「彫刻家」とは?

関連ニュース

【音楽】クリス・コーネル像がシアトルに設置へ - 07月21日(土)22:04  mnewsplus

2018/07/21 08:37 クリス・コーネル像がシアトルに設置へ サウンドガーデン(Soundgarden)やオーディオスレイヴ(Audioslave)で知られるクリス・コーネル(Chris Cornell)の銅像が、クリスの故郷である米ワシントン州シアトルに建てられることが、彼の誕生日(7月20日)に発表されています。妻のヴィッキー公認。場所はシアトルの博物館Museum of Pop Cultureで、8月29日に正式設置されます。銅像は彫刻家のニック・マラスが手がけます。 http://amass.jp/108091/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

彫刻家・鎌田さん、ロシアで作品制作 国境越え、美の交流 - 07月18日(水)09:42 

 秋田県大潟村にアトリエを構える彫刻家の鎌田俊夫さん(73)が6月10日から今月5日まで、ロシア・ブリヤート共和国とモスクワを訪れた。現地で作品を制作し、国際美術展などに参加した。16日夜、村ふれあい…
カテゴリー:

版画・彫刻家の浜田知明氏死去、100歳=「初年兵哀歌」でルガノ国際次賞 - 07月17日(火)13:32 

 戦争の悲惨さを表現し続けた版画・彫刻家の浜田知明(はまだ・ちめい、本名ともあき)氏が17日午前1時25分、老衰のため熊本市の病院で死去した。100歳だった。葬儀は19日正午から熊本市中央区河原町23の豊住葬祭で。喪主は長女宏子(ひろこ)さん。 熊本県生まれ。1939年、東京美術学校(現東京芸術大)を卒業後、召集。歩兵として中国に渡った経験をモチーフに戦後、銅版画「初年兵哀歌」などの連作を発表。銃口を自分の喉元に当てる兵士を描いた「初年兵哀歌(歩哨)」は56年、スイスのルガノ国際版画展で次賞に輝いた。 その後も社会風刺をこめた「群盲」や核の恐怖を表現した「ボタン(A)」「ボタン(B)」などの作品を制作、彫刻も手掛けた。79年にはオーストリアのアルベルティーナ国立美術館で展覧会を開催、89年にはフランス芸術文化勲章シュバリエ章を受けた。 【時事通信社】
カテゴリー:

彫刻家の流政之氏死去=95歳、NY貿易ビル前に作品 - 07月17日(火)12:35 

 2001年9月の米同時多発テロで崩壊したニューヨークの世界貿易センタービル前に設置された「雲の砦(とりで)」などで知られる彫刻家の流政之(ながれ・まさゆき)氏が7日午前、老衰のため死去した。95歳だった。葬儀は本人の希望で行わなかった。 長崎県生まれ。第2次大戦から復員後、独学で彫刻を学び、作品の深い精神性が国内外で高く評価された。1975年制作の「雲の砦」は約250トンの石を用い、同時テロでも無傷だったが、後に救助活動のため撤去された。 高松市を拠点に創作を続け、日本建築学会賞、日本芸術大賞などを受賞した。 【時事通信社】
カテゴリー:

訃報:流政之さん95歳=彫刻家、米貿易ビル前に設置 - 07月17日(火)11:28 

 米ニューヨークの世界貿易センタービル前の巨大彫刻などで知られる彫刻家の流政之(ながれ・まさゆき)さんが7日、老衰のため死去した。95歳。葬儀は遺志で行わない。お別れの会を開くかは未定。自宅は高松市庵治町3183の1。
カテゴリー:

彫刻家・鎌田さん、ロシアで作品制作 国境越え、美の交流 - 07月18日(水)09:42 

 秋田県大潟村にアトリエを構える彫刻家の鎌田俊夫さん(73)が6月10日から今月5日まで、ロシア・ブリヤート共和国とモスクワを訪れた。現地で作品を制作し、国際美術展などに参加した。16日夜、村ふれあい…
カテゴリー:

彫刻家の流政之さん死去 サムライ・アーティストと評価 - 07月17日(火)19:32 

 米ニューヨークの世界貿易センタービルにあった「雲の砦(とりで)」などの作品で知られる彫刻家の流政之(ながれ・まさゆき)さんが7日、老衰で死去した。95歳だった。故人の遺志で葬儀は行わない。香典や供花…
カテゴリー:

片桐祐司監督直撃「ゲヘナ~死の生ける場所」誕生秘話 - 07月17日(火)12:39 

 ハリウッドで映画の特殊メイクやキャラクターのデザインを手がける造形家で彫刻家の片桐祐司が、初の長編映画監督を務めたサスペンスホラー「ゲヘナ~死の生ける場所~」が30日から公開されるのを前に、ロサンゼルスで話を聞きました。  「パシフィ…
カテゴリー:

版画・彫刻家の浜田知明さん死去 戦争体験をモチーフに - 07月17日(火)11:28 

 戦後日本を代表する版画・彫刻家の一人で、戦争の残酷さと人間の不条理をユーモアと批判精神を込めて表現し続けた浜田知明(はまだ・ちめい、本名・ともあき)さんが17日午前1時25分、老衰のため入院していた…
カテゴリー:

「3代目」はイタリア生まれ/W杯トロフィー物語 - 07月16日(月)01:59 

 フランスが掲げる黄金色のW杯優勝トロフィーは、イタリア生まれだ。74年ドイツ大会から使用される、2人の競技者が地球を支えるデザインは同国の彫刻家シルビオ・ガッツアニガ氏(故人)によるもの。60年ぶりにW杯出場を逃したカルチョの国で、世…
カテゴリー:

もっと見る

「彫刻家」の画像

もっと見る

「彫刻家」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる