「技術開発」とは?

関連ニュース

メルカリ上場はどれだけ凄い? LINE、DeNA、ミクシィetc.の上場時と比べてみた - 06月23日(土)15:52 

 フリーマーケットアプリ国内最大手のメルカリが19日に東証マザーズに上場した。株式公募価格が3000円だったのに対し、初値は5000円をつけた。海外投資家からの注目度も高かったといい、応募倍率は国内外で35倍にまで跳ね上がった。終値は5300円にまで上昇し、メルカリ上場に伴う市場からの資金調達額は1300億円だった。今年最大の上場となり、市場の関係者からは「異様な熱気だった」との声も上がる。  そもそもメルカリは上場前の企業価値の推定評価額が10億ドル(約1100億円)を超える「ユニコーン」企業として注目されていた。ユニコーン企業が数十~100社を超える、米国や中国に比べて、日本は大きなベンチャーが少ない。日本でユニコーンが上場するのはメルカリが初めてのことだった。  しかし、アプリの利用者がネット上のフリーマーケットに盗品を出品するといったトラブルがおき、東証の審査が長引いていたという。この待ちに待った上場は、市場を大きく揺るがした。  そんな、メルカリの上場劇だったが、他のIT企業の上場時と比べるとどうだったのだろうか。 ◆LINE、DeNA、サイバーエージェント……人気IT企業の上場当時は?  今では日本人の生活になくてはらならいツールとなった、対話アプリのLINEが東証1部に上場したのは、最初の上場申請をしてから2年後の、2016年7月15日だった。ラインはその1...more
カテゴリー:

東海道新幹線N700S、東京地区で初の日中試運転 東京~新大阪間を2往復 - 06月23日(土)11:04 

東海道新幹線の新型車両N700Sの確認試験車J0編成がきょう6月23日、走行試験のため東京駅に姿を現した。 N700Sは、JR東海が2020年度の東海道新幹線への営業投入を目指す新型車両で、3月20日から静岡県内などを中心に走行試験を開始。これまで通算32日間、約6,600キロメートルで走行試験を行なっている。東京地区での走行試験は6月22日が初めてとなり、同日午後10時50分頃に東京駅に初入線。大井車両基地に入庫し、きょう23日朝に再び東京駅に現れた。 N700Sは午前10時23分頃、東京駅15番線を発車。加速性能確認やすれ違い確認試験を行いながら、新大阪駅との間を2往復する。今後も引き続き基本性能試験を実施し、9月頃からはバッテリー自走システムによる走行試験、10月頃からは8両編成での走行試験を行う。 ■関連記事 鉄道技術開発の結晶、N700Sを生んだ研究施設をレポート 東海道新幹線の新型「N700S」完成 車内を初公開 投稿 東海道新幹線N700S、東京地区で初の日中試運転 東京~新大阪間を2往復 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

SARAスクールジャパンの「オーガニックフルーツコース」通信講座を新規開講しました。 - 06月22日(金)14:00 

[株式会社新生技術開発研究所] [画像: https://prtimes.jp/i/14144/489/resize/d14144-489-713015-0.jpg ] 講座内容 オーガニックフルーツ 基本コース/プラチナコースではオーガニックフルーツの基本知識から様々なフルーツの歴史から選び方...
カテゴリー:

ジヤトコ/中国江蘇省に新工場設立 - 06月21日(木)16:00 

自動車用変速機(AT/CVT)メーカーのジヤトコは6月21日、中国でのCVTの生産能力拡大のため、中国江蘇省張家港市経済技術開発区に、中国での第二のCVT生産拠点となる、ジヤトコ(蘇州)自動変速機(ジヤトコ蘇州)を設立す […]
カテゴリー:

見る角度で画像が異なる反射板の制作!ドワンゴCGリサーチ所員が「SIGGRAPH 2018」で手法を発表 - 06月21日(木)12:15 

「Fabricating Reflectors for Displaying Multiple Images」 2018年8月12日(日)から8月16日(木)まで、カナダのバンクーバーにて「SIGGRAPH 2018」が開催される。コンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する国際会議で、今年で45回目の開催。そのTechnical Papers部門において、株式会社ドワンゴの研究機関である「ドワンゴCGリサーチ」(所長:西田友是東京大学名誉教授)に所属するメンバーの学術論文が2件採択され、発表される。 「SIGGRAPH」は非常に権威のあるCG研究のカンファレンスで、毎年1万人以上の研究者や技術者が参加し、そこで発表される技術開発や研究成果は多くの3DCGソフトの開発に活用されている。今回、ドワンゴCGリサーチ所員が発表する論文は、見る角度によって異なる画像が現れる反射板の制作手法を提案する「Fabricating Reflectors for Displaying Multiple Images」と、流体アニメーションを作成するためにある流れから別の流れへ流体の詳細な動きの成分を転写する方法を提案する「Example-based Turbulence Style Transfer」だ。 「Fabricating Reflectors for Displaying Mu...more
カテゴリー:

東海道新幹線N700S、東京地区で初の日中試運転 東京~新大阪間を2往復 - 06月23日(土)11:04 

東海道新幹線の新型車両N700Sの確認試験車J0編成がきょう6月23日、走行試験のため東京駅に姿を現した。 N700Sは、JR東海が2020年度の東海道新幹線への営業投入を目指す新型車両で、3月20日から静岡県内などを中心に走行試験を開始。これまで通算32日間、約6,600キロメートルで走行試験を行なっている。東京地区での走行試験は6月22日が初めてとなり、同日午後10時50分頃に東京駅に初入線。大井車両基地に入庫し、きょう23日朝に再び東京駅に現れた。 N700Sは午前10時23分頃、東京駅15番線を発車。加速性能確認やすれ違い確認試験を行いながら、新大阪駅との間を2往復する。今後も引き続き基本性能試験を実施し、9月頃からはバッテリー自走システムによる走行試験、10月頃からは8両編成での走行試験を行う。 ■関連記事 鉄道技術開発の結晶、N700Sを生んだ研究施設をレポート 東海道新幹線の新型「N700S」完成 車内を初公開
カテゴリー:

【ビジネス】人工ダイヤで若年層狙う デビアス、180度方針転換で販売参入 - 06月22日(金)15:10  newsplus

◆人工ダイヤで若年層狙う デビアス、180度方針転換で販売参入 ダイヤモンド産出で世界最大手デビアスが、人工ダイヤの販売計画を発表した。 人工品は販売しないという従来の方針を180度転換した。 ライバルよりも安価に供給することで若年層などを取り込みたい考えだ。 デビアスは年内に米国で人工ダイヤの新ブランド「ライトボックス・ジュエリー」を立ち上げる。 価格は1カラット=800ドル(約8万8000円)程度。 同ブランドのターゲット層は、高価な宝石の購入に抵抗のある若い世代だ。 同社は今回の方針転...
»続きを読む
カテゴリー:

【宇宙】「世界一臭いフルーツ」ドリアンが宇宙へ タイ政府が実験 宇宙食開発へにおいの影響調査 - 06月22日(金)11:27  newsplus

6/22(金) 11:14配信 西日本新聞 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00010005-nishinpc-int  タイの政府機関は、「世界一臭いフルーツ」として知られるドリアンを7月中旬にロケットで宇宙へ打ち上げる実験を行う。 宇宙空間でにおいがどの程度広がるかなどのデータを入手して、タイ料理の宇宙食開発につなげたい考えだ。  ドリアンは東南アジアが原産。果実は長さ約30センチの楕円(だえん)形で外殻に硬いとげ状の突起がある。果肉は甘いが、 独特のにおいがあるため、ホテルやエレベーター、航空機などへの持ち込み...
»続きを読む
カテゴリー:

アウディとヒュンダイ、燃料電池の開発で特許クロスライセンス契約--量産化を急ぐ - 06月21日(木)15:10 

Volkswagen(VW)傘下の自動車メーカーAudiと韓国の自動車メーカーHyundai(現代自動車)は、燃料電池の技術開発で協力すると発表した。
カテゴリー:

産総研、都市鉱山活用に向けた集中研究施設「分離技術開発センター」を開設 - 06月21日(木)10:29 

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、NEDOプロジェクトにおいて、産業技術総合研究所(産総研)が、廃製品に含まれる金属資源の自動選別システムの試験装置群を導入した集中研究施設「CEDEST」を産総研つくばセンター内に開設したことを発表した。
カテゴリー:

もっと見る

「技術開発」の画像

もっと見る

「技術開発」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる