、小池氏が公金を横領したように読めると判断して名誉毀損(きそん)を認め、同社に250万円の支払いを命じた。  問題となったのは昨年5月の広告にあった「小池都知事は公金1100万円を横領した!」という見出し。...
»続きを読む
カテゴリー:

新潮社に250万円賠償命令 小池都知事の名誉毀損 - 07月17日(火)17:24 

公金を横領したかのような週刊新潮の広告で名誉を傷つけられたとして、東京都の小池百合子知事が新潮社に5千万円の損害賠...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

【芸能】 つんく♂が明かすアイドルオーディションの裏側「おでこと口の中を見れば適性が分かる」 - 07月15日(日)12:21  mnewsplus

1992年にロックバンド・シャ乱Qのボーカリストとしてデビューし、モーニング娘。およびハロー!プロジェクトの総合プロデュースを務めた音楽プロデューサー・つんく♂。今でも新しい楽曲が発表されるたび、ハロー!プロジェクトファンが熱狂するなど、多くのファンに支持されている。 そんなヒットメーカーとも呼ばれる存在であるつんく♂が、アイドルオーディション番組『ラストアイドル』(テレビ朝日系・毎週土曜0時10分より放送 ※一部地域を除く)にプロデューサーとして参加している。  『ラストアイドル』(現在地上波では3rdシー...
»続きを読む
カテゴリー:

ネクストブレイク必至の16歳・南沙良、初主演映画が公開 - 07月15日(日)08:00 

 東京・新宿武蔵野館ほかで公開中の映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』で、主人公の大島志乃を演じる南沙良(16)。映画出演2作品目で初主演に抜てきされた。雑誌『nicola』(新潮社)の専属モデルとしても活躍する、ネクストブレイク必至の逸材だ。 【動画】南の透き通った歌声が少しだけ聴ける予告編  映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は、『惡の華』『ぼくは麻理のなか』などの作品で知られる押見修造氏が自身の体験をもとに描いた同名漫画が原作。喋ろうとするたびに言葉が詰まってしまう“吃音”をもつ高校生という難役を好演している。撮影当時、14歳だったそう。インタビューした日は16歳になって数日経ったところで、時間的なブランクがあったにもかかわらず、部屋に入って来た瞬間、「志乃ちゃんが来た」と思った。  この映画の制作陣も「志乃が現れた」と思った瞬間があった。もう一人の主人公・岡崎加代役は蒔田彩珠で即決したが、志乃役を決めるオーディションは難航を極めた。数百人を見てきた最終オーディションでも監督たちが思い描く志乃が見つからず、再び行ったオーディションに現れたのが南だった。湯浅弘章監督は「オーディションで『ヨーイ』をかけた瞬間に“志乃だ”と感じた」と、南の演技に魅了されたといい、満場一致で彼女に決まる。当日立ち会った、蒔田も「鳥肌が立った」と語るほど、オーディションにして完成度の高...more
カテゴリー:

盗作疑惑の芥川賞候補「美しい顔」、受賞を逃す 選考委員「盗用にはあたらない」 - 07月18日(水)22:25  poverty

<芥川賞候補>「美しい顔、盗用にあたらない」選考委一致  第159回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が18日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞に高橋弘希さん(38)の「送り火」(文学界5月号)が選ばれた。  落選した北条裕子さんの候補作「美しい顔」は、東日本大震災の被災地を舞台にした女子高校生の物語。 芥川賞候補に決まった後、作家、石井光太さんのノンフィクション作「遺体」(新潮社)や、東北学院大教授の金菱(かねびし)清さん編の「3・11慟哭(どうこく)の記録」(新曜社)...
»続きを読む
カテゴリー:

週刊新潮の見出しは名誉毀損 小池知事が勝訴 - 07月17日(火)22:38 

 週刊新潮が新聞などに出した広告の見出しで名誉を傷つけられたとして、小池百合子・東京都知事が発行元の新潮社に5千万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が17日、東京地裁であった。鈴木正弘裁判長は見出しに…
カテゴリー:

川本三郎はサブカルチュアの世界を生き抜いてきたクリント・イーストウッドである(『映画の中にある如く』発売記念対談ロングヴァージョン<中篇>) - 07月16日(月)17:00 

——『キネマ旬報』の長期連載「映画を見ればわかること」をまとめた川本三郎著『映画の中にある如く』が2月に刊行されました。今回は、長年“川本三郎本”を愛読されてきた北沢夏音氏と渡部幻氏に川本三郎さんの文章を“読むことの楽しみと驚き”について<前篇>に続いて伺ってみたいと思います。 <前篇はこちら>http://getnews.jp/archives/2057633 文芸とジャーナリズム、両方を手がける 北沢 僕が大学に入ったのが83年で、映画への視野も広がり、アメリカンニューシネマの名作をひととおり観たいと思ったときに、作品のガイドとしては、フィルムアート社の『70年代アメリカン・シネマ103 もっともエキサイティングだった13年』(編集:筈見有弘+フィルムアート社+HOP企画、80年)、洋邦を問わず“陽のあたらない”B級映画の探索については、『朝日のようにさわやかに 映画ランダム・ノート』(筑摩書房、77年)』や『シネマ裏通り』(冬樹社、79年)などの川本さんの評論が指針になりました。ニューシネマに漂う”敗北感”や”孤独感”を川本さんが背負って書いておられる気がしたんです。 渡部 『シネマ裏通り』の単行本の帯文が傑作中の傑作なんです。表帯が〈Five O’clock Shadow 映画館にはいるのは いつも夕暮れ……〉、裏帯が〈マイナーな女優と 安ウイスキーをひっかけて...more
カテゴリー:

ベストセラーランキング(2018/7/15) - 07月15日(日)11:30 

■宮脇書店名護店 (1)牧田善二著「医者が教える食事術 最強の教科書」(ダイヤモンド社・1620円) (2)今泉忠明著「続々ざんねんないきもの事典」(高橋書店・1058円) (3)矢部太郎著「大家さんと僕」(新潮社・1080円) (4)宮下奈都著「羊と鋼の森」(文芸春秋・702円) (5)田村耕太郎著...
カテゴリー:

問われる配慮と文学的本質=芥川賞候補の類似表現、18日選考会 - 07月14日(土)15:22 

 東日本大震災の被災地の「現実」を緻密に描き、新人作家の登竜門とされる芥川賞の候補に選ばれた話題作「美しい顔」をめぐり、既刊書籍との類似表現問題が浮上している。参照した他の作品の著者や被災者への配慮を欠いたとの批判や、小説執筆に際する表現作法を問う声が出版界の内外で上がる。 同作は北条裕子さん(32)のデビュー小説で群像新人文学賞を受賞し、文芸誌「群像」(講談社)6月号に掲載された。津波を生き延びた女子高生の心の揺れを生々しく描くが、作者自身「被災地に行ったことは一度もない」と語る。執筆のため参照した石井光太さん(41)のルポ「遺体」(新潮社)をはじめとする作品も参考文献として作中に明記しなかった。 「遺体」との比較では、遺体安置所に遺体が並ぶ様子を「ミノ虫」に例えるなどの表現が類似しており、新潮社は「単に参考文献として記載して解決する問題ではない」と批判。これに対し、講談社は参考文献の未掲載は謝罪したものの、表現の類似は「一部の記述に限定される」「著作権法に関わる盗用や剽窃(ひょうせつ)などには一切当たらない」と主張する。 北条さん自身もコメントを発表。単行本刊行時に参考文献を記せばよいと考えていたとし、「参考文献の著者・編者、現地の取材対象者に、敬意と感謝の気持ちを伝えるどころか、とても不快な思いをさせた」と陳謝。一方で新潮社が求める類似表現の修正については明言していない。 イ...more
カテゴリー:

もっと見る

「新潮社」の画像

もっと見る

「新潮社」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる