「批評家」とは?

関連ニュース

アニメ批評家の僕がゆっくりとアニメ批評 - 07月22日(日)21:27  news4vip

一作ずつおねしゃす ...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプ政策「人種差別」 日系著名批評家が痛烈批判 - 07月16日(月)11:52 

【ニューヨーク共同】米文壇で影響力を持つ日系人著名批評家ミチコ・カクタニ氏が、トランプ政権の不法移民への「不寛容政...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

大原櫻子が日芸で学んだこと「いそがしくても、大学生活は当たって砕けろ!」|あのひとの学生時代。#27 - 07月13日(金)11:00 

著名人の方々に大学時代のエピソードを伺うとともに、今の現役大学生に熱いエールを送ってもらおうという本連載。今回のゲストは、2018年3月に大学を卒業したばかりの大原櫻子さんです。女優、歌手などマルチに活躍されている大原さんは、どのような大学生活を送っていたのでしょうか? インタビュー:中田ボンベ写真:ブリッジ INDEX 1.両親の後押しで決めた大学進学 2.仕事と学業を全力で両立させた4年間 3.「当たって砕けろ」の精神で積極的に学べ! 両親の後押しで決めた大学進学 ――大原さんは今年の3月に日本大学芸術学部を卒業されましたが、そもそも、なぜ芸能界ですでに活躍をされている中で、大学に入ろうと思ったのでしょうか? 両親から「同世代の人たちと大学で共に過ごす経験や、大学生活で得た友人は、今後の人生を送る上でとても大切になるから大学には行ったほうがいい」とずっと言われていました。それもあって、高校で進路を決めるよりも前から「大学には行きたいな」と考えていましたね。 ――日本大学芸術学部を選ばれた理由は? お芝居をもっと勉強したかったことや、卒業生に芸能界で活躍されている先輩方が多くいること、それと「生徒同士でモノを作ることができること」が日芸を選んだ理由です。なので、かなり前から「日芸に行きたい」と一途に思っていました。 ――日芸ですと、例えば生徒同士で協力して映画を撮ったりしますね...more
カテゴリー:

批評家の間で話題「Beautiful Boy」の予告編公開 - 07月10日(火)20:59 

このコンテンツは FASHIONSNAP.COM が配信しています。
カテゴリー:

【ネタばれ】不倫が不倫を呼ぶ『アフェア 情事の行方』、シーズン4でも話題の語り口は健在 - 07月09日(月)20:00 

不倫をテーマにした衝撃のラブ・サスペンス『アフェア 情事の行方』は、単にエロティックなだけでなく、真実を見抜こうとする視聴者に知的興奮を与えてくれる作品だ。各エピソードを2パートに分け、それぞれ違う人物の視点から語る構成が特徴。米Showtimeで6月17日(日)よりシーズン4が始まったばかりだが、全米批評サイトRotten Tomatoesの評価では、批評家・一般視聴者ともに100%と肯定的だ。【関連記事】『The Affair』は男女の視点からそれぞれ異なるエピソードを描く新タイプ二部構成の大人の恋愛ドラマ!(※本記事は、シーズン3までのネタばれも含みますのでご注意ください)■元妻に拒絶されたノア、禁断の恋へ衝撃の展開とギリギリの倫理観が興奮を呼ぶ『アフェア 情事の行方』。シーズン2では、高校教師で小説家の主人公ノア(ドミニク・ウェスト)が、妻ヘレン(モーラ・ティアニー)が犯した罪を被って収監される。そのショッキングな展開は視聴者を驚かせた。シーズン3では、3年間服役し出所するが、家庭に戻ったノアが目にしたのは、外科医であるヴィック(オマー・メトワリー)との新しい恋を楽しむヘレンの姿。かつてノアと共に育ててきた4人の子どもたちと一緒に彼女は幸せそうな日々を送っている。一方、ノアは刑務所のトラウマに苦しみ、鎮痛剤の過剰摂取にも悩まされた上、不倫相手アリソンと進めていた結婚話も破談...more
カテゴリー:

『ナイト・マネジャー』シーズン2に、スパイ小説作家が脚本家として加わる - 07月17日(火)09:00 

トム・ヒドルストン(『アベンジャーズ』シリーズ)と『Dr.HOUSE ―ドクター・ハウス―』のヒュー・ローリーが共演したスパイドラマ『ナイト・マネジャー』。同作のシーズン2更新に向け、英BBCと米AMCが動いていることは以前お伝えしたが、その新シーズンにスパイ小説作家として有名なチャールズ・カミングが脚本家チームに加わったことが明らかになった。米Deadlineが報じている。【関連記事】英国、米国の批評家たちが絶賛、スパイ小説原作のドラマ『The Night Manager』本作は、ベストセラー作家ジョン・ル・カレによる同名小説が原作。スイスの名門ホテルでナイト・マネジャーとして勤務するジョナサン(トム)。イギリス兵だった過去を持つ武器商人リチャード(ヒュー)に愛する女性を殺されたジョナサンが、英情報部にローパーの裏ビジネスを暴くよう仕事を依頼され、任務を遂行すると同時に復讐を遂げようとするというストーリー。イギリス出身の若手新鋭脚本家マシュー・オートン(『Operation Finale(原題)』)もシーズン2から参加することも昨年発表されており、同じくイギリス出身のカミングも迎え、更なるスパイ劇が期待できる展開が見込まれる。シーズン2は、まだ正式に更新が決定しているわけではない。ただ問題は、原作者であるル・カレはこの原作の続きを執筆しておらず、当初よりテレビや映画版が勝手に原作...more
カテゴリー:

各国で絶賛!ボリウッドの実力を見せつける『聖なるゲーム』、Netflix世界展開のキーに - 07月14日(土)20:00 

躍進目覚ましいボリウッドからNetflixオリジナル作品が初登場。ハードボイルド・スリラー『聖なるゲーム』は、閑職に追いやられた警部補がムンバイ市民2100万人の命を守る、エネルギッシュなシリーズ。インドの大物俳優サイーフ・アリー・カーンを主役に迎えた本作は、全米批評サイトRotten Tomatoesで一般視聴者から96%の支持を得ており、評価も高い。【関連記事】【まとめ】2018年 Netflixで配信される新作海外ドラマ13選♦ムンバイの街、壊滅まで25日警察としての理想を追うあまり、出世街道から外れてしまった警部補サルタジ(サイーフ・アリー・カーン)。そんな彼の元に、ある日、正体不明の人物から犯行予告の電話が。発信者の正体は、ムンバイ裏社会の大物であるガイトンデ(ナワーズッディーン・シッディーキー)。その殺人歴は150件とも言われる彼だが、17年前に姿を消し、死亡説さえ流れていた。ガイトンデの予告とは、人々でごった返すムンバイの街を25日後に崩壊させるというもの。ギャングスターの突然の復帰に、ムンバイ警察は混乱状態に陥る。Xデーへのカウントダウンが進む中、裏社会との癒着や政治圧力に支配された警察組織は極めてずさんな対応を見せる。正義感の塊であるサルタジは調査から外されるが、巡査部長と諜報部の敏腕エージェントを仲間に取り込み、ムンバイの街を守るための一手に出る。♦穢れなきヒー...more
カテゴリー:

ピチピチのキャミソールで女装も披露!?シュワちゃんがはしゃぎ過ぎな殺し屋に! - 07月11日(水)18:03 

盟友シルヴェスター・スタローンの72歳のバースデーパーティに贈られたビデオメッセージで、自身の放ったジョークに爆笑しながらお祝いコメントを述べるユーモラスな姿が、アメリカのエンタメサイトで報じられたアーノルド・シュワルツェネッガー。数々の映画でもイメージそのままの快活な暴れっぷりでファンの心を掴んできた彼だが、最新作『キリング・ガンサー』(7月14日公開)では、いろんな意味でシュワちゃん史上最も“やり過ぎ”な姿を披露している!? 【写真を見る】シュワちゃんがカントリー歌手に転向?なんとも微妙な歌唱力を披露/[c] 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED [c] 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED 本作は“ガンサー”と呼ばれる世界最強の殺し屋と、彼の命を狙う暗殺者集団の壮絶な戦いをドキュメンタリータッチで描く異色のアクションコメディ。シュワちゃんは、手がかりを一切残さず、痕跡も目撃者もいない、正体不明かつ神出鬼没のガンサーを演じている。 “世界最強の殺し屋”と聞いて、『ジョン・ウィック』シリーズの主人公のようなハードボイルドな男を想像する人も多いことだろう。ところがこのガンサーは、ハードボイルドとは程遠く、むしろおちゃらけまくりな人物。 敵をライフルで始末して笑顔&カメラ目線で「大当たり!」...more
カテゴリー:

「ものすごい女優」前田敦子、黒沢清監督の国際共同製作作品の主演に決定! - 07月10日(火)08:00 

第54回カンヌ国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞するなど、国内外で高い評価を獲得しつづけている黒沢清監督がメガホンをとる、日本とウズベキスタンの国交樹立25周年とナボイ劇場完成70周年を記念した国際共同製作作品のタイトルが『旅のおわり、世界のはじまり』に正式決定。あわせて、前田敦子が主演を務めることが発表された。 【写真を見る】前田敦子を「天才」と大絶賛!黒沢清監督と3度目のタッグ/[c]2019「旅のおわり、世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO オールウズベキスタンロケで4月30日から撮影が開始され、5月29日にクランクアップを迎えた本作は、日本のテレビバラティ番組のクルーと共に取材のためにウズベキスタンを訪れた女性レポーターの葉子が、現地のコーディネーターや異文化の人々との交流によって新しい世界を開き成長していく姿を描くオリジナル作品。 前田と黒沢監督のタッグは、前田の4thシングル「セブンスコード」のミュージック・ビデオとして制作され、様々な国際映画祭で高い評価を集めた中編『Seventh Code』(14)と、黒沢監督に初の日本アカデミー賞優秀監督賞をもたらした『散歩する侵略者』(17)に続き3度目。 黒沢監督は前田の起用について「最初からなんとしても前田敦子さんに出演して頂きたいと思っていました」と語り「私にとっては『一九〇五』からの念願でもありました」と13年...more
カテゴリー:

「批評家」の画像

もっと見る

「批評家」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる