「意見交換」とは?

関連ニュース

【うっかり】大津市、情報公開請求の文書を共産党だけ黒塗りで渡す 市「事務処理のミス」 - 10月22日(月)22:12  poverty

前は公開されていた公文書が、なぜか黒塗り――。 大津市議会の共産党市議団は22日、市への情報公開請求で非公開にされた市長らの庁内協議での発言などが、かつて市民が開示請求したときには全面開示されていたと明らかにした。 市は「事務処理の誤りだった」と釈明し、市議団に文書を全面公開した。  問題の文書は、(1)2014年10月の協議メモ(2)同年12月の議事録――の2種類。 市は住民票の発行事務などを担う36カ所の市民センター(市役所支所や公民館)を10カ所に集約する計画を進めており、文書はそれに関する...
»続きを読む
カテゴリー:

備前市4中学再編に保護者は賛否 意見交換会一巡、計画に反映へ - 10月20日(土)15:10 

備前市4中学再編に保護者は賛否 意見交換会一巡、計画に反映へ。山陽新聞デジタル(さんデジ)は山陽新聞社のニュースサイトです。岡山県内各地域や国内外のニュース、スポーツ速報を配信します。
カテゴリー:

「有明海再生が大きな課題」 - 10月20日(土)07:00 

国営諫早湾干拓事業(長崎県)の開門問題を巡り、吉川貴盛農相は19日の閣議後会見で、就任後初めて現地を視察した感想を問われ、「有明海の再生が大きな課題だ。一刻も早く再生できるよう、しっかり取り組みたい」と述べた。 吉川農相は18日に佐賀県の山口祥義知事と船で漁場を視察したほか、開門を求める漁業者らと意見交換し、改めて開門せずに基金で解決を図る考えを示した。「漁業の状況を十分に拝見し、説明も受けた。
カテゴリー:

<諫早干拓>非開門に長崎知事「心強い」 - 10月19日(金)08:29 

吉川貴盛農相は18日、就任後初めて長崎県の国営諫早湾干拓事業の干拓地も訪れ、長崎県の中村法道知事や営農者らと意見交換した。吉川農相は開門によらない基金による和解を目指す方針を伝え、中村知事は「大変心強い。開門せずに有明海再生を実現するのが長崎県の願い」と述べた。 干拓地や潮受け堤防排水門の管理事務所で、長崎県側の関係者が、営農開始から10年が経過した現状を説明した。
カテゴリー:

<登米市議会>市民と意見交換会 医師不足危機感を共有 - 10月19日(金)06:05 

登米市議会は18日、市民と議会の意見交換会を開き、「登米市の地域医療を考える」をテーマに、市立病院の医師不足問題などについて話し合った。 意見交換会は市内5カ所で開かれ、うち2カ所で医療問題についての
カテゴリー:

起業テーマに意見交換、学生団体が催し/青森 - 10月22日(月)08:30 

青森市の青森学生団体ASC(木田孝夫代表)は20日、県内在住の高校生に起業を知ってもらうイベント「起業について話し合おう!起業家×高校生」を開いた。市内の高校生約40人が、県内を拠点に活躍する起業家から話を聞いたり、一緒に議論したりして理解を深めた。 同イベントは、進学などで青森県を離れても、将来戻ってきて仕事をする若者を増やそうと初めて開いた。
カテゴリー:

吉川農相「基盤整備まい進」 - 10月20日(土)10:03 

国営諫早湾干拓事業の開門問題を巡り佐賀県を訪れた吉川貴盛農相は18日、開門問題とは別に、杵島郡白石町の営農者と意見交換した。 白石町の福富ゆうあい館であった意見交換会には、県たまねぎ部会長の片渕康弘さんら町内の営農者3人と田島健一白石町長らが出席した。田島町長は「強い農林水産業と美しく活力ある農業の実現のため努力していきたい」とあいさつ。片渕さんは「老朽化している選果場を近い将来再編整備していきたい」として、国への協力を要望した。 吉川農相は「農業者が頑張れる基盤整備にまい進しなければいけない。
カテゴリー:

農相、基金で解決示す 漁業者との議論平行線 諫早問題 - 10月19日(金)09:30 

国営諫早湾干拓事業の開門問題を巡り、吉川貴盛農相は18日、佐賀、長崎両県を訪れた。潮受け堤防排水門の開門を求める漁業者らとの会談では、開門せずに100億円の漁業振興基金で解決を図る考えを示し、両者の議論は平行線をたどった。県や県有明海漁協との意見交換で山口祥義佐賀県知事は、長期的に有明海再生事業を継続するための制度の創設を要請した。  昨年4月に国が開門しない方針を表明して以降、農相が開門関連訴訟の当事者の開門派漁業者や弁護団に会うのは初めて。
カテゴリー:

<オスプレイ配備>防衛省、コノシロ再調査前視察へ - 10月19日(金)07:30 

自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画を巡り、騒音がコノシロ漁に及ぼす影響の再調査について、防衛省の担当者らが船に乗り、漁を視察することが18日、分かった。現場を体験した上で調査手法に反映させる。実施時期などは地元漁業者らと調整する。 防衛省と佐賀県、地元の県有明海漁協大浦支所の漁業者が意見交換をして申し合わせた。大浦支所の弥永達郎運営委員長は「投網漁の仕事について相手は何も知らないだろうし、なかなか理解していただけないだろう。まずは漁や操業の実態について分かってもらいたい」と話した。
カテゴリー:

安倍晋三首相、ユネスコ事務局長と面会「非政治化の改革推進を評価」 - 10月18日(木)23:04 

 【パリ=中村智隆】安倍晋三首相は18日午前(日本時間同日午後)、パリで国連教育科学文化機関(ユネスコ)のアズレ事務局長と面会し「密室審査」と指摘されていた「世界の記憶」(世界記憶遺産)について意見交換した。首相は、ユネスコ執行委員会が来年10月の制度改革を目指す「行動計画」案を採択したことを歓迎し「改革を着実に前進させるため、日本も協力する」と述べた。
カテゴリー:

もっと見る

「意見交換」の画像

もっと見る

「意見交換」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる