「広東省」とは?

関連ニュース

輸出元は中国・広州? 殺人アリ「ヒアリ」が今年も日本へ上陸している! - 07月15日(日)06:10 

ヒアリと同じ南米原産の外来種「アルゼンチンアリ」を根絶させたことでも知られる国立環境研の五箇氏。ヒアリをはじめ自作のイラストがずらり。ヒアリ・バスターズの隊長だ昨年、日本中を震撼させたヒアリが今年も日本に次々と上陸中だ! この厄介者との闘いはいったいいつまで続くのか? もし定着してしまったら有効な手立てはあるのか? 経済のグローバル化が生んだ「生物のグローバル化」に果たして終わりはあるのか......?* * *昨年、国内で初めて確認され、全国の港湾施設に次々と姿を現した特定外来生物のヒアリ。南米原産で、強い毒針を持つことから「恐怖の殺人アリがついに上陸!」などと話題をさらったが、今年もこの厄介者は"日本侵攻"を開始している。6月には大阪港で陸揚げされたコンテナの中から2000匹以上、7月には名古屋港で約20匹が見つかるなど、各地でヒアリとの闘いが始まっているのだ。「世界の侵略的外来種ワースト100」にも選定され、すでにアメリカ、中国、オーストラリアなどに広まっているヒアリの定着を、日本は防ぐことができるのか......?2年目を迎えたヒアリ対策の現状を、この問題の第一人者で国立環境研究所・侵入生物研究チームの五箇(ごか)公一氏に徹底解説してもらった!!* * *―今年も大阪や名古屋の港でヒアリが確認されていますが、それ以前に、昨年、日本に上陸したヒアリはすべて根絶されたのでしょう...more
カテゴリー:

湛江の農産品博に1000社余りが参加 - 07月12日(木)05:00 

広東省湛江市でこのほど「第3回湛江・ASEAN(東南アジア諸国連合)農産品博覧会」が開催され、32カ国から1000社余りの企業が参加して特色ある農産品を展示販売…
カテゴリー:

【国際】複数のドイツ企業、中国投資拡大 BASFは1兆円超でコンビナート BMW、VW、シーメンス - 07月10日(火)07:53  bizplus

独中首脳会談にあわせて複数の独企業が9日、中国での投資拡大を発表した。化学大手のBASFは広東省に石油化学コンビナートを建設する。2030年までに100億ドル(約1兆1千億円)を投じる。BMWは中国での生産能力を約16%増やす。シーメンスは中国国有電力大手の国家電力投資集団やアリババ集団とそれぞれ提携することで基本合意した。 BASFが広東省に建設するコンビナートは同社として3番目に大きく、過去最大の投資案件となる。26年までに最初のプラントを立ち上げ、30年までに全体を完成させる。 BMWは華晨汽車集団との合弁会社の生産...
»続きを読む
カテゴリー:

中国初のリニア観光専用線 来年に開通へ - 07月06日(金)15:41 

第2回リニア発展サミットフォーラムがこのほど広東省清遠市で開催された。会場で発表された情報によると、同市で建設中の中国初となるリニア観光専用線は来年10月に開通する見込みだ。 ...
カテゴリー:

東莞、最低賃金を再度引き上げ - 07月05日(木)05:00 

 広東省東莞(とうかん)市の人力資源局によれば、同市では1日、企業従業員の最低賃金が月額1510元(約2万5000円)から1720元に引き上げられた。同市は世界でも有数の製造業都市で、出稼ぎ労働者が多く、「世界の工場」とも呼ばれてきた。経済発展に伴い、それまで同1100元だった最低賃金は2011年、13年、15年に相次いで引き上げられた。記者が取材したところ、人件費の上昇に伴い、同市の大部分の企業では賃金水準がすでに最低賃金を上回っている。
カテゴリー:

【自動運転】中国 百度、「レベル4」の自動運転バス実用化 - 07月12日(木)06:29  bizplus

 中国インターネット検索大手の百度はこのほど「人工知能(AI)開発者大会」を北京市で開き、李彦宏董事長兼首席執行官が「レベル4(特定エリアでの完全自動運転)」の自動運転バス「アポロン」を実用化したと発表した。  アポロンは同社とアモイ金龍連合汽車工業が共同で製造。大会中、李氏は金龍連合の生産現場で100台目のアポロンが完成する様子をオンラインで中継し、金龍連合の謝思瑜董事長は「車両にはハンドルもアクセルもブレーキもない。2時間の充電で100キロメートル走行できる」と説明した。  アポロンは百...
»続きを読む
カテゴリー:

広州で革新的企業の選考活動始まる - 07月11日(水)05:00 

 デロイト中国と広東省科学技術金融総合サービスセンターが共同で実施する「2018年広州テクノロジーファスト20」の選考活動がこのほど正式に始まり、企業による応募の受け付けを開始した。同活動は、業績が好調で革新的、かつ急成長している科学技術企業を発掘し、デロイトの世界的なネットワークで海外進出を支援することなどを目的に行われている。「広州20」に選ばれた企業は「中国50」、さらには「デロイト・アジア太平洋地域テクノロジーファスト500」の選考対象になる可能性もある。
カテゴリー:

【中国】無糖のはずなのに…人気のミルクティーすべてから糖分ゾクゾク検出 - 07月10日(火)03:30  newsplus

※ イロモノスレです 2018年07月09日 22時50分 https://www.recordchina.co.jp/b623015-s0-c30-d0062.html 6日、南方都市報は、無糖と表記しているミルクティーのすべてから糖分が検出されたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はタピオカミルクティー。 2018年7月6日、南方都市報は、無糖と表記しているミルクティーのすべてから糖分が検出されたと伝えた。 記事によると、この検査は6月6日から30日にかけて広東省食品検験所で行われ、人気店の20種類のドリンクについて、カ...
»続きを読む
カテゴリー:

第12回中国化粧品学術研討会において優秀な研究論文として「1等賞」と、「2等賞」2件をトリプル受賞 - 07月05日(木)15:04 

[株式会社資生堂]  資生堂は、中国香料香精化粧品工業協会が主催する、第12回中国化粧品学術研討会(2018年6月26~28日、中国・広東省江門市)における優秀論文として、84件の論文のエントリーの中から1論文に授与される「1等賞」...
カテゴリー:

北京・上海駐在公館からも米国人が帰国か - 07月05日(木)05:00 

 2日の台湾中央通信によると、米紙ニューヨーク・タイムズは同日、中国広東省広州の米国総領事館で職員が異常な音を聞いて脳に損傷を受けたとの情報に関し、匿名希望の米当局者の話として「少なくとも8人の在広州総領事館の米国人が退去させられた。在上海総領事館の職員1人と在北京大使館の職員2人も米国務省の提案で検査を受けた後、さらなる医療検査を実施するために米国に帰国させられた」と報じた。
カテゴリー:

もっと見る

「広東省」の画像

もっと見る

「広東省」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる