「成績上位」とは?

関連ニュース

超学歴社会の中国 点数だけで合否が決まらぬ統一試験「高考」の理不尽 - 07月16日(月)09:11 

日本の受験戦争は世界的にも有名だが、日本以上に厳しい学歴社会なのが中国。ただ、日本のセンター試験にあたる「高考(ガオカオ)」は、日本の受験生なら怒りを禁じ得ないような不条理なルールがあるそうだ。いったいどんな仕組みになっているのか? 『図解でわかる 14歳から知っておきたい中国』(太田出版/北村豊・監修/インフォビジュアル研究所)では、このように説明している。  * * * 「一人っ子政策」により、家の中では蝶よ花よとおだてられて育った一人っ子たち。しかし、一歩外に出れば熾烈な現代中国の競争社会が待ち構えています。その最初の関門が、大学受験です。中国は日本以上に学歴社会であり、どの大学に入るかによって、その後の人生が大きく左右されてしまいます。多くの親が望むのは、我が子が重点大学と呼ばれる名門校に進むこと。その狭き門を目指して、受験生は寝る間も惜しんで勉強に励みます。 中国の新学期は9月。毎年6月になると、通称「高考(ガオカオ)」と呼ばれる全国大学統一入学試験が実施されます。日本の大学入試センター試験とも似ていますが、ごく一部の例外を除いて大学ごとの試験はありません。 受験生は複数の大学に出願できますが、高考の点数だけで合否が決まる一発勝負。しかも成績上位者から順に、いい大学に振り分けられるわけではありません。中国特有の地域格差があり、受験生の戸籍がある省や自治区によって、大学の定...more
カテゴリー:

離職率80%のブラック広告代理店を退職。元上司に放った「仕返し」の一言とは? - 07月09日(月)08:52 

 一時期に比べると労働環境改善に取り組む会社が増え、社員の残業や休日出勤といった時間外労働は減少傾向にある。だが、これはまだ一部に過ぎず、深夜残業も当たり前というブラックな職場はまだまだ存在する。  現在は両親と一緒に実家の温泉旅館を切り盛りする小塩圭太さん(仮名・44歳・既婚/旅館専務)だが、「3年前まで働いていた広告代理店は、1か月の残業が80時間を超すこともあるまごうことなきブラック企業だった」と明かす。 ◆社長は元敏腕営業マン。自分より仕事ができない社員を無能扱い 「社長は業界上位の代理店で常に成績上位だった元スーパー営業マン。何事も自分を基準に考えてしまうのですが、社員20名足らずの零細代理店に社長の求めるレベルに応えられる能力をもった社員はほとんどいません。そのうえ“仕事は見て覚えるもの”という時代錯誤も甚だしいポリシーを貫き、それでいて契約を取れない社員には『給料ドロボー』や『クズ』、『無能』などの言葉を浴びせるなど口も悪かった。プレイヤーとしては超優秀でもコーチとしては最低の“名選手、名監督にあらず”の典型みたいな人でしたね」  そんなワンマン社長は小塩さんよりも年下だったが、もちろん年齢は関係なかった。この会社に5年間勤めていたが、その間の社員の入社1年以内の離職率は80%。なかには出社初日、わずか1時間で「トイレに行ってきます」と言い残して消える者もいる...more
カテゴリー:

取引先の看護師3人と不倫…製薬メーカー3バカ上司のトンデモ事件簿 - 07月06日(金)15:52 

 企業のコンプライアンス遵守が徹底されるようになった昨今、これまでは水面下で処理されていたような社員の不祥事が次々と明るみになっている。  川口雅紀さん(仮名・33歳・既婚)が以前勤めていた製薬メーカーでは、5年ほど前、同期入社の40代の課長3人がそれぞれ別の不祥事で処分を受けたとか。報道こそされなかったが「社内では“3バカ上司”として社員なら誰もが知っている」と話す。そんな3バカ上司が起した事件の顛末とは!? ◆会社の営業車を5年以上も無免許で運転 「なかでもA課長は別の支社で働いていたときの直属の上司で、優秀な営業マンだったのですが……5年以上も無免許で営業車を乗りまわしていたんです。普段は気さくな方ですが運転中は人格が豹変するタイプで、制限速度なんて守らないし、法定速度で走っているほかの車を『チンタラ走ってんじゃねぇ!』って罵声を浴びせるほど。無免許だったことを聞いても職場では『やっぱり……』って感じで、驚きはあまりなかったですね」  ちなみにA課長、無免許になるきっかけとなったプライベートでの飲酒運転で免許取り消しになっていたことも会社には報告していなかった。そのため、懲戒処分によって課長から主任に降格。営業も外され、結局居づらくなったのかしばらくして辞めてしまったとか。 ◆取引先の病院の看護師3人と不倫!  そんなA課長にはB課長という友人がいた。彼も社内では...more
カテゴリー:

数学五輪、6人全員メダル=23年大会は日本開催-文科省 - 07月13日(金)19:14 

 文部科学省は13日、ルーマニアで開かれた第59回国際数学オリンピックで、日本代表として参加した高校生6人全員がメダルを獲得したと発表した。灘高校(兵庫)3年の黒田直樹さん(18)が2年連続の金メダルに輝き、国別順位は13位だった。 2023年の大会が日本で開かれることも決まった。日本開催は03年に続き2回目。 今回は107カ国・地域から594人が参加。2日間で計6問の筆記試験に挑み、成績上位者12分の1(48人)に金、続く6分の1(95人)に銀、4分の1(143人)に銅メダルが授与された。 日本は1990年から参加。昨年のブラジル大会では黒田さんら2人が金メダルを獲得した。黒田さん以外の成績は次の通り。 銀=開成高校(東京)3年新居智将さん(17)、筑波大付属駒場高校(同)3年清原大慈さん(17)、洛南高校(京都)1年馬杉和貴さん(16) 銅=県立明和高校(愛知)3年西川寛人さん(17)、広島大付属高校(広島)1年渡辺直希さん(15)。 【時事通信社】
カテゴリー:

【アジア大会】男女サッカー組み合わせが決定 日本はベトナム、パキスタン、ネパールと同組 8月14日~ - 07月06日(金)18:40  mnewsplus

男子はグループDに入り、ベトナム、パキスタン、ネパールと対戦する。 一方、前回準優勝の女子は3チームで構成されるグループCでベトナム、タイと同組となった。 また、男子の前回王者・韓国はキルギス、マレーシア、バーレーンと同じグループF。 女子の前回王者・朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)はグループBで中国、香港、タジキスタンと対戦する。 23歳以下で行われる男子は、8月14日から9月1日にかけて開催。 全24チームが4チームごとの6グループに分けてグループステージを行う。 各グループ上位2チームと、各グループ3位...
»続きを読む
カテゴリー:

「成績上位」の画像

もっと見る

「成績上位」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる