「押谷仁」とは?

関連ニュース

【コロナ】「新型肺炎まだ流行ではない」なぜか事態を小さく見せたがる厚労省・・・対策遅れの元凶 ★2 - 02月16日(日)16:19  newsplus

新型肺炎の新たな広がりが確認された。神奈川県では国内で初の死亡者が確認され、感染した医師が勤務していた和歌山県内の病院を受診していた70代の男性から陽性反応が出た。院内感染の可能性がある。 いずれも感染経路はわかっていない。東北大の押谷仁教授は「中国との接点を追えない人が感染しているのであれば、かなりの規模の感染者が周囲にいる可能性があります。感染の封じ込めは不可能でしょう」と話した。 ※中略 しかし、厚生労働省の加藤勝信大臣は「現時点で流行していると判断する疫学的な情報が集まっていない...
»続きを読む
カテゴリー:

国内「見えない流行」顕在化/新型肺炎 東北大大学院医学系研究科 押谷仁教授に聞く - 02月15日(土)06:05 

中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染拡大が続き、国内でも死者が出た。今後必要となる対策は何か。世界保健機関(WHO)で、2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)の対策に当たった東北大大学
カテゴリー:

【新型肺炎】「三次感染以上の可能性。すでに市中で感染拡大か」「事態は新たな段階に」…専門家が見解 - 02月14日(金)13:47  newsplus

東京都や神奈川県、和歌山県などで相次ぐ新型コロナウイルスの感染について、専門家は「市中で感染が拡大している恐れがある」と指摘する。人混みを避けたり、手洗いを励行したりして感染予防に引き続き努めるよう呼びかける一方、軽症で済む場合も多いことから冷静な対応も求めている。 東北大の押谷仁教授(ウイルス学)は、和歌山県などで感染が確認されたことに対し、「中国人との接触や中国への渡航歴がないのであれば、三次感染以上でウイルスに感染した可能性が高い。既に市中で感染がひろがり、事態が新たな段階に入ったこと...
»続きを読む
カテゴリー:

【コロナ】大学教授「感染経路の把握が困難。国内でも感染経路が追えない「見えない感染」が広がっていたことが明確になった」★3 - 02月14日(金)01:33  newsplus

 押谷仁・東北大教授(ウイルス学)は、和歌山県内の感染を受けて「感染経路のリンクが切れた事例の可能性がある。少なくとも、国内でも感染経路が追えない『見えない感染』が広がっていたことが明確になった」と話す。  これまでは、武漢市のある湖北省からの渡航者やその接触者を中心にウイルス検査が行われてきたが、「頭を切り替えるフェーズ(局面)になった」。  すでにこれらの地域から渡航はできなくなっている。「これからは、ウイルス性肺炎が複数発症しているといった兆候を素早く見つけ、新型コロナウイルスへの感...
»続きを読む
カテゴリー:

【COVID-19】世界的権威の押谷仁 東北大教授「非常に厄介なウイルス」「楽観論に流されるな」 - 02月14日(金)00:50  liveplus

1 このウイルスは相当程度ヒトからヒトへの感染力が高い。 2 日本国内でも地域内での感染連鎖が進行している可能性。 3 非常に厄介なウイルス。 4「過度に恐れずにインフルエンザと同じような対応を」というメッセージを伝えるだけで  このウイルスにたち向かうことができるとは私は考えていない。そもそも、このウイルス  は明らかに季節性インフルエンザと同じではない。 5 中国では50-60代の人も多く亡くなっており、30-40代の人の死亡も報告されてい  る。決して侮ってはいけないウイルス。 6 今、我々が最...
»続きを読む
カテゴリー:

【コロナ】「新型肺炎まだ流行ではない」なぜか事態を小さく見せたがる厚労省・・・対策遅れの元凶 - 02月16日(日)14:58  newsplus

新型肺炎の新たな広がりが確認された。神奈川県では国内で初の死亡者が確認され、感染した医師が勤務していた和歌山県内の病院を受診していた70代の男性から陽性反応が出た。院内感染の可能性がある。 いずれも感染経路はわかっていない。東北大の押谷仁教授は「中国との接点を追えない人が感染しているのであれば、かなりの規模の感染者が周囲にいる可能性があります。感染の封じ込めは不可能でしょう」と話した。 ※中略 しかし、厚生労働省の加藤勝信大臣は「現時点で流行していると判断する疫学的な情報が集まっていない」と流...
»続きを読む
カテゴリー:

【新型肺炎】「三次感染以上の可能性。すでに市中で感染拡大か」「事態は新たな段階に」…専門家が見解 ★2 - 02月14日(金)14:48  newsplus

東京都や神奈川県、和歌山県などで相次ぐ新型コロナウイルスの感染について、専門家は「市中で感染が拡大している恐れがある」と指摘する。人混みを避けたり、手洗いを励行したりして感染予防に引き続き努めるよう呼びかける一方、軽症で済む場合も多いことから冷静な対応も求めている。 東北大の押谷仁教授(ウイルス学)は、和歌山県などで感染が確認されたことに対し、「中国人との接触や中国への渡航歴がないのであれば、三次感染以上でウイルスに感染した可能性が高い。既に市中で感染がひろがり、事態が新たな段階に入ったこと...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】ウイルス学の最高権威「すまん、これもう感染経路の把握が不可能な状態にある可能性がある。これから先どうなるか、わからない」 - 02月14日(金)11:54  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/anime_onigiri04.gif 新型コロナ「見えない感染明確」 2020年2月13日 22時28分 写真:朝日新聞デジタル 押谷仁・東北大教授(ウイルス学)は、和歌山県内の感染を受けて「感染経路のリンクが切れた事例の可能性がある。 少なくとも、国内でも感染経路が追えない『見えない感染』が広がっていたことが明確になった」と話す。 http://news.livedoor.com/lite/article_detail/17813444/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】学者「すまん、これもう感染経路の把握が不可能な状態にある可能性がある。国内でもう「見えない感染」が始まっている」★3 - 02月14日(金)00:59  poverty

新型コロナ「見えない感染明確」 2020年2月13日 22時28分 写真:朝日新聞デジタル 押谷仁・東北大教授(ウイルス学)は、和歌山県内の感染を受けて「感染経路のリンクが切れた事例の可能性がある。 少なくとも、国内でも感染経路が追えない『見えない感染』が広がっていたことが明確になった」と話す。 http://news.livedoor.com/lite/article_detail/17813444/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

【コロナ】大学教授「感染経路の把握が困難。国内でも感染経路が追えない「見えない感染」が広がっていたことが明確になった」★2 - 02月14日(金)00:32  newsplus

 押谷仁・東北大教授(ウイルス学)は、和歌山県内の感染を受けて「感染経路のリンクが切れた事例の可能性がある。少なくとも、国内でも感染経路が追えない『見えない感染』が広がっていたことが明確になった」と話す。  これまでは、武漢市のある湖北省からの渡航者やその接触者を中心にウイルス検査が行われてきたが、「頭を切り替えるフェーズ(局面)になった」。  すでにこれらの地域から渡航はできなくなっている。「これからは、ウイルス性肺炎が複数発症しているといった兆候を素早く見つけ、新型コロナウイルスへの感...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「押谷仁」の画像

もっと見る

「押谷仁」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる