「新津ちせ」とは?

関連ニュース

新海誠の娘がこの顔をして初主演映画ゲット。一般公募勝抜き250億監督の娘としての格の違い見せつける - 06月13日(水)19:18  news

新海誠監督の娘・新津ちせ、映画初主演! 伊集院静の小説が15年ぶり映画化 https://eiga.com/news/20180613/15/ 直木賞作家・伊集院静氏の小説「駅までの道をおしえて」が映画化されることになり、新海誠監督(「君の名は。」)の娘で子役の新津ちせちゃんが映画初主演を飾ることがわかった。伊集院氏の小説が映画化されるのは、「機関車先生」以来、約15年ぶりとなる。 主人公・サヤカ(ちせちゃん)は、愛犬ルーを亡くしたことを受け入れられず、いつまでもルーの帰りを待っている少女。ある日サヤカは、幼い息子を亡くした...
»続きを読む
カテゴリー:

新海誠監督の娘・新津ちせ、映画初主演 『駅までの道をおしえて』映像化 - 06月13日(水)17:05 

 アニメーション映画『君の名は。』(2016年)の新海誠監督の娘で、映画・ドラマ・CMで広く活躍する子役の新津ちせ(8)が、映画『駅までの道をおしえて』(2019年公開予定)で、初主演を務めることがわかった。 【写真】いちごと枝豆とプリンが大好きな小学2年生の新津ちせ  同映画は、直木賞作家・伊集院静氏の同名小説(講談社文庫)が原作。主人公・サヤカ(新津)は、愛犬ルーを亡くしたことを受け入れることができず、いつまでもルーの帰りを待っている少女。そんなサヤカと、幼き息子を亡くした経験を持つ老人・フセコウタローが出会い、互いに胸に抱えた“命の喪失感”を二人の絆で温かい思い出に変えていく、ささやかな奇跡のストーリー。原作には、赤い京急電車が象徴的に登場し、物語の重要な役割を担っていることもあり、今年創立120周年を迎える京急電鉄が全面的に協力する。伊集院氏の小説が映画化されるのは、映画『機関車先生』(04年公開)以来、15年ぶりとなる。  主演に抜てきされた新津は、2014年、東宝ミュージカル『ミス・サイゴン』タム役としてデビュー。映画『3月のライオン』川本モモ役や、ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』謎の少女・ちびちび役などでも出演し、新世代の子役として注目されているが、本作ではオーディションで役を勝ち取った。  サヤカ役のオーディションは、2017年春、一般公募という形で...more
カテゴリー:

新海誠監督の娘・新津ちせ、映画初主演! 伊集院静の小説が15年ぶり映画化 - 06月13日(水)17:00 

直木賞作家・伊集院静氏の小説「駅までの道をおしえて」が映画化されることになり、新海誠監督(「君の名は。」)の娘で子役の新津ちせちゃんが映画初主演を飾ることがわかった。伊集院氏の小説が映画化される...
カテゴリー:

伊集院静『駅までの道を教えて』映画化 新海誠監督の娘が初主演 - 06月13日(水)17:00 

 直木賞作家・伊集院静の名作を映画化した『駅までの道を教えて』に、アニメーション監督・新海誠の娘としても知られる、子役の新津ちせが映画初主演することが発表された。ヒロインのサヤカを演じる新津は「サヤカ役に決まった時は本当にうれしかったです!」と語っている。【写真】『駅までの道を教えて』場面写真&出演する新津ちせ 本作は、伊集院による小説『駅までの道を教えて』(講談社文庫)を原作にした感動ストーリー。愛犬ルーを亡くしたショックから立ち直れない少女・サヤカを主人公に、彼女と幼い息子を亡くした老人との出会いと、二人の心の交流を温かい筆致で描いていく。伊集院の原作作品の映画化は、2004年の映画『機関車先生』以来、約15年ぶりとなる。 主演には、映画『3月のライオン』やミュージカル『美少女戦士セーラームーン』への出演で注目を集める新津ちせを抜てき。2017年春に、約3ヶ月間に及ぶ一般公募のオーディションが行われ、新津がヒロイン役を獲得。撮影は丸1年の時間をかけて時系列で進めるスタイルで、彼女の成長がリアルタイムで映像に切り取られている。原作には、赤い京急電車が象徴的に登場し、物語に重要な役割を与えているが、今回、京急電鉄の創立120周年を記念して、映画製作への全面的な協力が実現した。 新津は自身が演じる役について「サヤカは、元気いっぱいで、犬が大好きで、心のやさしい女の子です」と解説。さら...more
カテゴリー:

【JS】「君の名は。」新海誠監督の娘・新津ちせ(8)、映画初主演 伊集院静氏原作「駅までの道をおしえて」 - 06月13日(水)17:36  mnewsplus

アニメ映画「君の名は。」で知られる新海誠監督(45)の長女で、映画「3月のライオン」にも出演した子役・新津ちせ(8)が、映画「駅までの道をおしえて」(19年秋公開予定)で映画、ドラマ、舞台含めて初めて主演することが13日、分かった。 「駅までの道をおしえて」は、作家・伊集院静氏が2004年(平16)に発表した同名小説が原作で、愛犬ルーを亡くしたことを受け入れることができず、いつまでも帰りを待つ少女サヤカと、幼い息子を亡くした経験を持つ老人フセコウタローが、互いに胸に抱えた命の喪失感を2人の絆で...
»続きを読む
カテゴリー:

新海監督の娘新津ちせが伊集院静氏原作映画で初主演 - 06月13日(水)17:00 

 アニメ映画「君の名は。」で知られる新海誠監督(45)の長女で、映画「3月のライオン」にも出演した子役・新津ちせ(8)が、映画「駅までの道をおしえて」(19年秋公開予定)で映画、ドラマ、舞台含めて初めて主演することが13日、分かった。 …
カテゴリー:

新海誠監督の娘・新津ちせ、映画初主演! 伊集院静の小説が15年ぶり映画化 - 06月13日(水)17:00 

 直木賞作家・伊集院静氏の小説「駅までの道をおしえて」が映画化されることになり、新海誠監督(「君の名は。」)の娘で子役の新津ちせちゃんが映画初主演を飾ることがわかった。伊集院氏の小説が映画化されるのは、「機関車先生(2004)」以来、約15年ぶりとなる。  主人公・サヤカ(ちせちゃん)は、愛犬ルーを亡くしたことを受け入れられず、いつまでもルーの帰りを待っている少女。ある日サヤカは、幼い息子を亡くした経験を持つ老人フセコウタローが出会う。2人は絆を育み、互いに胸に抱えた“命の喪失感”を、温かい思い出に変えていく。  サヤカ役は2017年の春に、一般公募の形式でオーディションを実施。約3カ月に及ぶ選考を経て、映画「3月のライオン 前編」「3月のライオン 後編」やミュージカル「美少女戦士セーラームーン」などに出演し、話題となっていたちせちゃん(当時小学1年生)を主演に抜てきした。撮影は丸1年間、季節を追いながら行われており、“少女の成長”をリアルに感じられる物語をカメラに収めていった。  ちせちゃんは「サヤカ役を演じます、新津ちせです。サヤカは、元気いっぱいで、犬が大好きで、心のやさしい女の子です。わたしも、犬が大好きなので、サヤカ役に決まった時は本当にうれしかったです!」と喜びを語り、「撮影中、ルーと一緒に過ごせることがとっても幸せで、毎日いろんな発見があります。ルーと一緒にいっ...more
カテゴリー:

「新津ちせ」の画像

もっと見る

「新津ちせ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる