「恋愛小説」とは?

関連ニュース

年の差恋愛が流行中。年上男性の魅力やメリット、長続きのコツをご紹介 - 07月17日(火)21:30 

年の差恋愛の経験はあるだろうか?大人になれば恋に落ちた相手の年が離れていたということもあるのでは?年の差恋愛しやすい人の特徴や恋愛のメリット・デメリットを知ることで「年の差」に躊躇している方も次の一歩を踏み出せるのではないだろうか。 女性と年の差恋愛に発展しやすい男性の特徴 ひとくちに年の差恋愛といっても、様々なパターンが存在する。男性が年上の場合、女性が年上の場合。また「年の差」といっても5歳差と10歳差とではまた違った視点で見なければならない時もあるだろう。しかし、そんななかでもある程度、年の差恋愛に発展しやすい男性の特徴というものがあるようだ。 いつも年下の女性を連れている男性は周りにいないだろうか。年下と恋愛関係に発展しやすい男性にはある程度の特徴がありそうだ。年下の女性の証言をもとに好意的にみられる男性の特徴を紐解いていこう。 いつも若いセンスを持っていて、年下と同じ目線で物事を見られること。年齢相応の洗練された目線も大切だが相手にも合わせられることがポイント。 完璧な大人の男性というよりも少年らしさが見える人。年下の女性の母性本能をくすぐることも大切。 どんな年齢にも言えるが、褒め上手で優しい男性が嫌いな女性はいない。 大人の男性らしくたくさんのことを知っていて、同年代の若い男性とは違い余裕がある男性。リードできることは必須。 年の差恋愛といえば男性が上のイメージ...more
カテゴリー:

福山雅治:石田ゆり子と初共演で“大人の恋愛” 「マチネの終わりに」映… - 07月17日(火)15:05 

 芥川賞作家・平野啓一郎さんの恋愛小説「マチネの終わりに」(毎日新聞出版)が映画化されることになり、歌手で俳優の福山雅治さんと女優の石田ゆり子さんが、初共演することが17日、わかった。日本・パリ・ニ…
カテゴリー:

日韓の恋愛、こんなに違う。「草食系男子」への本音 - 07月16日(月)09:10 

「はじめは、失礼な言い方ですけど“押しかけ女房”って感じで」。彼女と付き合いはじめる前のことを、彼は笑いながらこう振り返る。 日本人のコウヘイさん(25歳)と韓国人のサニーさん(26歳)が出会ったのは、同じ大学の国際寮。留学生はもちろん、日本人学生も含め500人以上が暮らしていた。 春になると、新しい寮生を迎える大規模な歓迎会が行われる。2人はそこで知り合った。当時、サニーさんは大学3年生、コウヘイさんは大学4年生だった。 “押しかけ女房”をされるのが、うれしかった 「最初はびっくりしました。だって、毎日のように僕の部屋へ来て、料理を作ってくれたり、ことあるごとにプレゼントをくれたりするんですよ。まるで“押しかけ女房”みたいだなと思っていたんですけど、その反面、それまでこんなに尽くされたことがなかったので、うれしくて」(コウヘイさん) 歓迎会の受付係をしていたサニーさんは、コウヘイさんと初めて会った当時を振り返り、「背が高くて、かっこいいと思った」と話し、うふふと笑う。 サニーさんはよく笑う人で、筆者やコウヘイさんが話しているときも、時折うふふと言い、にっこり笑う。コウヘイさんは「当時、僕は好意とかなかったですけどね」と話し、サニーさんも「私だってなかったよ!」と返す。お互いに冗談を言って、サニーさんが笑い、コウヘイさんはそれを穏やかに受け止めている。 サニーさんがコ...more
カテゴリー:

福山雅治&石田ゆり子、大人の恋描く『マチネの終わりに』で初共演 - 07月17日(火)18:00 

 歌手で俳優の福山雅治と女優の石田ゆり子が、作家・平野啓一郎による恋愛小説を映画化した『マチネの終わりに』で初共演を果たすことが発表された。福山は本作について「目に見えない無形の感情を、今作で可視化出来るのではないかと感じています」と語っている。【写真】溢れだす大人の色気「福山雅治」フォトギャラリー 本作は、芥川賞作家の平野啓一郎が2016年に刊行し、純文学としては異例の17万部を突破した同名小説を映画化したラブストーリー。日本・パリ・ニューヨークを舞台に、クラシック・ギタリストと海外通信社所属の女性ジャーナリストが織りなす切なくも美しい恋をつづっていく。 クラシック・ギタリストの蒔野聡史と、通信社勤務の小峰洋子は、共に40代を迎えた時に運命の出会いを果たす。初めて出会った時から強く惹かれあっていた二人だったが、洋子には婚約者が。仕事や、時代という大きな波に翻弄され、蒔野と洋子の間にはすれ違いや思わぬ障害が生じ、ついに二人の関係は途絶えてしまう。互いへの想いをしまったまま、別々の道を歩む二人の運命が再び交わる日はくるのか。 原作小説について福山は「『それでも、人は人を愛さずには生きていけない』。長く余韻が残る読後感でした」と一言。さらに福山主演の『ガリレオ』シリーズでタッグを組んだ西谷弘監督や、初共演となる石田について「信頼する西谷監督の元で、深く原作に引き寄せられ、まさに洋子その...more
カテゴリー:

福山雅治と石田ゆり子、初共演の2人が大人のラブストーリーに挑戦! - 07月17日(火)11:21 

福山雅治と石田ゆり子の初共演で、芥川賞作家・平野啓一郎原作の切なくも美しい大人のラブストーリー「マチネの終わりに」が映画化されることがわかった。 原作は平野が2016年に刊行した、日本・パリ・ニューヨークを舞台にクラシック・ギタリストの主人公と海外通信社所属の女性ジャーナリストが織りなす、切なくも美しい大人のラブストーリーを綴った同名小説。 40代の男女2人が、6年間にたった3度の出会いの中で悩み、愛し合っていく大人の恋愛小説は、渡辺淳一文学賞を受賞。純文学としては異例の17万部を突破し、大きな話題となった。さらに幾多の小説を発表してきた平野にとって今回が、意外にも初映像化となる。 福山が演じるのは、主人公の天才クラシック・ギタリストの蒔野聡史役。天才ギタリストとして名を馳せるも、現状の演奏に満足できず、自分の音楽を見失っているという苦悩を抱える役に挑戦する。石田が、婚約者がいるものの、そんな蒔野と引かれ合い、叶わぬ恋に翻弄されるフランスの通信社に所属する女性ジャーナリストの小峰洋子役を演じる。 海外が舞台となるため、2人は英語やフランス語での演技も披露する。また、福山と石田はCMやバラエティ番組での共演はあるものの、俳優としてはこれが初共演。福山主演の『ガリレオ』シリーズや『昼顔』(17年)などで確かな演出力を発揮してきた西谷弘が監督をつとめる。 本作主演に福山は「『そ...more
カテゴリー:

ドキドキする恋がある!オトナ女子むけ恋愛小説「ベリーズ文庫」 新刊7点は2018年7月10日(火)より全国書店にて発売開始! - 07月10日(火)18:44 

[スターツ出版株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/607/953/resize/d607-953-754585-10.jpg ] 『俺様社長に甘く奪われました』 紅カオル(くれないかおる)/著、イラストレーター:白崎小夜、定価:650円+税、ISBN:978-4-8137-0487...
カテゴリー:

「恋愛小説」の画像

もっと見る

「恋愛小説」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる