「待機児童」とは?

関連ニュース

【朝日新聞】萩生田氏「赤ちゃんはママがいいに決まっている」 - 05月27日(日)18:19  seijinewsplus

5/27(日) 17:12配信 朝日新聞デジタル  自民党幹事長代行の萩生田光一衆院議員が27日、宮崎市内で講演し、子育てに関する持論を語った。「0~3歳の赤ちゃんに、パパとママどっちが好きかと聞けば、はっきりとした統計はありませんけど、どう考えたってママがいいに決まっているんですよ。0歳から『パパ』っていうのはちょっと変わっていると思います」などと述べた。  自民党宮崎県連の60周年記念大会で「更なる自民党の躍進に向けて」の題で講演した際に語った。  萩生田氏は都市部の待機児童問題について「今の対処と...
»続きを読む
カテゴリー:

福島市の待機児童が半減 対策強化が奏功、112人に - 05月25日(金)11:11 

福島市は23日、市立を含む認可保育所への入所を希望しても入れない待機児童が4月1日現在で112人となり、福島県内で最も多かった前年同時期(223人)から半減したと発表した。 認可保育所の定員(4480
カテゴリー:

福島市の待機児童が減少 2017年10月比で138人減 - 05月23日(水)12:51 

福島市の待機児童が減少 2017年10月比で138人減
カテゴリー:

保活を忘れママが働ける環境を!待機児童全国最多エリアではじまる「まごころ介護」の挑戦【インタビュー前編】 - 05月23日(水)06:30 

待機児童全国最多の東京都世田谷区で7月にオープンする「そらとにじのいえ保育園」が注目を集めています。待機児童を減らし、高齢化に伴う介護危機を救い、地域と子どもたちに笑顔と優しさを育む取り組みについて、園を運営する「まごころ介護」代表・榎本吉宏さんに聞きました。 保育園時代は働き、小学校入学で退職…なぜ?ママたちの深いワケ 東京・世田谷区の待機児童問題というのは現実として深刻 ――東京都世田谷区全域で、主に身障者の方への訪問介護事業を展開している「まごころ介護」。榎本さんが大学ご卒業後すぐ創業され、昨冬に10周年を迎えられたとのことですが、今年7月には同じく世田谷区内に「そらとにじのいえ保育園」を開設されるとのこと。どうしていま新たに、保育事業を始めようと考えられたのでしょうか。 榎本吉宏さん(以下、榎本):世田谷区の待機児童問題というのは現実として深刻で、一般的な家庭の方で2歳まではなかなか保育園に預けるのが難しい状況です。 僕は4人の子を持つ父ですが、実はいまから5年ほど前、一人目が生まれた時に保育園に入れませんでした。 その時、社内で僕は現場の責任者で、妻は会計や総務の最終責任者をしていましたから、仕事を休むわけにもいかず・・・当然「じゃあ仕事と子育てをどう両立するか」という話になりました。 幸い僕の両親が都内の江東区に住んでいたので、一家で世田谷区から江東区に引...more
カテゴリー:

スポーツ通し地域貢献 アスリート工房、待機対策で学童開設 - 05月20日(日)12:15 

 【宜野湾】運動能力の向上や健康増進を目的にスポーツクラブを運営する一般社団法人「アスリート工房」が4月、宜野湾市大謝名に小学生を受け入れる学童クラブを開設した。学童の待機児童が多い宜野湾市の課題解決に貢献する。同法人の学童クラブ運営は初めて。譜久里武代表(47)は「スポーツを通した地域の問題解...
カテゴリー:

【待機児童】自民・萩生田氏「赤ちゃんはママがいいに決まっている」「「パパ」っていうのはちょっと変わってる」 - 05月27日(日)18:16  newsplus

自民党幹事長代行の萩生田光一衆院議員が27日、宮崎市内で講演し、子育てに関する持論を語った。「0~3歳の赤ちゃんに、パパとママどっちが好きかと聞けば、はっきりとした統計はありませんけど、どう考えたってママがいいに決まっているんですよ。0歳から『パパ』っていうのはちょっと変わっていると思います」などと述べた。  自民党宮崎県連の60周年記念大会で「更なる自民党の躍進に向けて」の題で講演した際に語った。  萩生田氏は都市部の待機児童問題について「今の対処として、待機している赤ちゃんを救済していく...
»続きを読む
カテゴリー:

待機児童7割減 那覇市 6年度比、定員増奏功 - 05月24日(木)05:00 

 那覇市の4月1日時点の待機児童数は138人で、過去10年で待機児童が最も多かった2016年度の559人から約7割減少した。認可園は16年度の86園から141園に増え、保育定員は1万1405人で過去最多となった。市は「認可園の増設は一段落した」とし、今後は保育士確保やミスマッチ解消に取り組む。  年齢別...
カテゴリー:

待機児童と介護人材不足の負のスパイラルを解決するには…「新生保育園」の挑戦【インタビュー後編】 - 05月23日(水)11:42 

待機児童全国最多の東京都世田谷区で7月にオープンする「そらとにじのいえ保育園」が注目を集めています。 保活を忘れママが働ける環境を!待機児童全国最多エリアではじまる「まごころ介護」の挑戦【インタビュー前編】 待機児童を減らし、高齢化に伴う介護危機を救い、地域と子どもたちに笑顔と優しさを育む取り組みについて、園を運営する「まごころ介護」代表・榎本吉宏さんに聞きました。 保育園を核家族+高齢者+要介護者の交流拠点に!2020年パラ大会へ向けた準備にも インタビュー【前編】では、東京都世田谷区全域で主に身障者の方への訪問介護事業を展開している「まごころ介護」が今年7月、同区内に「そらとにじのいえ保育園」を開設されるまでのいきさつについてお伺いしました。 ――待機児童問題と介護の人材難がいかに深刻か…。驚くことも少なくありませんでしたが、最終段で榎本さんから「地域の福祉を豊かにして、みんなが暮らしやすい、外に出ていきやすい環境をつくっていかなければ、結局のところは『負のスパイラル』から抜けられない」というお話がありましたね。「地域の福祉を豊かにする」というのは、具体的にはどのようなことを指すのでしょうか。 榎本:実は世田谷というのは、待機児童数もワーストワンなんて言われていますが、65歳以上の高齢者の一人暮らしも多いんです。少し前にも、ご近所で孤独死された方がいらっしゃいました...more
カテゴリー:

「はしご登園」行ってきます #時間と戦うママたちへ - 05月22日(火)06:00 

新年度になり、保育園などにお子さんを預けて働かれるママたちもいらっしゃると思います。私もその一人です。 年子の兄弟を同園に入園させたかったのですが、住んでいる地域は待機児童も多い保活激戦区。長男(3歳)次男(2歳)はそれぞれ別々の保育園に通う事になりました(そもそも保育園に入園できただけでも有難い事でした)。 いわゆる「はしご登園」をすることになったわけですが、毎朝戦争です。 次男が先に出発なのは、次男が後だと自分も行きたがって大泣きするからです(笑)。 いかに機嫌よく二人の幼児をそれぞれの保育園に連れて行けるかが勝負の毎朝。 自宅におばあちゃんがいてくれるので、ひとりずつ送れるのは本当に助かっています。 雨の日は朝の送りで一日の力を使い果たします……。その後仕事とか……現実逃避したい……。 保育園が始まり1週間、そろそろ慣らし保育も終了という時 疲れが一気に出て一家総ダウン。とても酷い気管支炎に家族みんな撃沈しました。 おばあちゃんも撃沈。 第2週目はほとんど保育園に行けず。私も慣れない忙しさに身体が疲れており、見事に風邪をもらいました。 きちんと体調を整えるため、週末はゆっくり過ごしました。 しかし治ってもまた保育園で新しい風邪をもらってきては休み、5月に入って次男は急性中耳炎になり高熱を出すなど、なかなか体調が安定せず、私も仕事を休んだりと保育園入...more
カテゴリー:

【書評】少子化に高齢化。日本の人口減を食い止める過激な提言 - 05月18日(金)04:00 

少子高齢化の有効な手立ても見つからず、人口減の一途を辿っている日本。この問題について解決の糸口が見つかることはなく、このまま未来へと向かっていくのでしょうか? 今回、無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんが紹介しているのは、その状況を打破するための10の提言が書かれた1冊の本。果たして人口減を脱するためには、今なにが必要なのでしょうか? 『未来の呪縛 日本は人口減から脱出できるか』 河合雅司・著 中央公論新社 河合雅司『未来の呪縛 日本は人口減から脱出できるか』を読んだ。政府のいう少子化対策と子育て支援策とは、重なる部分も多いが、似て非なる政策だ。保育所の整備や「仕事と生活の調和」など、親の就労環境の改善に議論が集中してきた。しかし、もはや出生率増加に踏み込んだ策が必要だ。現在の少子化の要因の大半は、結婚で説明できる。筆者は、直ちに行うべき施策を10の提言として述べる。 結婚対策 1.高校ボランティアチームの結成2.お見合いの普及3.「未来の人生年表」をつくる4.20代対象の「母親応援手当」の創設5.第3子以上に1,000万円給付6.「父親休暇」制度の導入7.子育て世帯の全国転勤凍結8.「全母親支援センター」の全国展開9.「育児保険」の新設10.ゼロ歳に選挙の投票権を付与 番外社会保障費循環制度の導入──である。 1.と2.は出会いの...more
カテゴリー:

もっと見る

「待機児童」の画像

もっと見る

「待機児童」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる