「年モデル」とは?

関連ニュース

新型MacBook Proの改良点、第3世代のバタフライキーボードには「シリコンの膜」があった - 07月16日(月)09:00 

Image: iFixit これが第3世代のバタフライキーボード。Apple製品が出るたびに分解している、おなじみのiFixit。彼らが早速新型のMacBook Proを分解したところ、キーボードの各キーの周りには薄いシリコンの「膜」があったそうです。 Image: Apple MacBook Pro 公式ページより 新しいMacBook Proは、キーボードの静音化をひとつのアピールポイントとして打ち出しています。静音化の改良はこの「膜」によるものなのでしょうか? そしてそれはどのくらい静音化されているのでしょうか?出荷前に先んじて、TechCrunchが打鍵音を比較していました。お、確かに若干ではありますが、後半の2018年モデルは音が鈍くなっている印象ですね。超静かになった!というわけじゃないけど、2016年、2017年モデルにあった「キーボードうるさい問題」に改善の兆しがある事が伝わります。ただiFixitによると、この膜による静音化はあくまでも副産物であり、本来の狙いはゴミなどの侵入によるキーボードの不具合防止ではないかと指摘。バタフライキ...more
カテゴリー:

さよなら、リンゴが光るMacBook Pro | ギズモード・ジャパン - 07月13日(金)15:06 

さよなら、リンゴが光るMacBook Pro | ギズモード・ジャパンImage: MaddyZ/Shutterstock.comさよなら、リンゴが光るMacBook Pro2018.07.13 15:00 来るMacあれば、去るMacあり。 昨日、突如発表されたMacBook Pro 2018年モデルですが、ストアを見回すとちょっとお安く販売されていたMacBook Pro 2015年モデルが消えていることに気づいた方もいるかもしれません。そう、彼らはメイン...
カテゴリー:

MacBook Pro 2018年モデル、どこが新しくなったの? 進化した6つのポイント - 07月13日(金)12:37 

Image: Apple クリエイターホイホイなアプデや…。7月12日の夜、突如としてMacBook Pro 2018年モデルが発表されました。ここ最近のMacは、WWDCやApple Special Eventのキーノートにて発表されるのが通例だったので、意外なタイミングでしたね。 MacBook Pro 2018年モデルが登場! 第8世代Intel Coreプロセッサ、最大32GB RAM、キーボードも静かに いきなりやってきたー!Apple(アップル)製品の刷新といえば、秋。そんなふうに考えていた時期が俺にもありました…。Appleは2018年7月12... https://www.gizmodo.jp/2018/07/macbook-pro-2018.html 今回のアップデートは、筐体のデザインが変わったわけではありません。(あまり好評ではない)Touch Barがなくなくなったわけでもありません...more
カテゴリー:

新型Macbook proが突如発表されるも、あまりの値段の高さにザワつくTL「ジョブズの息吹を感じる」 - Togetter - 07月13日(金)03:57 

新型Macbook proが突如発表されるも、あまりの値段の高さにザワつくTL「ジョブズの息吹を感じる」 - Togetter【第8世代】Apple、新型MacBook Proの2018年モデルを発表 news.livedoor.com/article/detail… 最大6コアIntelプロセッサを搭載。さらに、ユーザーから要望の高かった32GBメモリ搭載が実現します。 pic.twitter.com/WRolSpAYpC リンク ライブドアニュース 37 1 user Appleが新型MacBook Proを発表 Touch Barモデルで32GB...
カテゴリー:

なぜいま、再び? KDDIがINFOBARの最新モデルを発表 - 開発者が想いを語る - 07月12日(木)21:26 

KDDIが7月12日、INFOBARの15周年モデル「INFOBAR xv」を発表しました。OSこそAndroidですが、フィーチャフォンとして開発されました。一方で、VoLTE、テザリング機能、LINE、+メッセージといった最新機能にも対応しています。なぜいまINFOBARを復活させたのでしょうか。
カテゴリー:

【IT】新型MacBook Proを突如発表 最上位は6コア/32GB DDR4/4TB SSDで676,800円(税別) ★2 - 07月13日(金)20:21  newsplus

速報:新型MacBook Proが突如発表。第8世代Core採用で最大6コアCPU、RAMは最大32GB やっと16GBの壁が突破されます Kiyoshi Tane アップルは第8世代の最大6コアIntelプロセッサを搭載した 新型MacBook Proを発表しました。アップグレードが発表されたのはTouch Barモデルのみで、非Touch Barモデルには更新がありません。 15インチモデルでは、従来のLPDDR3メモリに代えてDDR4メモリを採用。さらに、ユーザーから要望の高かった32GBメモリ搭載が実現します。 本日、なんの前触れもなく発表された最新型のMacBook Pro。13インチ...
»続きを読む
カテゴリー:

【IT】新型MacBook Proを突如発表 最上位は6コア/32GB DDR4/4TB SSDで676,800円(税別) - 07月13日(金)13:10  newsplus

速報:新型MacBook Proが突如発表。第8世代Core採用で最大6コアCPU、RAMは最大32GB やっと16GBの壁が突破されます Kiyoshi Tane アップルは第8世代の最大6コアIntelプロセッサを搭載した 新型MacBook Proを発表しました。アップグレードが発表されたのはTouch Barモデルのみで、非Touch Barモデルには更新がありません。 15インチモデルでは、従来のLPDDR3メモリに代えてDDR4メモリを採用。さらに、ユーザーから要望の高かった32GBメモリ搭載が実現します。 本日、なんの前触れもなく発表された最新型のMacBook Pro。13インチ...
»続きを読む
カテゴリー:

「バモス」「アクティバン」が消滅し19年ぶりに商用軽がフルモデルチェンジ!! 人への配慮が満載のホンダ「N-VAN」発売!! - 07月13日(金)06:00 

Filed under: ビデオ, ホンダ, 日本, 商業トラックス, ニューモデル, 軽自動車【ギャラリー】2018 Honda N-Van89ホンダは、新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」を7月13日から発売することを発表した。N-VANは、働く人々の生活を見つめ、さまざまな仕事での使いやすさや優れた走行性能、安全性能を追求し、軽バンの新基準となることを目指して、開発されたモデルだ。 ニューモデルではあるが、実質的には19年前に登場した「バモス」や「アクティバン」の後継モデルとなる。 「ジムニー」や「センチュリー」などロングセラーが今年モデルチェンジしたが、19年経った今、なぜこのタイミングでモデルチェンジしたのかと質問したところ、燃費や安全性の基準が厳しくなっておりそれを見据えてこのタイミングでモデルチェンジを行ったとのことだ。なお、「アクティトラック」はNトラックとはならず、当面継続販売されるとのことだ。 「N-BOX」のプラットフォームを最大限に活用しながら、軽バンに求められる広い積載スペースと積載作業の効率性を追求したN-VANは、従来のエンジンが荷室の下にあるレイアウトから、FFに改められ、燃料タンクを前席の下に収める特許技術「センタータンクレイアウト」採用により荷室を低床化し、高さのある荷物の積載にも対応できる空間に仕上げている。 また、リアシートに加え、助手席にも...more
カテゴリー:

ASCII.jp:アップルから、第8世代Coreシリーズ搭載のMacBook Pro発表! 詳細スペック表付き - 07月12日(木)23:18 

ASCII.jp:アップルから、第8世代Coreシリーズ搭載のMacBook Pro発表! 詳細スペック表付きアップルは、第8世代CoreシリーズにCPUを変更した、2018年モデルの13インチ/15インチMacBook Proを発表。すでにウェブサイト上での注文受付を開始している。 まず、13インチモデルについては、「Touch Barあり」モデルにのみ第8世代Core i5/i7を搭載(無しモデルについては第7世代のまま)。これによりコア数が2から4...
カテゴリー:

初代機が4G LTEケータイで復活 auから『INFOBAR』15周年モデル『INFOBAR xv』が今秋発売へ - 07月12日(木)20:30 

KDDIは7月12日、携帯電話『INFOBAR』15周年を記念した4G LTEケータイ『INFOBAR xv』を今秋に発売することを発表しました。 2003年10月に発売された初代『INFOBAR』をスマートフォンではなく、4G LTEケータイとして復活。おなじみの“NISHIKIGOI(錦鯉)”に加えて、“NASUKON(茄子紺)”“CHERRY BERRY(チェリーベリー)”の3色をラインアップします。 本体サイズはほとんど変わらず、ディスプレイは2.0インチ(132×176)から3.1インチWVGA(480×800)に、カメラは約31万画素から約800万画素に、内蔵メモリーは3MBから8GBにと、15年の進化を経てハードウェアはスペックが向上。 フレームレスのテンキーは、15年前には実現できなかった構造だそう。プロダクトデザイナーの深澤直人氏は、「15年経ってコンセプトモデルが実現した」とコメントしています。 携帯電話として発売される背景として、深澤氏は「現在はスマートフォンが主流だが、“ケータイ”という言葉はバータイプに合致している」と、バータイプの携帯電話の必然性を語ります。「必要な機能だけを使う、必要なものを必要なサイズで携帯する、という状況が増えてきている」とも。 メニュー画面は『INFOBAR 2』のユーザーインタフェースをモチーフにしたデザイン。深澤氏...more
カテゴリー:

もっと見る

「年モデル」の画像

もっと見る

「年モデル」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる