「新時代」とは?

関連ニュース

【日中翻訳学院設10周年記念出版第一弾!】福田康夫元首相、日本僑報社の近刊予定『習近平はかく語りき』に推薦文寄せる - 07月18日(水)14:00 

【日本僑報社発】中国の習近平国家主席の珠玉の演説から「新時代」を迎えた中国のキーワードを知る、日本僑報社の近刊予定『習近平はかく語りき』(原題『習近平講故事』、人民出版社)にこのほど、福田康夫元首相から「推薦のことば」が寄せられた。
カテゴリー:

フランス革命の成就、共和国サッカーで手にしたW杯制覇 - 07月16日(月)18:08 

サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)の決勝戦が、7月15日(日)に行われた。フランス代表がクロアチア代表を4-2で下し、1998年大会以来となる2回目の優勝を果たしている。 【写真を見る】決勝キックオフ前のセレモニー。ロナウジーニョらも登場 フランス建国記念日の翌日に、世界王座を奪還したのだから趣き深い。フランス革命のごとく、初優勝からの20年間、チームは大きな変革期にあった。 かつてのフランスには、ミシェル・プラティニやジネディーヌ・ジダンのように、この選手がいないと成り立たないという“絶対君主”がいた。チームの顔を存分に引き立たせるサッカーで、実際に大きな成果もあげてきた。 ところが、今回のチームはアントワーヌ・グリーズマンやポール・ポグバ、キリアン・ムバッペといった大駒はそろっているものの、特定の選手に依存するサッカーではなかった。 象徴的だったのは、決勝の55分に行われたエンゴロ・カンテの交代か。 今回のフランスにおいて、最も替えの利かない選手をあえて挙げるとすればグリーズマンやポグバ、ムバッペではなくカンテだったと思われる。決勝までの6試合でも、フランスではラファエル・ヴァランと2人だけ全試合にフル出場。豪華な役者がそろうなかでの黒子であり、中盤での汚れ仕事を一手に引き受ける大黒柱でもあった。 ところが、決勝ではクロアチアの中盤に振り回されるばかり。ディディエ・デシャ...more
カテゴリー:

華麗かつ泥臭い一撃でW杯初の3位、ベルギーの「成功に満ちた旅」の終わり - 07月16日(月)11:41 

サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)の3位決定戦、ベルギー代表はイングランド代表と対戦し、2-0と勝利。同国の史上最上位となる3位で大会を終えた。 【写真を見る】アザールの隣で大会を振り返るロベルト・マルティネス監督「本当に素晴らしい旅だった。本当に成功に満ちた旅だった」 両チームの先発メンバーは、22人のうちイングランド・プレミアリーグのクラブに19人が籍を置く構成となった。 かつてJリーグでも、日本人選手選抜と外国籍選手選抜が対戦していた「JOMO CUP Jリーグドリームマッチ」というオールスターマッチが行われていたが、今回はさながらプレミアリーグの“イングランド選抜”と“ベルギー選抜”の激突、といったところか。 クラブでのチームメートが相手にいるのはもちろん、ピッチに散らばっているのは日々の試合でしのぎを削る選手ばかり。しかも、両チームはグループステージでも同居。出場選手は異なったものの、ほんの2週間ほど前にも激突している。 互いに手の内を知り尽くしているような対戦で、結果的に決勝ゴールとなる先制点を挙げたのは、フランスのパリ・サンジェルマンに所属する、“非プレミア勢”のトーマス・ムニエ。ちなみに、グループステージでの対戦で決勝弾を挙げたのも、スペインのレアル・ソシエダ在籍のアドナン・ヤヌザイだったりする。 開始早々の4分に、GKティボー・クルトワのロングキックを、左サ...more
カテゴリー:

是枝監督だけじゃない! 世界も注目する日本人映画監督は? - 07月14日(土)07:00 

日本だけでなく世界からも注目度の高い実力派映画監督を、映画ライターのよしひろまさみちさんがレクチャー。個性あふれる作風はもちろん、おすすめの作品もあわせてチェックして。 たくさんの日本人映画監督が活躍するなか、今回、よしひろまさみちさんがピックアップした方々に共通しているのは、「0から1を生み出すことができる」監督であるということ。 「是枝裕和監督もそうですが、原作や脚本を自身で手がけている、作家としての力がある監督を挙げました。動画がこれだけ身近になった今、1を100にできる人はいくらでもいるし、今の日本映画は原作ものばかりというのもその証拠。でも、0から物語を生み出すことができる人は少なく、今後、間違いなく活躍していくと思います。また、もうひとつ共通しているのが、高い演出力を持っていること。“自分がどんな絵を撮りたいか”ということがちゃんと見えていて、俳優に演技をまかせずちゃんと導き、ときには俳優の殻を破らせることができる。そういう、きちんとした映画作りができる方ばかりです」(映画ライター・よしひろまさみちさん) ここでは、監督たちのプロフィールや、今までの作品の特徴、よしひろさんが推薦する観るべき作品を紹介。今のうちに勉強を! 入江 悠 娯楽エンタメ作品が得意。若手の育成にも尽力中。 「日本大学藝術学部の映画学科出身という、ザ・映画畑の人。新人監督の登竜門といわれていた『ゆ...more
カテゴリー:

「肩メロン」「阿修羅像」…『ボディビルの掛け声辞典』はキレてるワードが満載 - 07月12日(木)12:53 

 鍛え抜かれた肉体美を披露するボディビルのコンテスト。そこで飛び交う「かけ声」をまとめた『ボディビルの掛け声辞典』が発売された。監修は、日本最大のボディビル競技運営組織「日本ボディビル・フィットネス連盟」。競技者に送られる「切れてるよ」「肩にちっちゃいジープのせてんのかい」など、センスあふれるボディビル言語が、キレキレボディ写真とともにフルカラーで紹介されている。 【写真】「新時代の幕開けだ!」など言ってみたくなるかけ声の数々  ボディビルのかけ声とは、コンテスト会場の一体感を醸し出す必須事項。本書では、独自の進化を遂げているかけ声を厳選し、「ほめる」「たとえる」「超上級」に振り分けて紹介。よく聞くワード以外にも、「阿修羅像」や「プロポーションおばけ」「石油王」など、筋肉を表現したワードとは思えないものも。  かけ声以外にも「ボディビルってなに?」「競技と大会のルール」「大会で使われるポーズ」などの基礎知識も紹介。税抜1400円、フルカラー96ページ。 【関連記事】 【筋肉写真まとめ】美女たちも「切れてる!」鍛錬で級力の肉体美を追求 【写真】ゆんころ超絶美筋! ムッキムキの肩と腹筋がヤバイ…筋トレ以前のビフォー写真も! 【写真】ギャップにドキリッ 松岡茉優のバキバキに割れた腹筋 【写真】市原隼人の妻・向山志穂、腹筋割れた抜群のプロポーション 【写真】ガチすぎる!『スト2』...more
カテゴリー:

夏の甲子園「指定席化」と「チケット転売」問題でファンから大ブーイング! - 07月17日(火)06:00 

野球少年が招待されるドリームシートを中心にバックネット裏の約5000席が指定化。すでに高額転売が問題になっている今夏で100回大会となる全国高校野球選手権大会。歴史的な節目に、スタンドにも「新時代」の波が押し寄せている。今大会から甲子園球場のバックネット裏のおよそ5000席が「中央特別自由席」から、「中央特別指定席」に変更。この区分のみ、ネットでの前売り指定化されたのだ。なぜ指定席になったのか。背景にあるのは近年高まりを見せている高校野球人気だ。ある高校野球ファンはこう証言する。「早稲田実業の清宮幸太郎(現・日本ハム)が3年前に初めて甲子園に出た日は、阪神電車の始発が超満員のすし詰め状態。甲子園の入場券売り場は見たこともないような長蛇の列でとんでもない大混雑になりました」また、「席取り」が過熱したのも理由のひとつ。前列を確保しようと泊まり込みで並ぶファンの間でトラブルが勃発。席を確保するためタオルで座席を覆うファンのマナーも問題視された。さらに今大会では入場料の大幅な値上げも実施。中央特別指定席は従来の2000円から2800円へ。その他の区分も軒並み値上げし、これまで無料だった外野席も500円(子供は100円)を徴収することに。主催の日本高等学校野球連盟は値上げの理由を「警備費用の増加と収益を野球振興やケガ予防策に充てるため」と公表している。このような改革に悲鳴を上げているのが甲子...more
カテゴリー:

【英国初の宇宙船基地】スコットランド半島に建設へ - 07月16日(月)16:21  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3182608?cx_part=top_latest 英国初の宇宙船基地、スコットランド半島に建設へ 2018年7月16日 15:33  発信地:ロンドン/英国 [ 英国 ヨーロッパ ] 【7月16日 AFP】英宇宙機関(UK Space Agency)は15日、同国初となる宇宙船基地の建設場所にスコットランド・サザーランド(Sutherland)北岸の半島を選定したと発表した。  英宇宙機関はスコットランドが選ばれたことについて、声明で「垂直に打ち上げられたロケットが求める通りの衛星軌道に到達できる英国で最も適した場所」と指摘。  ま...
»続きを読む
カテゴリー:

「夢中に生きる」初のW杯決勝進出を決めたクロアチアが見る者の胸を打つ理由 - 07月14日(土)11:58 

サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)の準決勝、クロアチア代表がイングランド代表と対戦し、延長戦の末に2-1と競り勝ち、初の決勝進出を決めた。 【写真を見る】クロアチアのサッカーが観る者を魅了する 今大会のクロアチアは、とにかく話題に事欠かない。 大会序盤には、途中出場を拒否したニコラ・カリニッチを追放し、ベスト4進出直後には、ドマゴイ・ヴィダがSNSで政治的発言をして、FIFAに厳重注意される事態に発展。ともにメッセージを発したコーチは解任された。 ところが、ピッチ外の騒動が逆にチームの結束を強めているかのように、ピッチ内に限ればポジティブな話題が続く。グループステージではリオネル・メッシ擁するアルゼンチン相手に3発を叩き込む完勝劇。決勝トーナメントに入ってもデンマークとの熱きPK戦を制し、勢いに乗る開催国のロシアもこちらもPKで下した。 準決勝のイングランド戦では、さすがに疲労もあってか序盤からミスが目立ち、得意の連携もどこかチグハグ。5分に見事な直接FKを叩き込まれ、早々にビハインドまで背負ってしまった。 後半に入っても攻撃が跳ね返されてばかりだったが、68分に右サイドからクロスが上がると、相手の死角に忍び込んだイバン・ペリシッチが大外から飛び出して左足を合わせて追いついた。 3試合連続で戦うことになった延長戦でも、ヘトヘトなはずなのに必死にゴールを奪いにいく。109分には...more
カテゴリー:

【サッカー】<オシム>スペインの代名詞“ティキ・タカ”に嫌悪感!「忘れ去られることを望む」「世界はもう十分だと言っている」★2 - 07月12日(木)19:35  mnewsplus

●母国メディアでロシアW杯に言及 「以前のような形でスターは出てこない」 元日本代表監督のイビチャ・オシム氏が、ボスニア・ヘルツェゴビナのメディア「SPORT」のインタビューにおいて、開催中のロシア・ワールドカップ(W杯)についてコメントした。そして、スペインサッカーの代名詞的な存在である「ティキ・タカ」を、「忘れ去られることを望む。人々を退屈にさせる」と語った。  オシム氏はオーストリアのグラーツにある自宅でインタビューに応じたという。今大会全体については「人々は新しいスターの出現を望むが…」と前...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<名将オシム>スペインの代名詞“ティキ・タカ”に嫌悪感!「忘れ去られることを望む」「世界はもう十分だと言っている」 - 07月12日(木)12:14  mnewsplus

●母国メディアでロシアW杯に言及 「以前のような形でスターは出てこない」 元日本代表監督のイビチャ・オシム氏が、ボスニア・ヘルツェゴビナのメディア「SPORT」のインタビューにおいて、開催中のロシア・ワールドカップ(W杯)についてコメントした。そして、スペインサッカーの代名詞的な存在である「ティキ・タカ」を、「忘れ去られることを望む。人々を退屈にさせる」と語った。  オシム氏はオーストリアのグラーツにある自宅でインタビューに応じたという。今大会全体については「人々は新しいスターの出現を望むが…」と前...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「新時代」の画像

もっと見る

「新時代」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる