「後楽園ホール」とは?

関連ニュース

【芸能】小池栄子「タンクトップで巨乳振りかざし…」 夫・坂田亘との交際時のデート明かす - 06月24日(日)16:08  mnewsplus

http://www.sanspo.com/geino/news/20180624/geo18062415450023-n1.html 2018.6.24 15:45  女優でタレントの小池栄子(37)が24日放送のフジテレビ系「ボクらの時代」(日曜前7・0)に出演。夫である元プロレスラーの坂田亘(45)とのなれそめを語った。  小池が27歳のときに結婚をしたが、「グラビアアイドルがプロレスラーと結婚するのは面白いな、って思って」としながら当時を振り返った。 「週刊誌に撮られたくないって言っときながら、2人で裏原(宿)をタンクトップで歩いているときとか、笑っちゃって。撮っ...
»続きを読む
カテゴリー:

“悪の正太郎くん”ワカマツ登場に昭和ファン感涙!マシン引退で33年ぶり再合体! - 06月20日(水)21:15 

新日本プロレス 『KIZUNA ROAD 2018 〜スーパー・ストロング・マシン引退セレモニー〜』 ▽19日 東京・後楽園ホール 観衆 1,569人 新日本プロレス最古参レスラー、スーパー・ストロ...
カテゴリー:

岩佐、8月16日に防衛戦=1位ドヘニーと指名試合-IBF・Sバンタム級 - 06月17日(日)16:05 

 国際ボクシング連盟(IBF)スーパーバンタム級チャンピオンの岩佐亮佑(セレス)が、8月16日に東京・後楽園ホールで2度目の防衛戦を行うことが決まり、17日に所属ジムが発表した。指名挑戦者で同級1位のTJ・ドヘニー(アイルランド)と対戦する。 岩佐は千葉県柏市内で記者会見し、「鬼門のサウスポーだが、自分らしいボクシングをやるだけ。この大きな壁を越えれば強くなる」と決意を示した。プロでの2敗はともにサウスポーの山中慎介とハスキンスに喫している。 戦績は岩佐が25勝(16KO)2敗。ドヘニーは19戦全勝(14KO)。 [時事通信社]
カテゴリー:

新日本、S・S・マシン引退記念試合は、マシン軍団vs.ロスインゴの10人タッグマッチ - 06月13日(水)21:15 

新日本プロレスは11日、都内の本社で会見を開き、6月19日の後楽園ホール大会で引退セレモニーを行う、スーパー・ストロング・マシン引退記念試合の概要を発表した。 「僕が責任を...
カテゴリー:

江幡塁、小笠原瑛作を完全KO!小野寺力プロデューサー「那須川天心戦を交渉する!」 - 06月11日(月)21:45 

キックスロード 『KNOCK OUT SURVIVAL DAYS』 ▽8日 後楽園ホール 観衆1,850人(札止め) 肘ありのキックボクシングイベントKNOCK OUTが提供したスーパーバンタム級のドリームマッチ...
カテゴリー:

井上拓、9月に指名挑戦者決定戦=WBCバンタム級-ボクシング - 06月21日(木)19:43 

 世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級9位の井上拓真(大橋)と、同級3位で東洋太平洋王者のマーク・ジョン・ヤップ(六島)=フィリピン=が9月11日に東京・後楽園ホールで、指名挑戦者決定戦を行うことが決まり、21日に発表された。井上拓は3階級王者の井上尚弥の弟。 戦績は井上拓が11戦全勝(3KO)、ヤップは29勝(14KO)12敗。 WBCバンタム級王座は、今年3月に山中慎介との試合の前日計量で失格となったルイス・ネリ(メキシコ)が剥奪されて空位となっている。 [時事通信社]
カテゴリー:

【プロレス】スーパー・ストロング・マシン、引退セレモニーで告白「一つの理由は妻の死です」 - 06月20日(水)00:38  mnewsplus

◆新日本プロレス「KIZUNA ROAD2018」大会(19日、東京・後楽園ホール、観衆1569人)  ▽スーパー・ストロング・マシン引退記念試合60分1本勝負 〇S・S・マシン・NO69、S・S・マシン・ドン、 S・S・マシン・ジャスティス、S・S・マシン・バッファロー、S・S・マシン・エース(15分33秒 魔神風車固め)内藤哲也、 SANADA、EVIL、高橋ヒロム、BUSHI、●  人気覆面レスラー・スーパー・ストロング・マシンがこの日を持って引退。1978年に新日に入門して以来、 40年...
»続きを読む
カテゴリー:

新日本プロレスを支えたスーパー・ストロング・マシンがふり返る二番手人生「『なんであんなこと言ったんだ!』って怒られたけど気にしなかった」 - 06月16日(土)06:00 

ギギギッ、ガガガッ―。 不気味な機械音を響かせ、30年以上にわたり新日本プロレスを縁の下で支え続けた名バイプレーヤーが、ひっそりとリングから去る。 スーパー・ストロング・マシン。 恵まれた肉体と確かなテクニック、そして時折、マスクの下から見せる人間味が多くのファンの心をつかんだ。 近年は古傷の悪化もあり、2014年4月を最後に丸4年もリングから離れていたが、このほど6月19日の後楽園ホール大会で引退セレモニーを行なうことが発表された。 引退を決意した背景にはどんな思いがあったのか。 「本当は生涯現役でいたかった。リングの上で死ねたら本望と思ってましたけど、そんなことしたら迷惑かけるし(苦笑)、体も満足に動かないなか、ケガをごまかしながら試合をするなんてことは新日本のリングではあっちゃいけないんです」 新日本のレスラーとしてのプライドをのぞかせるマシンだったが、引退セレモニーを行なうかはかなり悩んだ。 「会社から話をいただいて、やるかどうか1ヵ月くらい考えました。ここ数年は新人選手のコーチなどをしていたんですが、その契約も今年の1月で終わったので、ここで一発ケジメをつけようかなと...more
カテゴリー:

クリス・ベンワー ナイスガイの反則死――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第97話> - 06月13日(水)08:31 

 サクセス・ストーリーと悲しすぎる最期、プロレスラーの天国と地獄を生きたスーパースターだった。  クリス・ベンワーは12歳のときに“心の師”ダイナマイト・キッドと出逢い、プロレスラーになることを決意した。  世界じゅうをまわりながらプロレスを旅をつづけ、18年がかりで“レッスルマニア”のメインイベントにたどり着き、マディソン・スクウェア・ガーデンで世界ヘビー級チャンピオンになった。  ホームタウンのカナダ・エドモントンでは、中学時代からいつもリングサイド席でキッドの試合を食い入るように観ていた。  キッドとデイビーボーイ・スミスが坊主頭にしたときは、クリスもすぐに頭を丸刈りにした。キッドのカミソリのような切れ味の鋭いレスリング、スピード感、文字どおり爆弾のようなガッツとスピリットに完全にシビれた。  そして、なによりもクリスを驚かせたことはキッドが自分とそれほど変わらないくらいの体格だという事実だった。  ハイスクール時代は9月の新学期シーズンはフットボール、冬はアイスホッケー、春は陸上競技、夏はベースボールと1年じゅうスポーツに汗を流した。雪国エドモントンではホッケー・プレーヤーが学校のスターだった。  アマチュア・レスリングもやりたかったけれど、クリスが通っていたハイスクールにはレスリングのチームがなかったため近所のYMCAのレスリング教室に通った。1日でも早くプ...more
カテゴリー:

決勝は不可思vs.秀樹!タネヨシホはKNOCK OUT皆勤宣言!仲山大雅にブレイクの兆し - 06月11日(月)21:15 

キックスロード 『KNOCK OUT SURVIVAL DAYS』 ▽8日 後楽園ホール 観衆1,850人(札止め) 久々に不可思らしい試合を見た気がする。それは対戦相手が鈴木博昭だったことも大きかったの...
カテゴリー:

もっと見る

「後楽園ホール」の画像

もっと見る

「後楽園ホール」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる