「心筋梗塞」とは?

関連ニュース

北朝鮮:金永春氏が死去 金正日氏側近として軍統制 - 08月17日(金)11:27 

 北朝鮮の朝鮮中央通信は17日、国防相に当たる人民武力部長(現在の人民武力相)などを歴任し、朝鮮人民軍の長老格だった金永春(キム・ヨンチュン)元国防副委員長が16日、急性心筋梗塞(こうそく)で死去したと伝えた。82歳だった。金正恩朝鮮労働党委員長を葬儀委員長として20日に国葬を実施する。
カテゴリー:

【芸能】石原プロ名物“炊き出し”は? 被災地に行けない意外なワケ - 08月16日(木)13:44  mnewsplus

12日にオンエアされたラジオ番組「木村拓哉 Flow」(TOKYO FM)で、記録的な豪雨被害を受けた広島県呉市での炊き出しエピソードを語った木村拓哉(45)。 現地の人々と触れ合うことで「ホンットに来て良かったなって(思った)」と、充足した様子で振り返っていた。 キムタク以外にも甚大な被害に見舞われた広島、 岡山、愛媛の3県には、吉川晃司(52)、はるな愛(46)、MEGUMI(36)、谷原章介(46)などもボランティアで現地入り。 斎藤工(36)に至ってはつなぎ着用で土砂を掘り起こす姿が話...
»続きを読む
カテゴリー:

田村ゆかりに一回だけ中出しして孕ませたら5億円獲得 - 08月15日(水)23:09  news4vip

ただし田村ゆかりと籍を入れて同棲しないといけない 寝室も一緒 三日以上一人で外泊したら心筋梗塞 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】有酸素運動さん、健康にもダイエットにも役に立たないゴミだった - 08月15日(水)12:33  livejupiter

有酸素運動のデメリット  ・活性酸素ドバドバで老化  ・コンクリの上走ると膝ボロ  ・紫外線で肌ボロ&老化  ・車や自転車に轢かれるリスク  ・カタボリックで筋肉がどんどん減る  ・突然死のリスク(ジョギングの始祖ジム・フィックスはジョギング中に心筋梗塞で死亡)  ・走るのやめたら心肺機能はすぐに戻る  ・ダイエットにも糞効率(30分走ってたったのおにぎり1個半分の消費カロリー) ...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】悪夢の東京五輪 サマータイム導入で急上昇する健康リスク - 08月12日(日)18:46  newsplus

 自民党内で五輪期間中の実施が検討されているサマータイム。世耕弘成経産相は10日、サマータイム導入の可否について「経産省は1999年に一定の省エネ効果があると試算した」などと語ったが、問題はそんなことじゃない。国民の健康リスクだ。  サマータイム導入の目的は、時計の針を1~2時間進めて競技開始時間を比較的涼しい朝にずらすこと。しかし、「生活時間帯が1~2時間早まるだけ」などと甘くみてはいけない。2012年から17年までサマータイムを実施し、出勤時間を30分早めた奈良県の前例がある。 「実施期...
»続きを読む
カテゴリー:

故金正日総書記の側近、元人民武力相が死去 - 08月17日(金)10:53 

 北朝鮮の金永春(キムヨンチュン)・元人民武力相(国防相)が16日未明、急性心筋梗塞(こうそく)のため死去した。82歳。朝鮮中央通信が17日朝、伝えた。金永春氏は金正日(キムジョンイル)総書記の側近で…
カテゴリー:

【軍団】石原プロ名物“炊き出し”は? 被災地に行けない意外なワケ - 08月16日(木)06:21  mnewsplus

2018.08.16 12日にオンエアされたラジオ番組「木村拓哉 Flow」(TOKYO FM)で、記録的な豪雨被害を受けた広島県呉市での炊き出しエピソードを語った木村拓哉(45)。現地の人々と触れ合うことで「ホンットに来て良かったなって(思った)」と、充足した様子で振り返っていた。  キムタク以外にも甚大な被害に見舞われた広島、岡山、愛媛の3県には、吉川晃司(52)、はるな愛(46)、MEGUMI(36)、谷原章介(46)などもボランティアで現地入り。斎藤工(36)に至ってはつなぎ着用で土砂を掘り起こ...
»続きを読む
カテゴリー:

【一番近くで見た 西武ライオンズ40年】“寝業師”根本陸夫氏 心筋梗塞で倒れた際、スーツに着替え病院に…最後まで「ダンディズム」貫く - 08月15日(水)15:30 

★(11)1978年オフ、西武が福岡を本拠地としていたクラウンライターライオンズを買収し、埼玉に「西武ライオンズ」が誕生してから今年で40周年。リーグ優勝16回…
カテゴリー:

オウム真理教事件で変わった“日本の裁判”、菊地弁護士がビフォーアフターを解説 - 08月13日(月)14:38 

滝川クリステルがメインMCを務める『教えてもらう前と後』(MBS/TBS系ネット、毎週火曜20:00~)。8月14日の放送は、オウム真理教事件で日本の裁判が変わったことが取り上げられる。毎週、特定のジャンルのスペシャリストが登場し、独自の視点で選んだ“決定的瞬間”を紹介しながら解説して、“知のビフォーアフター”が体感できる同番組。「その時!日本が動いた」のコーナーでは、弁護士の菊地幸夫先生が登場し、日本中を震撼させたオウム真理教事件(1995年)についてのビフォーアフターが紹介される。死刑執行で再び注目を集めているこの凶悪な事件を機に、犯罪被害者が裁判に参加出来るようになったという。被害者遺族の声が司法に届くようになったその経緯と環境の変化について、菊地先生が詳しく解説する。また、昭和49年に始まった連続企業爆破事件をキッカケに、日本のあるモノが強化されたとについても解説。今では考えられないほどテロが頻繁に起きていたという当時の時代背景を、貴重なニュース映像とともに菊地先生と振り返る。この他、「知らないとコワイ!〇〇」のコーナーでは、早稲田大学の岡浩一朗先生が登場し、長時間座り過ぎる生活が寿命を縮めてしまうことを警告する。オーストラリアで行われた22万人の大規模調査によると、1時間座り続けると22分余命が短くなることが分かったと話す。座るだけで足の血流が低下し、心筋梗塞や脳梗塞など...more
カテゴリー:

【iPS細胞を超えた?】遺伝子でマウス心臓再生可能に - 08月10日(金)22:33  newsplus

遺伝子でマウス心臓再生可能に *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/20180810/1070003667.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 皮膚など全身に広く存在する細胞に「Tbx6」と呼ばれる遺伝子を入れることで 心臓の筋肉や血管の細胞を作り出すことに筑波大学などの研究グループがマウスで成功しました。 研究グループは、移植を必要としない新たな治療法につながる可能性があるとしています。 心臓の再生医療分野では、ヒトのiPS細胞から作った心筋細胞を移植す...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「心筋梗塞」の画像

もっと見る

「心筋梗塞」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる