「成功事例」とは?

関連ニュース

なぜカップ麺が更に旨くなる「魔法の粉」はここまで売れるのか? - 06月21日(木)04:25 

4,000億円マーケットとも言われる、日本のカップラーメン市場。そこに殴り込みをかけるのではなく「商品の質を更に上げる」という、新たな市場を生み出すナナメ上の商品戦略をとった企業があります。今回の無料メルマガ『MBAが教える企業分析』では著者でMBAホルダーの青山烈士さんが、カップ麺の中に入れることで味がさらに美味しくなる「魔法の粉」を商品化した企業『味源』の商品戦略を詳しく分析しています。 完成品をより良いものにする戦略 カップラーメン専用の粉末調味料で人気の企業を分析します。 ● 食品製造卸の味源が提供している「カップラーメン専用の粉末調味料」 戦略ショートストーリー カップラーメンが好きな方をターゲットに「原産地にこだわりぬいた国産原料」に支えられた『カップラーメンが更に旨くなる』等の強みで差別化しています。 カップラーメン専用の粉末調味料として、様々な種類のカップラーメンに合わせて旨みが増すように調合し提供することで、顧客から支持を得ています。 ■分析のポイント 完成品をより良いものにする戦略 「カップラーメンが更に旨くなる」という価値は非常にわかりやすいですから、消費者に伝わりやすい、よい商品名だと思います。「名は体を表す」という言葉がありますが、その言葉がぴったり合いますね。 そして、カップラーメンは完成品ですが、その完成品の味をさらに高めるための商品という位置づけはお...more
カテゴリー:

OisixのUX体験設計 デザインの力でECの売上が2倍にアップ! お客様の行動心理に基づいたUX改善例 - 06月19日(火)17:09 

OisixのUX体験設計 デザインの力でECの売上が2倍にアップ! お客様の行動心理に基づいたUX改善例注目企業の中の人によるコラム 今回は、OisixのUX改善について、アートディレクターを務める荒金さんに成功事例を紹介いただきます。 お客様の行動心理に基づいた改善で売上が2倍になったという施策の具体的な解説です。 OisixにてサイトのUX向上やブランディングに携わっております、EC事業本部CX室のアートディレクタ...
カテゴリー:

ユーミン、椎名林檎、SHINeeなどヒット連発 老舗EMI Recordsを率いる若きミュージックマンの挑戦 - 06月14日(木)11:10 

 ユニバーサル ミュージック内の老舗レーベル、EMI Recordsのマネージング・ディレクターに34歳の若さで就任した岡田武士氏。担うのはデジタルマーケティングを駆使した次世代型のレーベル運営だ。すでに4/30付でアルバムランキングではTOP3入りを独占するなど視界も良好。若きミュージックマンの挑戦を追った。 【ジャケット写真】4/30付のアルバムランキングではTOP3を独占 ■SNS分析の専任の担当者を配置、成功事例をスタッフ間で共有  岡田氏はデジタルマーケティングのセクションで青山テルマ、GReeeeNなどのヒット曲に携わったのち、レーベルNswaVeを立ち上げ、C&K、ハジ→などを担当。ここでも配信を中心に大きな成果をあげた。デジタルに強い岡田氏がEMI Recordsを取りまとめるポジションに就いたことは、音楽業界の大きな変化に伴う必然と言えるだろう。 「邦楽レーベルのトップは制作畑、宣伝畑の人間が務めることが多かったと思いますが、音楽業界の形が変わっていくなかで、僕のようにデジタルを中心に音楽に携わってきた人間がタクトを振らせてもらえる時代になったんだなと」と語る岡田氏。最初に取り組んだのは、WEB媒体に重点を置いたプロモーション展開だ。その好例が4月11日にリリースされた松任谷由実のベストアルバム『ユーミンからの、恋のうた。』。同作は、広告費の使い方をWEB...more
カテゴリー:

なぜカップ麺が更に旨くなる「魔法の粉」はここまで売れるのか? - 06月21日(木)04:25 

4000億円市場とも言われる、日本のカップラーメン市場。そこに殴り込みをかけるのではなく「商品の質を更に上げる」という、新たな市場を生み出すナナメ上の商品戦略をとった企業があります。今回の無料メルマガ『MBAが教える企業分析』で著者のMBAホルダーの青山烈士さんが絶賛するのは、カップ麺の中に入れることで味がさらに美味しくなる「魔法の粉」を商品化した企業『味源』の商品戦略を詳しく分析しています。 完成品をより良いものにする戦略 カップラーメン専用の粉末調味料で人気の企業を分析します。 ● 食品製造卸の味源が提供している「カップラーメン専用の粉末調味料」 戦略ショートストーリー カップラーメンが好きな方をターゲットに「原産地にこだわりぬいた国産原料」に支えられた『カップラーメンが更に旨くなる』等の強みで差別化しています。 カップラーメン専用の粉末調味料として、様々な種類のカップラーメンに合わせて旨みが増すように調合し提供することで、顧客から支持を得ています。 ■分析のポイント 完成品をより良いものにする戦略 「カップラーメンが更に旨くなる」という価値は非常にわかりやすいですから、消費者に伝わりやすい、よい商品名だと思います。「名は体を表す」という言葉がありますが、その言葉がぴったり合いますね。 そして、カップラーメンは完成品ですが、その完成品の味をさらに高めるための商品という位置づけは...more
カテゴリー:

裏切られてもなぜ出所者の職親であり続けるのか? お好み焼きチェーン『千房』が再逮捕された社員をクビにしないワケ - 06月17日(日)10:00 

大阪に本社を構え、全国に66店舗を展開するお好み焼きチェーンの『千房(ちぼう)』は、刑務所や少年院の出所者の雇用に熱心な会社としても知られている。(前編記事参照) 創業者でもある中井政嗣(まさつぐ)社長は力強くこう話した。 「人間には無限の可能性があります。失敗したとしても立ち直れる、私はそのお手伝いがしたいんです」 その信念の下、塀の中で面接をし、出所に合わせて衣服と住まいを与え、社長自ら身元引受人にもなって、これまで計30人の元受刑者を採用している。だが、会社として出所者雇用に取り組むことは想像以上に険しい道でもあった――。 数年前に採用した出所者の男性の場合、入社して3年後に店のNo.2である主任まで出世した。「出所者でも元非行少年でも実力さえあれば幹部社員に登用する」のが中井社長の考えだ。だがその後、裏切られる時が来る。 その主任には、本人曰く、かつて結婚していた時にもうけた子どもがいた。会いに行きたい、必要なものも買ってあげたい。この願いを応援しようと、中井社長は小出し小出しにお金を渡し、総額で300万円も貸していたが、その後、主任には新しい彼女ができた。 そのクレジットカードを利用して200万円の借金をしたことが発覚...more
カテゴリー:

「成功事例」の画像

もっと見る

「成功事例」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる