「弁護団」とは?

関連ニュース

大分地裁、9月に可否判断=伊方3号機差し止め - 05月24日(木)18:37 

 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)は安全性が確保されていないとして、住民4人が運転差し止めを求めた仮処分申請の第12回審尋が24日、大分地裁(佐藤重憲裁判長)であった。この日で審尋は終わり、佐藤裁判長は9月中に判断を示す考えを示した。四国電と住民側弁護団が明らかにした。 審尋は非公開で行われ、佐藤裁判長は双方に対し、6月29日までに文書での説明を終えるよう求めた。 【時事通信社】
カテゴリー:

諫干訴訟:漁業者側、第2次和解勧告を即日拒否 - 05月23日(水)19:13 

 国営諫早湾干拓事業(長崎県、諫干)を巡り、堤防開門を強制しないよう国が漁業者に求めた請求異議訴訟の控訴審で、漁業者側弁護団は23日、福岡高裁(西井和徒裁判長)が22日に示した第2次和解勧告を即日拒否したことを明らかにした。漁業者側は開門案を含めた和解協議の継続を求めてきたが、再度の和解勧告も開門し
カテゴリー:

文書変造容疑でスルガ銀行員ら告発 シェアハウス投資 - 05月22日(火)19:52 

 シェアハウス投資向け融資の不正問題で、地方銀行のスルガ銀行(静岡県沼津市)からの多額の借金を抱えたシェアハウスオーナーの被害弁護団が22日、同行の融資担当者と不動産業者の従業員らについて、有印私文書…
カテゴリー:

スルガ銀行員ら刑事告発=融資書類改ざん容疑-シェアハウス被害弁護団 - 05月22日(火)18:13 

 経営破綻した不動産会社「スマートデイズ」(東京)が運営する投資用シェアハウスの購入資金をめぐり、多くの購入者への融資を担当したスルガ銀行(静岡県沼津市)の行員らについて、購入者の弁護団は22日、年収や預金残高を示す資料を改ざんし融資を実行したとして、有印私文書変造などの疑いで告発状を警視庁に提出した。 告発状などによると、2014年9月~17年11月、同行行員やシェアハウスの販売仲介業者ら計33人は、融資審査を通すため、融資希望者35人の年収や預金残高を示す資料を改ざんして水増しした疑いが持たれている。 同行は15日、内部調査結果を発表し、融資審査書類の改ざんを行員が認識していた可能性があると発表。一方で、行員の直接的関与の有無は第三者委員会の調査に委ね、組織的関与については否定した。 【時事通信社】
カテゴリー:

「魔女狩り」開始から1年、米大統領選トランプ陣営とロシアとの関係調査の現状 - 05月22日(火)16:00 

2018年5月17日、米大統領選のトランプ陣営と選挙への介入が疑われるロシアとの関係を捜査する責任者としてロバート・ミュラーが指名されてから、ちょうど1年を迎えた。1年がたった今でもミュラーの存在を意識し、”魔女狩り”と揶揄するトランプ。果たしてミュラー特別捜査官は、大統領を起訴することができるのか?2018年5月17日、2016年の米大統領選におけるトランプ陣営と、選挙への介入が疑われるロシアとの関係を捜査する責任者としてロバート・ミュラーが指名されてから、ちょうど1年を迎えた。捜査当局はこれまで、22組の個人と組織に対する8つの訴訟を起こしている。トランプ陣営の協力者であるリック・ゲイツ、陣営の外交政策顧問を務めたジョージ・パパドプロス、元国家安全保障担当補佐官マイケル・フリンらは皆、同捜査絡みの裁判で有罪を認めている。トランプの選挙対策本部長だったポール・マナフォートは、さまざまな金融犯罪により起訴されたが、無罪を主張している。しかし自身の選挙キャンペーンに犯罪の臭いが漂っているにもかかわらず、ドナルド・トランプは依然として米国大統領の職に留まっている。しかもミュラーが特別捜査官に就任して1年を迎えた日の朝、トランプはツイッターで”祝意”を表明した。 Congratulations America, we are now into the second year of th...more
カテゴリー:

シェアハウスのゴールデンゲインが倒産 「かぼちゃの馬車」に続き2社目 またもスルガ銀行が融資 - 05月24日(木)00:08  news

シェアハウスの「かぼちゃの馬車」の破産に続き、同じくシェアハウスのゴールデンゲイン株式会社が5月22日に破産。 帝国データバンクにも掲載されており、同社は2015年3月に設立されたシェアハウスを主体とした投資用不動産開発及び 売買業者。 またゴールデンゲインは「かぼちゃの馬車」のスマートデイズ同様にスルガ銀行が融資していた。 スルガ銀行の融資を巡っては審査書類の改ざんを巡り、改ざんを知りながらも融資したとして 弁護団がスルガ銀行の行員らに対して刑事告発。 http://gogotsu.com/archives/40006 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【シェアハウス破産】スルガ銀行、通帳残高を「1万円」から「3000万円」に水増しして1億円融資 弁護士団が刑事告発 - 05月23日(水)18:25  newsplus

女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」の運営会社スマートデイズが経営破綻した問題で、オーナー側を支援する弁護団は5月22日、行員14人を含む33人が融資書類の改ざんに関わった疑いがあるとして、スルガ銀行などに対する告発状を警視庁に出した。告発に向けて弁護団が整理した資料には、驚きの「改ざん手口」がまとめられていた。一部を紹介する。 ●残高1万円が、まさかの3000万円に水増し 実際に融資審査に使われた預金通帳のコピーなどを取り寄せ、弁護団が精査して作成したのが「変造結果一覧表」。ここには、オーナー35人それ...
»続きを読む
カテゴリー:

かぼちゃの馬車:経営破綻でスルガ銀行の行員ら告発状 - 05月22日(火)18:47 

オーナー支援の弁護団、有印私文書偽造・同行使容疑で  女性向けシェアハウス「かぼちゃの馬車」の運営会社「スマートデイズ」(東京都中央区)が経営破綻した問題で、スルガ銀行(静岡県沼津市)の行員らが、融資に必要な書類を改ざんしていた疑いがあるとして、シェアハウスのオーナーを支援する弁護団は22日、警視庁
カテゴリー:

シェアハウス問題、スルガ行員らを警視庁に告発 - 05月22日(火)17:56 

 シェアハウス「かぼちゃの馬車」をめぐる問題で、オーナーの弁護団はスルガ銀行の行員らがローン審査を通しやすくするために、通帳などを改ざんした疑いがあるとして警視庁に刑事告発しました。
カテゴリー:

「かぼちゃの馬車」めぐり私文書変造罪で告発状 ずさん融資で - 05月22日(火)14:37 

 不動産会社「スマートデイズ」(東京都、経営破綻)が運営していた女性専用のシェアハウス「かぼちゃの馬車」向けのずさんな融資問題で、物件のオーナーがスルガ銀行(静岡県)から融資を受ける際に行員らが審査書類を改竄(かいざん)した疑いがあるとして、オーナーの弁護団が22日、有印私文書変造などの罪で告発状を提出するため警視庁を訪れた。
カテゴリー:

もっと見る

「弁護団」の画像

もっと見る

「弁護団」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる