「才木玲佳」とは?

関連ニュース

イスラエル軍の「一撃必殺」格闘術クラヴマガに54歳・漫画家がガチ道場破り!? - 06月22日(金)15:00 

毎週金曜日更新のWEB連載漫画『50代の☆ リアル体験入門 ドラゴン先生格闘ロード』の第3闘で新たな挑戦が幕を開けた。プロレス(DDT)、システマに続く過酷な道場破りの舞台として、漫画家・岡村茂氏=ドラゴン先生が選んだのはクラヴマガだ! 現在54歳ながら、漫画家界No.1を自認する肉体は、直近でベンチプレス135キロ、バーベルスクワット145キロを誇り、本物の格闘家からも驚異の目で見られるほどという岡村氏。トレーニングを重ね、道場破りの決行日から逆算して酒を断ち、筋肉を完璧なコンディションに仕上げる日々…。 その挑戦の一部始終を自ら漫画に描き、週プレNEWSにて配信しているわけだが「商売道具である腕や手を負傷する」リスクをものともせず、まさに前代未聞! しかし「自分の肉体がどこまでのものか試したい、そして疲れている同世代のオジさんたちに少しでも元気を与えられれば…」と一念発起、実写画像も交えたガチなドキュメント作品は、早くも格闘技ファンから注目を集めている。 第3闘のターゲットとして、ドラゴン先生がクラヴマガを選んだのは他でもない。先日、週プレNEWSに掲載された人気女子プロレスラーで筋肉アイドル・才木玲佳(れいたん)のインタビュー記事に触発され、この格闘ロードの最終目標を「れいたんとプロレスの試合をして...more
カテゴリー:

モデル兼柔術家・東あずさ、震災から7年やっと手に入れた折れない心と肉体 - 06月15日(金)08:40 

 鍛え抜かれた肉体をもつ美女たちが、熱い戦いを繰り広げるスポーツバラエティー番組『超人女子』(木曜深夜 テレビ朝日系)。そのなかでもひときわクールな美貌で視聴者の目をくぎ付けにしているのが、アスリートモデルで柔術家の東あずさだ。2016年の「柔術家」としてのデビュー戦では、モデルの人気取りと揶揄され批判を浴びたが、果敢に挑み続け“モデル兼柔術家”という独自のポジションを手に入れた。だが、まだ道半ば。いつかは故郷である「岩手県の活性化につながる仕事したい」と語る東に話を聞いた。 【写真】体幹が鍛えられた東のしなやかボディ、美腹筋にトレーニング前のビフォー写真公開 ■多くの批判を浴びたデビュー戦 「モデルの仕事をスタートしたのは、17歳。でも、なかなか思うように自分を表現できなくて、漠然とした不安を抱えていました。私よりも容姿のいい女性はゴロゴロいるし、この世界から振り落とされないように、ただ、ただ必死でした。自分で自分の首を絞めているような感覚で、苦しかったですね」  ブラジリアン柔術との出会いは2年前、22歳のとき。モデルとしての自信を失いかけていた当時、子どもの頃から打ち込んできた柔道の経験を買われ、仕事でブラジリアン柔術に挑戦するチャンスが舞い込んだ。 「これをやれる子は、自分しかいない! その瞬間、柔術が自分の武器になることを直感しました。ちょうど東京オリンピックの...more
カテゴリー:

ロシアの最強格闘術システマの生ける伝説ミカエル・リャブコ氏に独占直撃!「生き残るのが何より大切なこと」 - 06月15日(金)15:00 

『週プレNEWS』で配信中、毎週金曜日更新のWEB連載漫画『50代の☆リアル体験入門 ドラゴン先生 格闘ロード』第2闘:システマ編が、ついに完結! システマは、旧ソ連・ロシアで兵士たちが使っていた戦闘スタイルを元内務省特殊部隊(スペツナズ)に所属していたブラディミア・ヴァシリエフとミカエル・リャブコが整備・公開した、マーシャルアーツを含むトレーニングシステム。 セルフコンディショニングや日常での危機対処法など多くの内容を含み、システマを実践している人には『生活の方法』という捉え方をする例も多い。日本でも2005年にシステマジャパンが設立され、知られるようになった。 「最強格闘術」に挙げる格闘技ファンも多いが、その創始者のひとり、ミカエル氏と、彼の第一子でシステマ・マスターであるダニール・リャブコ氏がセミナー開催のために来日。生ける伝説ともいえるミカエル氏にインタビューできるということで、そのオーラに触れるべく会場へと向かった。 『ザ・システマ・マスタリー・セミナー3』は5月26日・27日の両日、東京でシステマジャパンが開催した2日間のセミナー。到着すると、すでに体育館のフロアに受講生たちがペアになって広がっていた。中央スペースが広く空いており、途中のインターバル時間だったようだ。...more
カテゴリー:

「才木玲佳」の画像

もっと見る

「才木玲佳」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる