「弘前市」とは?

関連ニュース

【サッカー】先発柴崎の活躍に声援、日本勝利で青森県内熱狂 - 06月20日(水)00:07  mnewsplus

サッカーW杯初戦を大金星で飾った日本代表。青森県内では、県人初のW杯に先発出場した柴崎岳選手の出身地・野辺地町でパブリックビューイング(PV)が行われ町民が声援を送ったほか、県内各地のスポーツバーでも多くのサポーターが日本の勝利に酔いしれた。  野辺地町の中央公民館には、町内や青森市などから約170人が集まった。午後8時10分ごろ、柴崎選手の先発が分かると、会場は明るい雰囲気に。試合開始直後にコロンビアの選手が退場になり日本が先制点を奪うと、会場は大騒ぎとなった。  柴崎選手がコーナーキックなどを蹴る...
»続きを読む
カテゴリー:

青森にも立民県連 7月末、民進県連元幹部ら - 06月12日(火)10:56 

元青森県議で民進党青森県連の幹事長を務めた山内崇氏が10日、弘前市内での支援者との集会で、立憲民主党の青森県連を立ち上げる意思を明らかにした。7月末をめどに設立する方針。立民の地方組織は東北では宮城県
カテゴリー:

一人あたりの年間所得が1514万円の村 - 06月05日(火)23:49  news

六ケ所が10年連続トップ/市町村民所得 http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2018/20180605036431.asp 青森県が5日公表した2015年度の市町村民経済計算によると、 1人当たりの市町村民所得が最も高かったのは、核燃料サイクル施設が立地する六ケ所村で、 1514万9千円(前年度比6.3%増)だった。同村のトップは現在の基準で比較可能な06年度以降10年連続。 1人当たり所得の県民平均は246万2千円で、前年度より5.6%増。 1人当たりの市町村民所得は、今別町を除く39市町村で前年度より増えた。 六ケ所村の村民所得の高さに...
»続きを読む
カテゴリー:

【青森】りんご摘果中に高さ3メートルの高所作業車から転落 80歳男性死亡 西目屋村 - 06月13日(水)06:04  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/20180612/6080001248.html りんご摘果中に転落 男性死亡 06月12日 19時36分 12日午前、西目屋村で80歳の男性がりんごの不要な実を摘み取る作業をしていたところ、高所作業車から転落して死亡しました。 12日午前8時半ごろ、西目屋村大秋のりんご畑で、この畑を所有する農業の熊谷武徳さん(80)が高所作業車の上から地面に転落しました。 熊谷さんはヘリコプターで弘前市内の病院に搬送されましたが、腹などを強く打っておよそ4時間後に死亡しました。 警察によりますと、熊谷...
»続きを読む
カテゴリー:

<弘前ねぷた>サムライブルー デザイン 制作本格化 - 06月08日(金)06:05 

14日に開幕するサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会を前に、日本代表「サムライブルー」のユニホームを模した金魚ねぷたと津軽凧(たこ)の制作が、弘前市の津軽藩ねぷた村で本格化している。 鮮やかな青色
カテゴリー:

【鳥】「フクロウのおかげ」 守り神、フクロウ 営巣着々 リンゴ園 ネズミ食害防げ/青森県弘前市 - 06月02日(土)11:26  newsplus

巣箱の中で餌を待つフクロウのひな 青森県弘前市のリンゴ農家らが、木をネズミの食害から守ろうと、フクロウの巣箱を園地に設置する取り組みが効果を呼んでいる。フクロウはリンゴの木をかじるハタネズミの天敵。今年は昨年の秋にネズミが少なく、2月の寒さで繁殖に不利と思われる条件だったが、昨年より多く営巣した。営巣した園地では被害が減っており、農家は「フクロウのおかげ」と喜ぶ。 . ■木枯れず手応え 他産地も関心高く 下湯口地区 弘前市下湯口地区のリンゴ園に高さ70センチ、幅・奥行き36センチの巣箱が設置してあ...
»続きを読む
カテゴリー:

「弘前市」の画像

もっと見る

「弘前市」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる