「意気投合」とは?

関連ニュース

EXILE小林直己主演作「荒野の忍」プチョン映画祭でワールドプレミア上映! - 07月17日(火)18:00 

 「EXILE」「三代目 J Soul Brothers」の小林直己が主演を務め、「下衆の愛」「獣道」の内田英治監督がメガホンをとった短編映画「荒野の忍 Return of Ninja」が7月15日(現地時間)、韓国・プチョン国際ファンタスティック映画祭2018でワールドプレミア上映された。韓国初訪問となった小林は、2日間にわたって滞在。現地の若手監督や俳優たちと積極的に交流し、上映後には内田監督とともにティーチインに臨んだ。 ・【フォトギャラリー】「荒野の忍 Return of Ninja」  「サムライフ」の監督を務めたことでも知られる森谷雄氏がプロデューサーを務めた「荒野の忍 Return of Ninja」は、内田監督と小林の出会いから製作がスタート。昨年夏、米国での映画撮影に思いを馳せていた内田監督と、英語での演技トレーニングを積んできた小林はすぐに意気投合し、企画発足からわずか1カ月でクランクイン。ロサンゼルス郊外の砂漠で現地スタッフと撮影が行われ、内田監督ならではのシニカルさとコメディセンス、80年代の“アメリカンニンジャ映画”へのオマージュをちりばめた意欲作が生み出された。  ロス郊外の砂漠。B級ニンジャ映画を撮っている映画監督のスティーブンは、「俺はこんな作品に出るような役者じゃない」と主演俳優・ジョニーに嫌味を言われながらも“本物の忍者映画”を撮ろうと撮影...more
カテゴリー:

【今週はこれを読め! SF編】楽しく元気が出る一冊、銷夏に最適のポストうなぎSF短篇集 - 07月17日(火)11:52 

 うなぎづくしのSF短篇集。題材は「うなぎ絶滅」だが、五篇それぞれに調理法も味つけも違っていて、つぎはどんなものが出てくるかと楽しみに読んでいくと、お腹いっぱいになる。みごとなフルコースだ。  冒頭の「うなぎばか」は、廃業したうなぎ屋の跡取り正路と、ちょっとファナティックな〈うなぎ文化保存会〉とが、正路の父が残した秘伝のたれをめぐって騒動を繰り広げる。SF色は濃くないが、うなぎ絶滅後のうなぎ文化継承の切り札(?)として細胞培養による人工うなぎなるアイデアが出てくる。生粋の職人だった父はなぜかベジタリアンに転向しているのに、生まれながらのうなぎ好きの正路(綽名はウナギ)は天然でも人工でもうなぎはうなぎだからイイのでは考えているあたり、親子のギャップがある。ちょっと人情噺っぽいが、軽いユーモアタッチでまとめられていて、前菜にはぴったりの一品。 「うなぎロボ、海をゆく」は、野性のニホンウナギ全滅から十年、水産資源を守るためにつくられた監視用うなぎ型ロボットの一人称で綴られる。うなぎロボは、遠隔でサポートしている人間のサササカさんとやりとりしながら、パトロールをしている。密漁をしている蟹ロボから魚群を逃がすが、おたがいロボなので怒りや攻撃欲などはなく、たんたんと交戦がおこなわれ、むしろほのぼのとした情景にさえ思えるほどだ。しかし、ロボに感情が皆無というわけではなく、仕事がうまくいくと内蔵コ...more
カテゴリー:

【サッカー】<柴崎岳>女優・真野恵里菜との結婚を報告!「これからは彼女を支えて良い家庭を築いていきたい」真野は妊娠しておらず - 07月16日(月)11:35  mnewsplus

サッカーW杯ロシア大会で活躍した日本代表MF柴崎岳(26=ヘタフェ)が16日、交際中だった女優の真野恵里菜(27)と入籍したことを報告した。  柴崎はマネジメント会社を通じて「彼女には自分がサッカー選手として常に向き合う環境を理解してサポートを頂いており、これからは彼女を支えて良い家庭を築いていきたいと思います」とコメントした。  一方、真野の所属事務所は報道各社にFAXを送付し、「弊社所属タレントの真野恵里菜はプロサッカー選手柴崎岳さんと入籍いたしましたことをご報告させていただきます」と報...
»続きを読む
カテゴリー:

カンヌの是枝裕和最新作はカトリーヌ・ドヌーヴら出演の日仏合作映画 - 07月16日(月)04:00 

第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した是枝裕和監督作『万引き家族』が、観客動員300万人、興行収入37億円を突破、大ヒットを記録中だ。そんななか、是枝監督が、カトリーヌ・ドヌーヴやジュリエット・ビノシュら豪華キャストを迎え、フランスでロケをする日仏合作映画『La Vérité(仏題・仮)』(2019年公開予定)の製作が決定した。 フランス・マルヌでロケハン中の是枝裕和監督 主演は、フランスの至宝にして世界的大女優のカトリーヌ・ドヌーヴ、共演に、『イングリッシュ・ペイシェント』(96)でアカデミー賞助演女優賞を受賞したジュリエット・ビノシュ、アカデミー賞作品『6才のボクが、大人になるまで。』(14)のイーサン・ホーク、『8人の女たち』(02)や『スイミング・プール』(03)のリュディヴィーヌ・サニエらを迎える。 ドヌーヴが演じる母は、フランス映画のスター女優。彼女の自伝を出版するにあたり、娘(ジュリエット・ビノシュ)がアメリカから、夫(ジュリエット・ビノシュ)と幼い子どもを連れて帰省する。母と娘が再会したあと、さまざまな真実は露わになり、愛と確執が浮き彫りになっていく。果たして母と娘の親子関係は、修復できるのだろうか!? また、新進女優(リュディヴィーヌ・サニエ)の姿に、母はかつて親友でライバルだった、いまは亡き女優の面影を重ねていく。 本作は、是枝監督が「役者が役...more
カテゴリー:

是枝裕和監督、新作は日仏合作 主演に仏女優カトリーヌ・ドヌーヴ - 07月16日(月)04:00 

 映画『万引き家族』で第71回カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した是枝裕和監督が、フランスを代表する女優カトリーヌ・ドヌーヴを主演に迎え、日仏合作映画を手掛けることが発表された。是枝監督は「この人だったらいいなと思って書いたキャスティングが全部実現してしまったので、“さぁどうしよう”という感じですが頑張ります」と意気込みを語っている。【写真】是枝裕和最新作『La Verite』(仏題・仮)ロケハンの様子 是枝監督の最新作『La Verite』(仏題・仮)は、フランス映画の大女優で家族を顧みなかった母親と、元女優志望の脚本家の娘との確執を描く。カトリーヌが母を演じ、娘にジュリエット・ビノシュ、娘の夫をイーサン・ホーク、母が出演するSF映画の共演者にリュディヴィーヌ・サニエが扮する。 本作のきっかけを、「15年程前に、『クローク』というタイトルで劇場の楽屋だけを舞台にした一幕もののお芝居を書き始めたのがスタートでした」と明かした是枝監督。当時は完成しなかったが、2011年にビノシュが来日した際に「何か将来的に一緒に映画を」と意気投合し、本企画が再浮上。フランスを舞台に書き直したという。 ドヌーヴには2年前にオファーし、出演を快諾。本人にヒアリングを重ねながら、現在、脚本を執筆中とのこと。是枝監督は「(本作が)フランス映画史を背負ってきた女優の話なので、彼女がどういう風にお芝居と出会い...more
カテゴリー:

浅田真央と松井秀喜が意気投合 話題は「意外な共通点」 - 07月17日(火)17:27 

フィギュアスケート女子の2010年バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央さん(27)と大リーグ・元ヤンキースの松井秀喜さん(44)が2018年7月17日に千葉県浦安市内で開かれた新型生命保険の発表会で初共演し、思わぬ話題で意気投合した。
カテゴリー:

【芸能】林遣都、9歳年上彼女・中村ゆりとスイーツ売り場でラブラブな感じを展開 - 07月17日(火)05:02  mnewsplus

林遣都、9歳年上彼女・中村ゆりとスイーツ売り場でラブラブな感じを展開 週刊女性2018年7月31日号 2018/7/17  7月上旬の夕方、都内のデパートにあるスイーツ売り場に林遣都が姿を現した。 「30代くらいの女性とスイーツ巡りをしていましたよ。無精ひげを生やして、服装も全身黒というワイルド系でした」(目撃した女性)  林といえば4月~6月に放送されていたドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)に出演し、人気が急上昇している俳優だ。 「男性同士の純愛を描き、'18年上半期でもっともSNS上で盛り上がったドラマ。...
»続きを読む
カテゴリー:

【映画】 カトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュも出演! 是枝裕和監督最新作『La Verite(仏題・仮)』製作決定 - 07月16日(月)10:08  mnewsplus

『万引き家族』が第71回カンヌ国際映画祭にて最高賞“パルムドール”を受賞し、観客動員290万人、興行収入36億円を突破、大ヒットを記録している。その監督である是枝裕和の長編15作目にあたる、『La Verite(仏題・仮)』の製作が決定し、カトリーヌ・ドヌーヴらの出演が決定。豪華役者陣のコメントが公開された。 フランスの至宝にして、世界的大女優であるドヌーヴが主演を務める是枝監督最新作は、日本を飛び出し、フランスで撮影予定だ。共演には、『イングリッシュ・ペイシェント』でアカデミー賞助演女優賞を受賞し日本でも人気の...
»続きを読む
カテゴリー:

是枝裕和監督最新作に国際的スターが結集!主演はカトリーヌ・ドヌーブ - 07月16日(月)04:00 

 第71回カンヌ国際映画祭で「万引き家族」が最高賞にあたるパルムドールを受賞した是枝裕和監督の最新作「La Verite(仏題・仮)」の製作が決まった。日仏合作となる今作はフランスで撮影を予定しており、主演はフランスの至宝カトリーヌ・ドヌーブが務める。さらにジュリエット・ビノシュ(「イングリッシュ・ペイシェント」)、イーサン・ホーク(「6才のボクが、大人になるまで。」)、リュディビーヌ・サニエ(「スイミング・プール」)を共演に迎え、力強く情感豊かな家族の葛藤の物語を描く。  是枝監督にとって長編15本目となる今作は、フランス映画界屈指の大女優である母とかつて女優を志望しながら現在は脚本家としてアメリカに拠点を構える娘の対立、そして関係が修復出来るのかを軸に描く。そろそろ第一線を退く時期だが老いを認めたくない母(ドヌーブ)の自伝出版を機に、娘(ビノシュ)が夫(ホーク)と幼い娘を連れて帰省するが、2人の再会はたちまち対立へ……。突然辞めてしまったパーソナルアシスタントの代わりに娘が撮影現場に付き添うことになるが、母はその現場で出会った新進女優(サニエ)の姿に、かつての親友でライバルだった今は亡き女優の面影を重ねていく。  是枝監督は、今作について「役者とはいったいどんな存在なのだろう。役を生きている時、演技で泣いている時、笑っている時、役者本人の存在と感情はどこにあるのだろう。そん...more
カテゴリー:

小泉・小沢両氏:かつての政敵同士、「脱原発」で意気投合 - 07月15日(日)21:02 

 自民党の小泉純一郎元首相は15日、自由党の小沢一郎共同代表が東京都内で開いた政治塾で講演し、「原発はもう日本でやっちゃいけない産業だ。自然エネルギーで電気をおこす『資源大国』になったほうがはるかにいい」と述べ、脱原発の必要性を改めて訴えた。講演後、記者団に「野党は(候補者を)一本化し、原発ゼロを争
カテゴリー:

もっと見る

「意気投合」の画像

もっと見る

「意気投合」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる