「投資部門」とは?

関連ニュース

マーサー、IRRIサーベイのESG投資コンサルティング分野ランキング1位 - 会社、個人両部門で受賞 - 05月18日(金)16:00 

グローバル・コンサルティング会社であるマーサーは、責任投資に関する調査であるIRRIサーベイ2017 (Independent Research in Responsible Investment Survey) において、グローバル責任投資部門が評価され、持続可能な責任投資のカテゴリーで資産運用コンサルティング会社として1位となったことを発表した。また、同カテゴリーの個人部門上位20名に、マーサー在籍のコンサルタント6名がランクインした。IRRIサーベイが責任投資コンサルタントのランキングを発表したのは今回が初である。
カテゴリー:

テレ東ビジネスドラマ第2弾に仲村トオル、椎名桔平、水野美紀ら豪華キャスト集結 - 05月18日(金)06:04 

俳優の仲村トオルが、テレビ東京系7月クールの新ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』(毎週月曜22:00~)で主演を務めることがわかった。同局では、今年4月より新ドラマ枠「ドラマBiz」がスタート。“働く”をテーマとし、働くすべての人へ向けた上質で本格的なビジネスヒューマンドラマを放送中だ。その記念すべき第2弾のとなる『ラストチャンス再生請負人』のテーマは、「会社の再生(再建)と人の再生」。第一線で活躍していた銀行マンが、長年勤めた銀行の合併を機に人生を見つめなおし、転職を決意。異業界で会社再建に奮闘する波乱万丈な日々がドラマチックに描かれる。主演の仲村が演じるのは、大手都市銀行に勤めていたが、財閥系銀行との合併を機に、中華やイタリアンなど様々な業態を展開する飲食フランチャイズ企業「デリシャス・フード」のCFO(最高財務責任者)へ転身した樫村徹夫。しかし、「デリシャス・フード」の経営状態は芳しくなく、就任早々、ピンチの連続に見舞われ、企業再建に奮闘するという役どころだ。そして、樫村の元同期で企業コンサルタントに転身した宮内亮役に、椎名桔平が決定。元同期として切磋琢磨してきた樫村と宮内の関係性がどう変化していくのかも、見どころの1つとなる。さらに、和田正人、大谷亮平、町田啓太の若手実力派から、勝村政信、本田博太郎、石井正則、嶋田久作、ミッキー・カーチス、竜雷太の実力派俳優、さらには、水...more
カテゴリー:

テレ東ビジネスドラマ第2弾に仲村トオル、椎名桔平、水野美紀ら豪華キャスト集結 - 05月17日(木)17:40 

俳優の仲村トオルが、テレビ東京系7月クールの新ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』(毎週月曜22:00~)で主演を務めることがわかった。同局では、今年4月より新ドラマ枠「ドラマBiz」がスタート。“働く”をテーマとし、働くすべての人へ向けた上質で本格的なビジネスヒューマンドラマを放送中だ。その記念すべき第2弾のとなる『ラストチャンス再生請負人』のテーマは、「会社の再生(再建)と人の再生」。第一線で活躍していた銀行マンが、長年勤めた銀行の合併を機に人生を見つめなおし、転職を決意。異業界で会社再建に奮闘する波乱万丈な日々がドラマチックに描かれる。主演の仲村が演じるのは、大手都市銀行に勤めていたが、財閥系銀行との合併を機に、中華やイタリアンなど様々な業態を展開する飲食フランチャイズ企業「デリシャス・フード」のCFO(最高財務責任者)へ転身した樫村徹夫。しかし、「デリシャス・フード」の経営状態は芳しくなく、就任早々、ピンチの連続に見舞われ、企業再建に奮闘するという役どころだ。そして、樫村の元同期で企業コンサルタントに転身した宮内亮役に、椎名桔平が決定。元同期として切磋琢磨してきた樫村と宮内の関係性がどう変化していくのかも、見どころの1つとなる。さらに、和田正人、大谷亮平、町田啓太の若手実力派から、勝村政信、本田博太郎、石井正則、嶋田久作、ミッキー・カーチス、竜雷太の実力派俳優、さらには、水...more
カテゴリー:

仲村トオル主演、江上剛氏の 『ラストチャンス 再生請負人』連ドラ化 - 05月18日(金)07:07 

 テレビ東京で4月よりスタートした新ドラマ枠「ドラマBiz」。現在、江口洋介主演の『ヘッドハンター』(毎週月曜 後10:00)が放送中だが、7月スタートの第2弾は、江上剛氏の同名小説(講談社文庫)が原作の『ラストチャンス 再生請負人』と発表された。主演は同局の連続ドラマ初主演となる仲村トオル。そのほかのキャストも一気に発表された。 【写真】今回、発表された主な出演者の個別写真  同ドラマのテーマは、「会社の再生(再建)と人の再生」。第一線で活躍していた銀行マンが、長年勤めた銀行の合併を機に人生を見つめ直し、転職を決意。異業界で会社再建に奮闘する波乱万丈な日々をドラマチックに描く。  第一勧業(現みずほ)銀行時代、1997年の総会屋事件の解決に尽力し、事件を題材にした映画『金融腐蝕列島呪縛』登場人物のモデルにもなった小説家、江上氏の原作は、人生の七味(うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみ)を次々に浴び、もがき苦しみながらも、会社の再建に力を注ぎ、皆を引っ張っていく主人公の姿が、多くの読者に勇気を与える会心作。今回、初めて映像化される。  主人公・樫村徹夫は、大手都市銀行に勤めていたが、財閥系銀行との合併を機に、中華やイタリアンなどさまざまな業態を展開する飲食フランチャイズ企業「デリシャス・フード」のCFO(最高財務責任者)へ転身。しかし、「デリシャス・フー...more
カテゴリー:

テレ東が7月クールに骨太ドラマを送る!仲村トオル主演「ラストチャンス」放送決定 - 05月18日(金)06:00 

テレビ東京系ほかでは、7月クールのドラマ Biz枠で、仲村トオル主演「ラストチャンス 再生請負人」を放送することが分かった。 【写真を見る】原作は江上剛の同名小説「ラストチャンス 再生請負人」/(C)講談社文庫 同作品のテーマは、「会社の再生(再建)と人の再生」。第一線で活躍していた銀行マン・樫村(仲村トオル)が、長年勤めた銀行の合併を機に人生を見つめなおし、転職を決意。異業界で会社再建に奮闘する姿を波乱万丈に描く。 原作は、第一勧業(現みずほ)銀行時代、97年の総会屋事件の解決に尽力し、事件を題材にした映画「金融腐蝕列島呪縛」のモデルにもなった小説家、江上剛の「ラストチャンス 再生請負人」(講談社文庫刊)。 人生の七味(うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみ)を次々に浴び、もがき苦しみながらも、会社の再建に力を注ぎ、皆を引っ張っていく主人公の姿が、多くの方に勇気を与えるドラマとなっている。 ■ 樫村徹夫役/仲村トオルコメント 【役どころ】 ちとせ銀行の投資部門で実績を残し、順風満帆な行員人生を送っていた男。しかし、菱光銀行との合併が発表され、人生が一変する。人生の行き先を見失った樫村に「デリシャス・フード」という大手飲食フランチャイズ企業の再建に声が掛かる。 【コメント】 今回は大手飲食チェーンの社長の役ですが、これだけの大企業の社長の役は初めてです。 多くの社...more
カテゴリー:

「投資部門」の画像

もっと見る

「投資部門」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる