「得点力」とは?

関連ニュース

【サッカー】<日本代表>反骨のベテランDF長友佑都「おっさん、おっさん、とたたかれ、見返したい気持ちがあった」 - 06月20日(水)12:24  mnewsplus

 【サランスク(ロシア)大谷津統一】雪辱の白星だ。サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で19日、日本はコロンビアを2-1で破った。初戦を制し、2大会ぶりの決勝トーナメント進出も現実味を帯びてきた。日本にとってコロンビアは前回2014年ブラジル大会で、1-4で敗れた強敵。大会前は低調な試合が続き、前評判の低かった選手たちが反骨心で躍動した。  試合開始早々にシュートで相手のハンドを誘い、獲得したPKを自ら決めたのはMF香川真司(29)=ドルトムント。ハリルホジッチ前監督の下では出場機会が減...
»続きを読む
カテゴリー:

「キャプテン翼」第12話の先行カットが到着。若林つぶしで! - 06月18日(月)18:59 

テレビアニメ「キャプテン翼」第12話の先行カットとあらすじが到着しました。 第12話「若林つぶし」より / (C)高橋陽一/集英社・2018キャプテン翼製作委員会 (C)高橋陽 <第12話「若林つぶし」あらすじ>静岡県大会決勝へと駒を進めた南葛SC。若林も復帰し、万全の布陣で相対するのは志水小。 ゴールキーパー川上を擁する堅実な守りのチームだ。その川上の指示で翼は志水小から徹底マークを受ける。得点力の要を抑えられた南葛SCは川上の守るゴールをなかなか割ることができない。一方で南葛サイドも若林が守備に冴えを見せ、相手に得点させない。試合が0対0で膠着する中、志水小が取った次なる作戦は“若林つぶし”だった![脚本:福嶋幸典、絵コンテ:今泉賢一、演出:工藤寛顕、総作画監督:渡辺はじめ・中島 渚、作画監督:CHA MYOUNG JUNG・今岡 大・大野 勉・櫻井拓郎・斉藤大輔・柴田和紀] 第12話「若林つぶし」は、6月18日(月)25時35分からのテレビ東京・テレビ愛知・テレビ北海道など、各局で放送。また、あにてれなど各配信サービスで順次配信されます。 本作は、1980年代から放送されて社会的なブームを巻き起こした「キャプテン翼」の新作。南葛小に転入してきた天才サッカー少年・大空翼が、若林源三や日向小次郎ら全国のライバルたちと戦いながら、1人のサッカープレイヤーとして成長していきます。(W...more
カテゴリー:

ワールドカップ、日本対戦国の驚異のストライカーを徹底解剖! - 06月18日(月)05:00 

6月18日(月)19時30分から放送される『NHKスペシャル 2018 FIFA ワールドカップ 驚異のストライカー~対戦国の“英雄”たちを徹底解剖~』(NHK総合)では、日本の対戦国の注目ストライカーに迫る。6度目のワールドカップ出場を決め、世界的なリーグで活躍する選手を次々と輩出する様になった日本。しかし、30年以上前から日本サッカーにとって課題は変わらず、それは「得点力不足」だ。試合を決める“絶対的なストライカー”が不足している日本。ロシア大会で日本が対戦する3か国には、奇しくもその課題に「1人」で答えを出せる、圧倒的な得点力を備えたストライカーが集まっている。それが、ポーランドのレバンドフスキ、コロンビアのファルカオ、セネガルのマネだ。いずれも圧倒的な身体能力、ゴールへの鋭い臭覚、強靱なメンタルを兼ね備えた世界有数のストライカーだが、長年日本に現れないストライカー達はどのようにして生まれたのか……。番組では対戦国を訪ね歩き、彼らの歩んだ半生や、背負っているもの、国民の期待などをひもといていく。さらにそのスーパープレーも徹底解剖。日本が初戦を迎える直前、対戦国のストライカーに迫り、日本に足りないものを考える。 関連リンク 井之頭五郎、韓国ソウルで“ガッツリ系の最高峰”に舌鼓『孤独のグルメ』 ...more
カテゴリー:

新外国人ナバーロが入団会見=プロ野球・阪神 - 06月17日(日)15:37 

 阪神の新外国人、エフレン・ナバーロ内野手(32)が17日、兵庫県西宮市の球団事務所で記者会見し、「毎試合しっかり準備をして、チームメート、ファンのために自分が持っているものを最大限出せるよう頑張りたい」と意気込みを語った。背番号は99。今季終了までの契約で年俸は3300万円。 チームは得点力不足に悩まされており、打線の起爆剤として期待がかかる。谷本修球団本部長は「今シーズンを戦う上で欠かせない戦力になってほしい」と期待を寄せた。(金額は推定)。 [時事通信社]
カテゴリー:

【サッカー】<コロンビア地元紙>楽観論に警鐘!「油断は禁物だ!」 「日増しに高まっている楽勝ムードをあらためなければならない」 - 06月17日(日)07:06  mnewsplus

キーマンに指名したのは「進境著しい若手CBコンビ」 日本とのグループリーグ初戦を3日後に控え、コロンビア代表も6月16日の練習は冒頭15分間のみの公開となった。    注目されたのが、筋肉系の疲労を理由に練習を休んでいたハメス・ロドリゲス、ウィルマール・バリオスの両選手。チームの全体練習に参加したかどうかは定かではないが、この日はともに元気な姿を見せたようだ。    ポーランド、セネガル、日本と同居するグループHで、本命視されるロス・カフェテロス(コーヒーの生産者の意で代表チームの愛称)。カザン郊...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】明日初戦を迎える日本代表、コロンビア撃破へ「自信を持ってピッチに立ちたい」 - 06月18日(月)23:04  mnewsplus

 2018 FIFAワールドカップ ロシア第1戦のコロンビア代表戦を19日に控え、日本代表の西野朗監督と長谷部誠が前日会見に出席した。  初戦の相手コロンビアは4年前のW杯でも対戦し、日本は1-4で敗戦を喫している。長谷部は「4年前はグループステージ最後の試合で勝たなければいけない、多少のリスクを負わなければいけない状況でした。今回は初戦なので、その時とは入り方、臨み方は違うと思います。前回のリベンジもありますが、しっかりと明日の初戦で自分たちのゲームプランを遂行できるようにやっていきたい」と意気込んだ。  ...
»続きを読む
カテゴリー:

韓国はトットナム孫興民の得点力注目/W杯見どころ - 06月18日(月)15:00 

 スウェーデンは欧州プレーオフでイタリアを2戦合計1-0で下し、3大会ぶり12度目の本大会出場。過去のW杯は、38年大会4強、50年大会3位、58年大会準優勝、94年大会3位と4度もベスト4入りしている。  同国歴代最多62得点のFWイ…
カテゴリー:

【サッカー】日本の要注意選手5人を挙げたコロンビアメディア、最初に本田を取り上げ、2人目は川島だ! - 06月17日(日)19:55  mnewsplus

 日本代表の西野朗監督は18日、都内で記者会見を行い、30日のキリンチャレンジ杯・ガーナ戦(日産ス)に向けた27人のメンバーを発表した。コロンビア版『アス』もこれを報じ、27人の中から警戒すべき5選手を紹介。全員が前回のブラジルW杯の対戦(1-4)でスタメン出場した選手となっている。  同メディアが最初に取り上げたのはMF本田圭佑(パチューカ)。「31歳の彼は日本で最も有名なプレーヤーだ。3度目のW杯を迎えるが、すでに2010年の南アフリカ大会と2014年のブラジル大会で合計3ゴールを記録している」とW杯での実績に触れ、「オラ...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】岡崎慎司 渡英後「M字頭髪」が突然「フサフサ」疑惑の真相、西野監督も・・・ - 06月17日(日)11:35  mnewsplus

2018年6月17日 09:56  ハリルホジッチ前監督に冷遇されていたFW岡崎慎司(32)=レスター=が、約8カ月ぶりに代表に復帰した。 「代表で歴代3位のゴールを決めた実績だけではなく、前線から追いかけ回す守備は相手にとって脅威。出場すればチームに貢献してくれる存在です」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)  得点力不足の日本にとって救世主としても期待される岡崎だが、サッカー関係者の間では、ある疑惑が持ち上がっていた。 「15年にドイツからイングランドのチームに移籍した。それまではおでこが目立つM字ハゲだっ...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<W杯展望|フランス×オーストラリア>フランス魅惑の3トップが火を噴くか!? - 06月16日(土)18:07  mnewsplus

フランスにとって「最大の不安」が取り除かれつつある。 ロシア・ワールドカップ グループC・第1戦 フランス-オーストラリア 6月16日(土)13:00(日本時間19:00)キックオフ/カザン・アレーナ(カザン)  4試合が組まれている大会3日目。その第1試合に登場するのが、2年前のEUROで準優勝したフランスだ。  チームを率いるディディエ・デシャン監督は、台頭著しい若手を次々と取り込んだ予選終盤以降、人材豊富なアタッカー陣をどう有効活用するか模索し、本大会直前まで試行錯誤を重ねてきた。  システムは複数、...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「得点力」の画像

もっと見る

「得点力」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる