「弾道ミサイル」とは?

関連ニュース

【朗報】北朝鮮、経済制裁が効きまくって昨年の経済成長率-3.5% 今年はさらに悪化 - 07月22日(日)20:36  news

北朝鮮経済、昨年の経済成長は3.5%減 過去20年で最悪  韓国の中央銀行「韓国銀行」は22日までに、北朝鮮の経済成長率は昨年、マイナス3・5%を記録し、今年は さらに悪化する可能性があるとの分析を示した。 3.9%増を記録した2016年からは大幅な後退で1997年 以降では最悪の水準となっている。北朝鮮は同年、国内各地で食糧不足に起因する飢饉(ききん)に襲われ、 経済成長率は推定でマイナス6・5%としていた。  昨年のマイナス成長率は、核・弾道ミサイル開発問題を受けた国際社会の経済制裁が主...
»続きを読む
カテゴリー:

消防「Xバンドレーダーを止めて!」米軍「あ?」京都府知事「…日本の防衛省!お前らが悪い」 - 07月20日(金)00:01  news

弾道ミサイルの探知・追尾用の「Xバンドレーダー」を運用する米軍経ケ岬通信所 (京都府京丹後市)が5月、消防からの電波送信の停止要請に応じなかったため ドクターヘリによる救急搬送が遅れた問題が起き、西脇隆俊知事が19日、 防衛省を訪れ、再発防止の徹底を要請した。   小野寺五典防衛相は「米側にも厳しく話し、現場の自治体と連携を密に できるようしっかり後押しをしたい」と述べた。   防衛省や京都府などによると、5月15日、交通事故の負傷者を ドクターヘリで救急搬送するため、宮津与謝消防組合消防本...
»続きを読む
カテゴリー:

【宇宙開発】迷走を経て、韓国の国産ロケット、試験打ち上げに大きく近づく[07/17] - 07月19日(木)10:06  scienceplus

■韓国は新型ロケットの総合燃焼試験に成功し、独自の宇宙ロケットの打ち上げに大きく近づいた 韓国航空宇宙研究院(KARI)は2018年7月5日、開発中の新型ロケット「KSLV-II」の総合燃焼試験に成功したと発表した。 KSLV-IIは今年10月に試験打ち上げを予定しており、今回の燃焼試験はそれに向けた最後の関門だった。 この成功で、韓国は独自の宇宙ロケットの打ち上げに向け、大きく近づくことになった。 KSLV004a.jpg打ち上げに向けた準備中のKSLV-IIの試験機 (C) KARI ■韓国のロケット 韓国の宇宙開発は1990年代から本格的に始...
»続きを読む
カテゴリー:

猶予は11月まで。金正恩に笑顔を向けるトランプが北に攻め込む日 - 07月13日(金)04:30 

訪朝した米国国務長官に北朝鮮は非核化スケジュールを示せないばかりか、米国側から「制裁解除は非核化の後」と改めて宣言されてしまいました。国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で今後の北朝鮮問題の推移を予測。11月に行われる米国大統領中間選挙後に大きな動きがある可能性を示唆しています。 金正恩の本音が表れてきました 昔からの読者さんはご存知ですが、RPEでは金正恩の意図について、こんな風に説明してきました。 金正恩は、父・金正日の成功例を繰り返している つまり、彼の作戦は、「非核化を約束し、制裁を解除させ、経済支援を得て、体制保証も得て、しかし、完全非核化はしない」であると そして、6月12日の米朝首脳会談については、全世界が「大失敗だ!」と合唱する中、一人だけ「大成功だ!」を主張してきました。なぜ「大成功」なのでしょうか? 金正恩は、米朝首脳会談で「何も得ていない」からです。彼が欲しいのは、まず第一に、制裁解除、少なくとも制裁緩和でしょう。米朝首脳会談で、トランプは、制裁解除、制裁緩和を約束しましたか? していません。 金が次にほしいのは、経済支援です。トランプは、経済支援を約束しましたか? 彼は、「日本にいってくれ」といったのです。しかし、日本は、「拉致被害者を全員返すまで、制裁解除はしないし、経済支援もしない」という立場。だから、彼は...more
カテゴリー:

本土防衛の最後の砦を守る美人司令官 小野打泰子1等空佐・第6高射群司令 - 07月10日(火)18:40  news

防空の最後の砦、自身の役割を考え“俺がやる” 2018.07.10 第6高射群を束ねる小野打泰子(おのうちやすこ)群司令は、昨年9月に 航空自衛隊初の女性高射群司令に就いた。まさに北朝鮮が立て続けに弾道ミサイルを発射し、 日本上空を通過した直後で、迎撃の実行がより現実味を帯びるほど、 緊張の糸は最大限に張り詰めていた。今のところ、そんな危機的ともいえる状況は、 小康状態となっているものの、同部隊はまさに弾道ミサイルが通過した直下で警戒に当たっている。 いまだ緊張状態が続く部隊をいかに統率するのか。小野打...
»続きを読む
カテゴリー:

北朝鮮経済、昨年の経済成長は3.5%減 過去20年で最悪 - 07月22日(日)17:31 

韓国の中央銀行「韓国銀行」は22日までに、北朝鮮の経済成長率は昨年、マイナス3・5%を記録し、今年はさらに悪化する可能性があるとの分析を示した。 3.9%増を記録した2016年からは大幅な後退で1997年以降では最悪の水準となっている。北朝鮮は同年、国内各地で食糧不足に起因する飢饉(ききん)に襲われ、経済成長率は推定でマイナス6・5%としていた。 昨年のマイナス成長率は、核・弾道ミサイル開発問...
カテゴリー:

2PACの話しようぜ - 07月19日(木)17:46  news

航空自衛隊は18日、北朝鮮の弾道ミサイル飛来に備えた地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の 機動展開訓練を札幌市中央区の陸上自衛隊札幌駐屯地で実施し、報道公開した。 6月の米朝首脳会談以降、PAC3の訓練公開は全国初で、空自は「防衛態勢の維持に万全を期すため」 と説明している。 空自千歳基地所属の第3高射群第9高射隊が、発射機やレーダーなどをけん引したトレーラーなど 車両8台を千歳基地から札幌駐屯地に展開。住宅地に隣接した駐屯地内で隊員約30人が発射までの 手順を約20分かけて確認した。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

地上イージス国会議員に問う[石井浩郎氏]国の丁寧な説明必要 - 07月14日(土)13:16 

【石井浩郎氏 自民・参院本県選挙区】(1)地上イージスの国内配備への賛否=どちらかといえば賛成 中長期的な国防の観点から弾道ミサイル防衛の強化は必要だ。現在はイージス艦が弾道ミサイル防衛の任に当たって…
カテゴリー:

金正恩が脱北する!? 米朝首脳会談で裏面合意(密約)はあったのか? - 07月11日(水)08:51 

 アメリカ、北朝鮮の両トップが初めて顔を合わせた米朝首脳会談。両首脳が交わした合意文書において、非核化の具体的なプロセスについては一切踏み込んでいないにもかかわらず、アメリカは北朝鮮に体制保証を与えてしまった。これをもって、トランプが金正恩に一方的な譲歩をしたとの評価がされている。果たして、本当にその分析は正しいのか。最新刊『金正恩が脱北する日』(扶桑社刊)にて、北朝鮮の核・弾道ミサイルを巡る米朝の腹の内を暴いた、元韓国国防省北朝鮮分析官の高永喆氏に聞いた。 ◆軍部クーデターを恐れる金正恩 ──米朝首脳会談では、金正恩は体制保証にこだわりました。ご著書『金正恩が脱北する日』はセンセーショナルなタイトルですが、3代続いてきた金体制が現在危機的状況ということでしょうか。 高:金正恩の生死可否は、米軍や北朝鮮軍の行動次第で脅かされます。たとえば、北朝鮮が核を手放さない場合、金正恩の命をピンポイントで狙う米軍の『斬首作戦』がわかりやすい例でしょう。これまで北朝鮮は核を保有することで、米軍による北朝鮮本土への全面軍事攻撃を防いできました。しかし、金正恩が自分の命が惜しいばかりにアメリカの要求通りに核放棄しようとすれば、国の存続と自らの身の危険を感じた北朝鮮軍部は反発し、クーデターを決行するでしょう。金正恩は脱北・亡命せざるを得なくなることも大いに考えられます。 ──金正恩は自らの体制...more
カテゴリー:

イージス艦7隻目進水へ=対中国も念頭、20年就役-海自 - 07月10日(火)17:57 

 防衛省海上幕僚監部は10日、弾道ミサイル迎撃能力を備える建造中のイージス艦(8200トン)の命名・進水式が、30日に横浜市のジャパンマリンユナイテッド横浜事業所(磯子工場)で行われると発表した。海自の7隻目のイージス艦となり、2020年に就役する。 新造艦は日米両国が共同開発中の新型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の発射能力を備えることになる。来年には別の新規イージス艦も進水する予定で将来、弾道ミサイル対処能力のある海自イージス艦は8隻態勢となる。 敵の巡航ミサイルや航空機の位置情報を最新のネットワークで共有できる「共同交戦能力(CEC)」と呼ばれるシステムも初めて導入。将来、CECを搭載する米海軍のイージス艦ともデータリンクで結び、中国が開発を進める対艦ミサイルなどの脅威も念頭に情報共有化を進めるとみられる。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「弾道ミサイル」の画像

もっと見る

「弾道ミサイル」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる