「振付師」とは?

関連ニュース

【芸能】ベッキー&ジェシカ姉妹“美共演” テーマは「女は、進化する」 - 07月18日(水)05:08  mnewsplus

2018-07-18 05:00 ベッキー&ジェシカ姉妹“美共演” テーマは「女は、進化する」  タレントのベッキー(34)と、妹でダンサー・振付師のジェシカ(33)姉妹が、昨年、創刊150年を迎えたニューヨーク発の女性ファッション誌『Harper`s BAZAAR』(ハースト婦人画報)の日本版9月号(7月20日発売)に登場する。  2人は、秋の最旬カラーをまとい、ビューティ特集「女は、進化する」に登場。「性格は真逆」といいながらも、息ぴったりの撮影で姉妹のプライベートビューティトークも展開する。  9月からはじまる初の個展開催や、次...
»続きを読む
カテゴリー:

バブリーダンス生みの親が語る、「衝撃を受けた」ダンスとは? - 07月16日(月)19:00 

日本が世界に誇る各界の“知のフロントランナー”を講師に迎え、未来の日本人たちに向けてアカデミックな授業をお届けするTOKYO FMの番組「未来授業」。6月14日(木)の授業講師には、振付師で大阪府立登美丘高校ダンス部コーチのakaneさんが登場。 akaneさん akaneさんといえば、荻野目洋子さんのヒット曲「ダンシングヒーロー」にのせて、1980年代に流行したワンレン&ボディコン姿の高校生たちが踊る「バブリーダンス」の生みの親です。そんなakaneさんにお話を伺い、4回にわたってオンエア。 1時間目の「バブリーダンスはなぜ弾けたか」、2時間目の「スレスレを狙え!」、3時間目の「日本一のダンス部になるために」に続き、未来授業4時間目となるこの日の放送では、「ダンスを“作る”という仕事」をテーマに、振付師という職業について、さらには将来の夢を伺いました。 ダンサーになりたいという一心で大学に進学し、上京したakaneさんでしたが、客観的に自身のダンスを分析したときに、「ダンサーとして表舞台に立つよりも、裏方としてやっていきたいと思うようになった」と振り返ります。踊ることが大好きで、それと同じくらい昔からダンスを作ることも好きだったakaneさんにとって、その思いは日増しに強くなっていったそうです。 大阪府立登美丘高校ダンス部コーチとして手腕を発揮する傍ら、振付師としても活躍...more
カテゴリー:

ダンス界の先駆者シッキンが語る振付の潮流 三浦大知との「特別な」出会いも - 07月16日(月)10:00 

 結成10周年を迎えた昨年、三浦大知のバックダンサーとしてフジテレビ系『めちゃ×2イケてるッ!』特番に出演、大みそかのNHK紅白歌合戦では無音シンクロダンスを披露するなど存在感を発揮した4人組ダンスパフォーマンスチーム“シッキン”ことs**t kingz。人気アーティストの振付師としても活躍するダンス界のパイオニアに、チームの方向性に影響を与えた出会いや振付の潮流、9月に開幕する2年ぶりとなる新作公演についても聞いた。 【個別ショット】マツコも絶賛するs**t kingzのメンバーたち ◆ジャニーズ、東方神起、AAAら振付は160曲以上 ――いまや三浦大知さんのMVやライブには欠かせない存在ですが、振付師としてs**t kingzを知っている方や知らず知らずのうちに作品に触れている方も多いと思います。これまで160曲以上の振り付けを担当し、ジャニーズ勢、東方神起やEXO、AAA、w-inds.、超特急などなど、枚挙にいとまがないほど人気アーティストを手がけていますが、振付を始めたきっかけは? 【shoji】それぞれバックダンサーをしていたつながりで、2007年に結成して間もない08~09年頃から個人個人では振付をしてはいたんですが、s**t kingzとしてはどうだったっけ? 【Oguri】2010年のBoAちゃんのクリスマスライブが最初かな。そのライブの前にKazukiが...more
カテゴリー:

「バブリーダンス」はなぜバズった? 登美丘高校ダンス部コーチが語る - 07月14日(土)14:00 

日本が世界に誇る各界の“知のフロントランナー”を講師に迎え、未来の日本人たちに向けてアカデミックな授業をお届けするTOKYO FMの番組「未来授業」。6月11日(月)の授業講師には、振付師で大阪府立登美丘高校ダンス部コーチのakaneさんが登場。 akaneさん akaneさんは、荻野目洋子さんのヒット曲「ダンシングヒーロー」にのせて、1980年代に流行したワンレン&ボディコン姿の高校生たちが踊る「バブリーダンス」の生みの親です。YouTubeで動画を公開するや否や爆発的な再生回数を記録し、「ダンシングヒーロー」再ブレイクのきっかけの1つとなりました。 そんなakaneさんにお話を伺い、4回にわたってオンエア。未来授業1時間目となるこの日の放送では、「バブリーダンスはなぜ弾けたか」をテーマに伺いました。 そもそも「バブリーダンス」を思い付いたのは、ダンサー仲間との忘年会がきっかけだったとakaneさん。アシスタントとチームを組んで、バブル時代のファッションを身にまとい「ダンシングヒーロー」を踊ったところ、大ウケだったとか。 登美丘高校ダンス部のコーチを担当しているakaneさんは、2017年3月に開催を控えていた大会用のダンスを考えていたとき、忘年会でウケた「バブリーダンス」のことをふと思い出したそうです。 「このダンスを40~50人で披露したら面白いんじゃないか、と思う...more
カテゴリー:

ホイットニー・ヒューストン、知られざる苦悩と歩んだ軌跡ードキュメンタリー映画制作秘話 - 07月11日(水)13:00 

全米で物議を醸しているホイットニー・ヒューストンの新作ドキュメンタリー映画『Whitney(原題)』。映画監督ケビン・マクドナルドはいかにして、歌姫の転落を赤裸々に描き出したのか?そしてなぜ、彼女を虐待した加害者の実名を公開したのか?映画の制作秘話からホイットニーが歩んだ人生を探る。長らくホイットニー・ヒューストンのもとで映画出演のエージェントを務めてきたニコール・デイビッドには、彼女の半生を描いたドキュメンタリー映画『Whitney』(全米で7月6日公開)をプロデュースするにあたり、目的が2つあった。「声は最高で見た目もキレイだけど、文句ばかり言ってる女の子、という世間のイメージを変えたかったんです。それに私自身、こんなに才能に恵まれた人間が、なぜこの世を去らなきゃいけなかったのか、きちんと理解したかった。私は何もわかってなかったんです――あの場にいたのに」プロジェクトのかじ取り役として彼女が起用したのは、映画監督のケビン・マクドナルド。ボブ・マーリーのドキュメンタリー映画『ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド』や、実話を元にしたオスカー受賞作『ラストキング・オブ・スコットランド』を手掛けた人物だ。当初、監督はあまり興味を示さなかった。「(ホイットニーに関して)知っていることといえば、タブロイド紙の記事ぐらい」とマクドナルド監督。「彼女はあまりにも荒んだ状態だったから、正直う...more
カテゴリー:

ベッキー&ジェシカ姉妹美共演 テーマは「女は、進化する」 - 07月18日(水)05:00 

 タレントのベッキー(34)と、妹でダンサー・振付師のジェシカ(33)姉妹が、昨年、創刊150年を迎えたニューヨーク発の女性ファッション誌『Harper`s BAZAAR』(ハースト婦人画報)の日本版9月号(7月20日発売)に登場する。 【写真】妹・ジェシカとランウェイを歩くベッキー  2人は、秋の最旬カラーをまとい、ビューティ特集「女は、進化する」に登場。「性格は真逆」といいながらも、息ぴったりの撮影で姉妹のプライベートビューティトークも展開する。  9月からはじまる初の個展開催や、次世代セレクトショップ『STUDIOUS』とのコラボなど、ファッション面でも幅広く活動している中のベッキーは撮影を終え「今回、妹のジェシカとハーパーズバザーさんの撮影をさせていただき、本当に、本当に、うれしかったです。一流スタッフのみなさんに素敵な世界観を作っていただき、私たちも姉妹で気持ちが入りました。ありがとうございます!」と感謝。  妹のジェシカは「今回このような素敵な撮影に参加させて頂けた事、そして『女は進化する』というテーマが今の時代に大切なメッセージだと思い、撮影がものすごい自分にとって深いものになりました」と撮影を回顧。  「まさに女性のエンパワーメント。より強く、より美しく、進化していく。現場では上半身しか映らないカットもヒールを履くなど、内から出る女性らしい気持ちを大切に撮...more
カテゴリー:

バブリーダンス登美丘高校ダンス部を「日本一」にしたコーチの指導法 - 07月16日(月)11:00 

日本が世界に誇る各界の“知のフロントランナー”を講師に迎え、未来の日本人たちに向けてアカデミックな授業をお届けするTOKYO FMの番組「未来授業」。6月13日(水)の授業講師には、振付師で大阪府立登美丘高校ダンス部コーチのakaneさんが登場。 akaneさん akaneさんといえば、荻野目洋子さんのヒット曲「ダンシングヒーロー」にのせて、1980年代に流行したワンレン&ボディコン姿の高校生たちが踊る「バブリーダンス」の生みの親です。そんなakaneさんにお話を伺い、4回にわたってオンエア。 1時間目の「バブリーダンスはなぜ弾けたか」、2時間目の「スレスレを狙え!」に続き、未来授業3時間目となるこの日の放送では、「日本一のダンス部になるために」をテーマに、akaneさんのダンスとの出会いや登美丘高校ダンス部について伺いました。 akaneさんがダンスを始めたのは3歳のとき。保育園でお遊戯をするakaneさんの姿を見た母親の勧めでダンススクールに通うようになったそうです。さらに、そのことがきっかけで、保育園の先生から「お遊戯のダンスを一緒に作ろう」と頼まれ、フラメンコ風のダンスを初めて創作したとか。 その後、入学した高校にはダンス同好会があったそうですが、akaneさんは「“ダンス部”を創部してほしい」と学校に直訴。そして、高校2年生のときに晴れてダンス部が創部されました。そ...more
カテゴリー:

バブリーダンス生みの親akane「ダサいとイケてるは紙一重」 - 07月15日(日)14:00 

日本が世界に誇る各界の“知のフロントランナー”を講師に迎え、未来の日本人たちに向けてアカデミックな授業をお届けするTOKYO FMの番組「未来授業」。6月12日(火)の授業講師には、振付師で大阪府立登美丘高校ダンス部コーチのakaneさんが登場。 akaneさん akaneさんは、荻野目洋子さんのヒット曲「ダンシングヒーロー」にのせて、1980年代に流行したワンレン&ボディコン姿の高校生たちが踊る「バブリーダンス」の生みの親です。 そんなakaneさんにお話を伺い、4回にわたってオンエア。前回の「バブリーダンスはなぜ弾けたか」のお話に続き、未来授業2時間目となるこの日の放送では、「スレスレを狙え!」をテーマに、バブリーダンスを作り上げたakaneさんの振り付けの秘密について伺いました。 akaneさん曰く、ダンスで面白いことを表現するのは非常に難しいそうで、「思い切りやり過ぎては、観ているお客さんが引いてしまい、逆にやらなさ過ぎても伝わらない」そうです。akaneさんは、いつもそのスレスレのラインを狙うのだとか。 例えば、バブリーダンスでは顔の細部まで面白くしたいという思いから、眉毛を下げたり、敢えて真顔で踊ってみたり……。さらに扇子を振るポーズは生徒たちに考えさせて「面白いと思ったものを採用していった」と振り返ります。 なかでも平野ノラさんの台詞部分(の振り付け)は難しか...more
カテゴリー:

『別冊カドカワ』の欅坂46総力特集第1弾が初登場TOP10入り - 07月13日(金)04:00 

 今週発表の最新7/16付BOOKランキング(集計期間:7月2日~7月8日)では、『別冊カドカワ 総力特集 欅坂46 20180703』(KADOKAWA/7月3日発売)が、週間1.5万部を売り上げ初登場6位にランクインした。『別冊カドカワ』作品のこれまでの同ランキングTOP10入りは、2009年6月発売のユニコーン特集、2009年7月発売の福山雅治特集と、乃木坂46特集の第1弾から第4弾の4作に続き7作目となる。 【動画】16歳・平手友理奈、赤ルージュで大人の顔 ソロ曲も披露  本作は、『別冊カドカワ』による欅坂46の総力特集第1弾作品。巻頭グラビア、巻末グラビアに登場している渡邉理佐、菅井友香のロングインタービューから、欅坂46のライブをソロとグループ内ユニットから紐解く第1特集、欅坂46を「モデル」としての視点から紹介する第2特集のほか、欅坂46の振付を多く担当している振付師のTAKAHIRO氏、ライブ演出を手がける演出家・野村裕紀氏のクリエイターインタビュー、欅坂46ファンだと公言している小説家で、『ストロベリーナイト』などのヒットで知られる誉田哲也(ほんだ てつや)氏をスペシャルゲストに迎えるなど、多彩な内容となっている。  その他、今週のBOOKランキングは、人気コミック『ONE PIECE』のトビラ絵をまとめた第2弾『ONE PIECE DOORS! 2』(著:...more
カテゴリー:

「振付師」の画像

もっと見る

「振付師」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる