「床面積」とは?

関連ニュース

「これからも報道・言論の自由を貫きます」 琉球新報の新本社が落成 - 05月25日(金)18:04  news

琉球新報社の新本社ビルが那覇市泉崎に竣工し、本日、落成記念式典を行います。 新たな本社ビルの最大の特徴は606人収容のホールを備えていることです。情報発信の拠点であると同時に、県都・那覇のランドマークとして、世界に誇れる伝統芸能・文化、芸術の殿堂となることを目指します。 新本社ビルは鉄骨造(地下は鉄筋コンクリート造)。最上階の機械室を含め地上11階、地下2階建てで、延べ床面積は9551・4平方㍍となります。 「帆船」をイメージした外観は、大航海時代に海外へ雄飛した先人たちのように未来を切り...
»続きを読む
カテゴリー:

尾西食品/宮城工場に物流センター稼働 - 05月18日(金)16:11 

尾西食品は5月中旬、宮城県の宮城工場に新物流センターが稼働した。 <宮城工場全景(左側手前建物が新物流センター)> アルファ米製品の生産拠点である宮城工場の隣接地に建設していたもので、延床面積は3684m2。 <新物流セ […]
カテゴリー:

LCC専用ターミナル着工 来年度オープン 中部空港 - 05月17日(木)10:37 

 中部空港(愛知県常滑市)で16日、格安航空会社(LCC)の専用ターミナルが着工した。来年度上期にオープンする。 事業費は非公表。2階建てで、延べ床面積は約4万5千平方メートル、駐機場は10機分ある。…
カテゴリー:

ESR/84億円を投じ、千葉県野田市に3.7万m2の物流施設開発 - 05月15日(火)16:58 

ESRは5月15日、千葉県野田市中里に敷地面積1万8380m2、延床面積3万7330m2、4階建てのマルチテナント型 「ESR 野田ディストリビューションセンター」を2019年7月竣工に向け開発すると発表した。 <ESR […]
カテゴリー:

羽田空港跡地に複合施設整備へ JR東日本、京急など9社出資 - 05月12日(土)17:27 

羽田みらい開発は、羽田空港跡地における先端産業拠点・クールジャパン発信拠点の整備・運営事業に着手したと発表した。 同社は鹿島建設、大和ハウス工業、京浜急行電鉄、日本空港ビルデング、空港施設、東日本旅客鉄道(JR東日本)、東京モノレール、野村不動産パートナーズ、富士フイルムの9社が出資。5月9日付で大田区との間で「羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業)」について契約を締結した。同事業は「新産業創造・発信拠点」の形成を目指し公募した官民連携事業で、定期借地により50年にわたるまちづくりを進める。 「羽田空港跡地第1ゾーン」は、羽田空港国際線ターミナル西側の天空橋駅を中心とするエリアで、敷地面積は約16.5ヘクタール。第一期事業として、同ゾーンのうち約5.9ヘクタールの敷地に研究開発施設(ラボ・大規模オフィス)、先端医療研究センター、会議場、イベントホール、日本文化体験施設、飲食施設、研究・研修滞在施設、水素ステーション等を中心とした、延床面積約125,400平米の複合施設を整備・運営する。施設は天空橋駅と直結させ、都内各所や空港周辺、京浜臨海部周辺エリアとのバスネットワーク網を構築するほか、舟運・カーシェアリング・コミュニティサイクルの導入等により、交通結節機能を大幅に強化する。 2018年秋に着工し、2020年に先行施設開業、グランドオープンは2022年を予定し...more
カテゴリー:

<東芝メモリ>岩手・北上の半導体工場、7月着工 - 05月23日(水)11:42 

東芝の半導体子会社東芝メモリ(東京)は22日、岩手県北上市に進出予定の新工場を7月下旬に着工すると発表した。三重県四日市市に次ぐ第2の製造拠点となる。 工場は鉄骨5階で延べ床面積は約20万平方メートル
カテゴリー:

目を引くセンタービジョン 由利本荘アリーナ本体工事最終盤 - 05月17日(木)18:10 

 メインアリーナの床面積としては東北屈指の規模を誇る「由利本荘アリーナ」(秋田県由利本荘市石脇)の工事進捗(しんちょく)率が、4月末現在で98・7%となった。オープンは10月1日だが、外構工事を除く本…
カテゴリー:

<岩手大>オープンラボ開設 先端技術、産業に応用 - 05月16日(水)06:05 

岩手大(盛岡市)の実証研究拠点「銀河オープンラボ」が、理工学部キャンパスに開所した。産官学の連携で、商品開発など研究理論の実用化を目指す。 鉄筋1階で延べ床面積は約890平方メートル。プロジェクトルー
カテゴリー:

マンション大規模修繕に「リベート横行」報道は本当なのか? - 05月15日(火)04:45 

5月11日に国交省が発表した「マンション大規模修繕工事に関する実態調査」。一戸あたりの具体的な費用負担額等が記載されているとあって、早くも各方面からさまざまな声が上がっています。今回の無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』では著者でマンション管理士の廣田信子さんが、「あまりこの数字に拘り過ぎるのも好ましくない」とした上で、大規模修繕の「基本」について記してくださっています。 大規模修繕工事「戸当たり75万円~100万円」? こんにちは! 廣田信子です。 5月12日の朝日新聞朝刊に 、「マンション修繕、割高に注意」「75万円~100万円最多31%」という記事が掲載されました。前日の国交省発表を受けての記事です。 ● マンション大規模修繕工事に関する実態調査を初めて実施~工事を発注しようとする管理組合等が適正な見積りかどうか検討する際の指標となります~(国交省発表) その内容は下記のようになっています。 国土交通省は、管理組合等によるマンション大規模修繕工事の発注等の適正な実施の参考となるよう、大規模修繕工事の金額、工事内訳及びその設計コンサルタント業務の実施内容に関する実態調査を初めて実施し、その内容を公表しました。   1.経緯・目的   マンション大規模修繕工事の発注等において、施工会社の選定に際して、発注者たる管理組合の利益と相反する立場に立つ設計コンサルタントの...more
カテゴリー:

羽田空港跡地に複合施設整備へ JR東日本、京急など9社出資 - 05月12日(土)17:27 

羽田みらい開発は、羽田空港跡地における先端産業拠点・クールジャパン発信拠点の整備・運営事業に着手したと発表した。 同社は鹿島建設、大和ハウス工業、京浜急行電鉄、日本空港ビルデング、空港施設、東日本旅客鉄道(JR東日本)、東京モノレール、野村不動産パートナーズ、富士フイルムの9社が出資。5月9日付で大田区との間で「羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業)」について契約を締結した。同事業は「新産業創造・発信拠点」の形成を目指し公募した官民連携事業で、定期借地により50年にわたるまちづくりを進める。 「羽田空港跡地第1ゾーン」は、羽田空港国際線ターミナル西側の天空橋駅を中心とするエリアで、敷地面積は約16.5ヘクタール。第一期事業として、同ゾーンのうち約5.9ヘクタールの敷地に研究開発施設(ラボ・大規模オフィス)、先端医療研究センター、会議場、イベントホール、日本文化体験施設、飲食施設、研究・研修滞在施設、水素ステーション等を中心とした、延床面積約125,400平米の複合施設を整備・運営する。施設は天空橋駅と直結させ、都内各所や空港周辺、京浜臨海部周辺エリアとのバスネットワーク網を構築するほか、舟運・カーシェアリング・コミュニティサイクルの導入等により、交通結節機能を大幅に強化する。 2018年秋に着工し、2020年に先行施設開業、グランドオープンは2022年を予定している。 投稿...more
カテゴリー:

もっと見る

「床面積」の画像

もっと見る

「床面積」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる