「広告媒体」とは?

関連ニュース

Instagramの月間アクティブユーザー10億に到達、IGTVは広告媒体としての魅力増大か - 06月21日(木)11:41 

Instagramの華々しい成長が続いている。対照的にSnapchatやFacebookは停滞している。今日(米国時間6/20)のInstagramの発表では、2017年9月に8億を超えた月間アクティブユーザー数(MAU)が、ついに10億に達した。1日のユーザー数は5億だ(MAUは月内の同一ユーザーの複数回アクセスを数えない)。 この大量のオーディエンスは、今日(米国時間6/20)ローンチした長時間ビデオハブIGTVの大きな吸引力になるだろう。IGTVの収益化の仕組みが動き出すのはまだ先だが、露出とファン獲得を争うコンテンツメーカーは早くから群がるだろう。 Snapchatの1日のユーザー数は2018Q1に1億9100万で2.13%の伸び、そしてFacebookのMAUは21億9600万で3.14%の伸びだが、Instagramの四半期成長率は5%に近い。 ユーザー数10億のオーダーに達したInstagramはFacebookファミリーの中では重くなりすぎて、自身の収益化もままならないかもしれない。FacebookはInstagramの売上を公表しないし、そのヒントもくれない。しかしeMarketerの推計では、Instagramのアメリカでの2018年の売上は54億8000万ドル、前年比70%の増だ。Facebookのモバイル広告の売上の28.2%がInstagramだ。 IGT...more
カテゴリー:

ライドシェアの車内がコンビニになる日──その先には「移動が無料」になる未来がやってくる? - 06月14日(木)07:00 

ライドシェアの車内がコンビニになる──。そんなサーヴィスを米国で提供してきたスタートアップのCargoが、6月上旬に海外展開に乗り出した。クルマが保有から利用へとシフトしていくなか、車内は「個人の聖域」から「商いの場」になる。クルマのコンビニ化が進み、広告媒体としての価値も高まっていけば、その先には「移動の無料化」までもが見えてきた。
カテゴリー:

朝日新聞など「安倍総理の発言を契機に記録の廃棄が始まった」 →実際は、野党議員のパワハラ質問が嫌で、資料を少なくしようと廃棄 - 06月05日(火)07:38  seijinewsplus

http://anonymous-post.com/archives/24345 和田政宗 朝日新聞も報ステもNEWS23も、昨年2月17日の安倍総理の「関与していたら総理も国会議員も辞める」発言を契機に応対記録の廃棄が始まったと伝えたが、報告書では2月21日の野党議員の近畿財務局等への訪問を強く意識し廃棄が行われたとの内容(改ざんの契機ではもちろんない)。朝日等は経緯を省略しすぎ (略) 実際は…2018年3月28日の国会質疑より ↓ 丸川珠代「職員の皆様がどのような状況で働いていたのかということをお話頂けませんか?」 太田充理財局長「平日、国会の...
»続きを読む
カテゴリー:

フリービット、販促・マーケティング総合展「第1回 Web販促 EXPO夏」出展のお知らせ - 06月20日(水)14:00 

フリービット株式会社は、2018年7月4日(水)から6日(金)に東京ビッグサイト 西ホールで開催される「2018 販促・マーケティング総合展」の「第1回Web販促 EXPO夏」に出展することをお知らせいたします。 フリービットブースでは、広告媒体ごとの着信を「見える化」し、広告の費用対効果を測定できる、電話効果測定サービスの「AdSiP」をご紹介いたします。
カテゴリー:

若年層もザワついた『ハズキルーペ』CMのインパクト ルーペ=老人を覆す戦略とは? - 06月07日(木)08:40 

 俳優・渡辺謙と女優・菊川怜が出演している『ハズキルーペ』のCM。開始3秒で「世の中の文字は小さすぎて、読めないっ!」と大声を張り上げ、資料の束を後ろに放り投げる。かなりインパクト大の同CMを観て、本来のターゲットではない若年層もSNSを中心に「キレ具合好きなんだけど」、「我が家のブーム」など盛り上がっている。なぜ、渡辺謙があそこまで声を張り上げるに至ったのか?ここまでインパクト大のCMがなぜ作られたのか? CMを制作した張本人、プリヴェ企業再生グループ株式会社(代表取締役会長)松村謙三氏に話を聞いてきた。 【写真】「ハズキルーペ、だ~い好き♪」若干イラっとくる菊川怜の決めセリフなどのCMシーン ■あのCMアイデアを発案したのは渡辺謙本人だった  渡辺謙にCM出演のオファーをしたところ、本人から「僕がCMをやるとしたら、これをやりたい」と直筆のコンテを渡されたと明かす松村氏。映画『ラストサムライ』『バットマン ビギンズ』など数々のハリウッド作品で名演技を披露してきた渡辺自ら「怒り」をテーマにしたシナリオを執筆してきたのだ。その「怒り」のインスピレーションは、渡辺本人が常日頃から企画書や時刻表など自分が目にする活字が本当に小さくて見えないことから沸き起こったリアルな叫びだったという。渡辺は「見ている人に訴えたいんだ」とCMにかける熱い思いを松村氏にぶつけてきた。  そこから、...more
カテゴリー:

「広告媒体」の画像

もっと見る

「広告媒体」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる