「成長率」とは?

関連ニュース

18年経済成長率2.9% 0.1P下方修正=韓国政府 - 07月18日(水)11:54 

【世宗聯合ニュース】韓国政府は18日に経済関係閣僚会議を開き、「下半期以降の経済状況および政策方向」を発表するとともに、2018年の実質国内総生産(GDP)の前年比増加率を2.9%と予想した。昨年末時点の3.0%増の見通しから0.1ポイント引き下げられた。韓国経済の2年連続の3%台成長は事実上困難になったといえる。就業者数の増加数や設備投資の増加率の見通しなど、主要経済指標の多くが下方修正された。
カテゴリー:

猛暑はGDP押し上げの経済効果 反動で消費低迷の傾向も - 07月18日(水)06:44 

連日、猛烈な暑さが続いていますが、猛暑はエアコンや飲料などの売り上げの増加につながり、GDP=国内総生産の成長率を0.2%程度押し上げるという試算がまとまりました。一方で、猛暑のあとは反動で消費が低迷する傾向があり、注意も必要だとしています。
カテゴリー:

貿易戦争で中国GDPさらに減速 政権への批判高まり“社会矛盾”一気に噴出する恐れも - 07月17日(火)10:26 

 中国の今年4~6月期の国内総生産(GDP)は前年同期比6・7%増に減速、2016年7~9月期以来の水準にとどまった。米国との貿易戦争本格化で成長率がさらに押し下げられるとの予測もあり、習近平政権は危機感を強めている。
カテゴリー:

2020年までに世界成長率0・5ポイント低下 貿易対立でIMF予測 - 07月17日(火)08:58 

 【ワシントン=塩原永久】国際通貨基金(IMF)のオブストフェルド調査局長は16日の記者会見で、トランプ米政権が準備を進める自動車・同部品への輸入制限などが発動された場合、世界の経済成長率を2020年までに0・5%程度、下押しするとの見通しを示した。
カテゴリー:

IMF 最新の世界経済見通し発表 7/17 6:39更新 - 07月17日(火)06:39 

IMF(=国際通貨基金)は16日、最新の世界経済見通しを発表し、ことしの世界経済全体の成長率を3.9%とし、前回の予測を据え置いた。ただ、アメリカのトランプ政権に端を発した貿易摩擦が「影を落とす要因になっている」と指摘した。
カテゴリー:

コラム:世界経済、1年半以内に減速の可能性強まる - 07月18日(水)11:51 

[ロンドン 17日 ロイター] - 世界経済は来年末までに大幅な減速を経験し、石油価格の上昇圧力が緩和されることになりそうだ。国際通貨基金(IMF)が示した最新の世界経済見通しは、2018年と19年の世界の成長率見通しをともに3.9%とし、17年の3.7%からわずかながら加速すると見込んでいる。
カテゴリー:

18年GDP成長率予想+6.8%、経済政策研究センター - 07月17日(火)16:08 

 ハノイ市国家大学傘下の経済大学附属経済政策研究センター(VEPR)は、2018年7-9月期の国内総生産(GDP)成長率が前年同期比+6.65%、10-12月期には+...
カテゴリー:

スマートニュースのMAUが日米合算で1000万人突破、ダウンロード数は3000万件 - 07月17日(火)09:55 

スマートニュースは7月17日、同社が提供するニュースアプリ「スマートニュース」の月間アクティブユーザー数(MAU)が日米合算で1000万人を突破したと発表した。ダウンロード数は日米合算で3000万件。同社がアプリのMAUを公開するのは2017年10月ぶりで、前回公開時における日本版のMAUは600万人で、米国のMAUは非公開だった。今回の発表では日米の割合は非公開ではあるが、スマートニュースは順調に成長を続けているようだ。 スマートニュースが初めてMAUを公開したのは2014年12月のことだ。MAUが400万人を突破したことを発表するために「SmartNews Compass 2014」の壇上にあがったスマートニュース代表取締役の鈴木健氏は「(ニュースアプリは)実際に使われなければ意味がない」と話し、同氏がアクティブユーザー数という指標を重視していることを示した。 米国市場におけるスマートニュースの動向について、鈴木氏は「米国でも、スマートニュースは高い成長率を維持している。One product、 One Teamでサービスを改善するため、日本、米国ともに開発メンバーを大幅に強化しているところだ。そのため、エンジニアの採用が当面の大きな課題だといえる。アメリカという日本に比べて圧倒的に多様な国に適応するためには、機械学習などのテクノロジーによってパーソナライズド・ディスカバリー...more
カテゴリー:

中国GDP減速、世界経済減速も “対岸の火事”ではない日本経済  - 07月17日(火)07:30 

 中国の4~6月期国内総生産(GDP)は、底堅い民需に支えられ6%台の成長率を維持したが、米国との貿易摩擦が景気腰折れリスクとして重くのしかかっている。日本からの中国向け輸出額は年15兆円に上り、進出企業の拠点数も3万以上。日本経済にとって、中国経済の先行き悪化は“対岸の火事”ではない。
カテゴリー:

IMF、日本の成長率予想を引き下げ - 07月17日(火)06:11 

 IMF=国際通貨基金は16日発表した世界経済見通しで、今年の日本の成長率予想を4月時点より0.2ポイント低い1.0%に引き下げました。また、アメリカ発の貿易戦争の世界経済への影響に強い危機感を示しています。
カテゴリー:

もっと見る

「成長率」の画像

もっと見る

「成長率」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる