「年金支給」とは?

関連ニュース

57歳主婦、夫が病気退職。65歳までどう家計を支える? - 05月22日(火)22:20 

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、年金支給までの生活費に悩む57歳の契約社員の方。ファイナンシャル・プランナーの八ツ井慶子さんが担当します…
カテゴリー:

結局、あの「消えた年金記録問題」とは一体なんだったのか? - 05月18日(金)04:05 

2007年、日本中に衝撃が走った「消えた年金記録問題」。旧社会保険庁が解体され、政権交代が起こる原因にもなったこの問題ですが、10年以上を経た今でも、あの問題は何だったのか、その後どうなったのか、すべて理解している人は少ないのではないでしょうか。これについて、無料メルマガ『年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座』著者であるhirokiさんが詳しく解説しています。 あなたの年金記録は大丈夫? 消えた年金記録問題はまだ終わっていない! 平成19年2月の事ですが、この第一次安倍内閣の時に「消えた年金記録問題」というのが大きな問題となり、日本中にとてつもない衝撃が走りました。 この時に判明したのが、平成18年8月時点で5,095万件の誰のものかわからない年金記録がある事が判明し、平成19年の参院選、平成21年の総選挙で自民党が大敗して、旧民主党が大勝して政権交代が起こる大きな原因にもなりました。 今の日本年金機構の前身である旧社会保険庁も平成21年12月をもって解体された。55年体制(1955年に自民党が誕生して与党第1党としてずっと自民党が政権を取ってた)と言われた自民党政権が重大な年金問題の発覚によって崩れ去ってしまった。 5,095万件の記録というのは、5,095万人という意味じゃなくて被保険者と年金受給者合わせると3億件ほどあった記録の内の5,095万件という意味ではあり...more
カテゴリー:

【政治】行政システムの一部、改元後も引き続き「平成」を一定期間使用へ 納税や年金支給などでの混乱を回避するのが目的 - 05月13日(日)09:40  newsplus

朝日新聞 2018年5月13日07時03分 税金や社会保障などに関わる行政システムの一部について、政府は新しい元号となる来年5月1日以降も「平成」の元号を一定期間使い続ける検討に入った。 行政機関と民間の金融機関など複数がネットワークでつながっているシステムが対象で、納税や年金支給などで混乱を避ける狙い。 こうしたシステムを利用する場合には、改元後も「平成」を使う必要がある。 税金や年金、医療などに関するシステムは、国税庁や日本年金機構といった行政側と銀行など民間側との間で元号を記号化したやり取りをして...
»続きを読む
カテゴリー:

天皇が退位する来年以降も「平成」利用し続けるかも。理由は役所が西暦使ってないからシステムや人が混乱 - 05月13日(日)08:35  news

改元後も「平成」利用へ 納税や年金システム、混乱回避 税金や社会保障などに関わる行政システムの一部について、政府は新しい元号となる来年5月1日以降も「平成」の元号を 一定期間使い続ける検討に入った。行政機関と民間の金融機関など複数がネットワークでつながっているシステムが対象で、 納税や年金支給などで混乱を避ける狙い。こうしたシステムを利用する場合には、改元後も「平成」を使う必要がある。 税金や年金、医療などに関するシステムは、国税庁や日本年金機構といった行政側と銀行など民間側との間で元号を...
»続きを読む
カテゴリー:

知らなきゃ損。年金の「併給」が65歳を超えると可能になる場合も - 05月22日(火)18:00 

以前掲載の「複数の年金を貰える権利があっても一つの年金しか受給できない?」で、遺族年金と老齢年金の併給についてレクチャーしてくださった、無料メルマガ『年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座』の著者・hirokiさん。今回は、障害年金と老齢年金の併給について、いつものように事例を上げつつわかりやすく解説しています。 障害年金と老齢の年金も貰える権利があるとどのような貰い方になるのか? 「複数の年金を貰える権利があっても一つの年金しか受給できない?」では遺族年金と老齢年金の併給についてでしたが、今回は障害年金と老齢年金の併給についてです。 まあ大原則として、昭和60年改正により一人一年金の原則として複数の年金の種類を受給できるとしてもひとつの種類の年金しか受給できない事になりました。 障害年金には現在は障害厚生年金と障害基礎年金がありますが、60代になって自分の記録に基づいた老齢厚生年金や老齢基礎年金も貰えます。この障害年金と老齢の年金が貰えるようになった時、一体どのような受給が可能なのか。 というわけで事例。 1.昭和33年5月13日生まれの女性(今は60歳) ● 何年生まれ→何歳かを瞬時に判断する方法!(参考記事) 20歳になる昭和53年5月から昭和54年3月までの11ヶ月短期大学に通う。この期間は国民年金に加入する必要は無かったが、一応任意加入した。だけど結局未納にした...more
カテゴリー:

【社会】改元後も「平成」利用へ 納税や年金システム、混乱回避 - 05月13日(日)20:49  bizplus

税金や社会保障などに関わる行政システムの一部について、政府は新しい元号となる来年5月1日以降も「平成」の元号を一定期間使い続ける検討に入った。行政機関と民間の金融機関など複数がネットワークでつながっているシステムが対象で、納税や年金支給などで混乱を避ける狙い。こうしたシステムを利用する場合には、改元後も「平成」を使う必要がある。 新元号の発表、定まらぬ時期 免許や銀行…生活に直結  税金や年金、医療などに関するシステムは、国税庁や日本年金機構といった行政側と銀行など民間側との間で元号を記号化し...
»続きを読む
カテゴリー:

【政治】改元後も「平成」利用へ 納税や年金システム、混乱回避 - 05月13日(日)08:37  bizplus

税金や社会保障などに関わる行政システムの一部について、政府は新しい元号となる来年5月1日以降も「平成」の元号を一定期間使い続ける検討に入った。行政機関と民間の金融機関など複数がネットワークでつながっているシステムが対象で、納税や年金支給などで混乱を避ける狙い。こうしたシステムを利用する場合には、改元後も「平成」を使う必要がある。 税金や年金、医療などに関するシステムは、国税庁や日本年金機構といった行政側と銀行など民間側との間で元号を記号化したやり取りをして、時期を認識する。システムの改修には相...
»続きを読む
カテゴリー:

「年金支給」の画像

もっと見る

「年金支給」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる