「平山浩行」とは?

関連ニュース

川谷絵音、演技初挑戦! 徳永えり「恋のツキ」で新進気鋭の映画監督役に - 07月17日(火)00:00 

 人気バンド「ゲスの極み乙女。」のメンバーとして知られる川谷絵音が、新田章氏の漫画を連続ドラマ化した「恋のツキ」に出演していることがわかった。演技初挑戦となった川谷は、ドラマ版のオリジナルキャラクターである映画監督・沖原隠光(おきはら・かげみつ)役に扮している。 ・【フォトギャラリー】「恋のツキ」場面写真  徳永えりが連続ドラマ初主演を飾る本作は、テレビ東京とNetflixがタッグを組んだ木曜深夜ドラマ枠「木ドラ25」の第6弾作品。映画館でアルバイトをしている平ワコ(徳永)は、恋人・青井ふうた(渡辺大知)と付き合って4年、同棲を始めて3年目に突入。付き合った当初のトキメキは感じられないが、31歳という年齢を考えると別れるという選択肢は考えられなかった。そんな日々のなか、見た目がタイプで趣味が合いそうな高校生・伊古ユメアキ(神尾楓珠)と知り合ったワコは、欲望に負けて浮気をしてしまう。  「ゲスの極み乙女。」のほか、「indigo la End」「ジェニーハイ」「ichikoro」と複数のバンドで活動しながら、様々なアーティストへの楽曲提供、プロデュース、執筆活動など、多方面で活躍する川谷。今回演じることになった沖原は、ワコが働いている映画館「イデヲン座」のアルバイト経験があり、20歳での監督デビュー後、数々の映画祭で賞を獲得している人物。新進気鋭の映画監督として世間の注目を集め...more
カテゴリー:

りょう演じる、女性も惚れる女部長が「まっすぐで可愛い」と話題!『部長風花凜子の恋』 - 07月15日(日)18:30 

りょうが主演を務める島耕作シリーズ35周年企画ドラマ『部長風花凜子の恋』(読売テレビ・日本テレビ系、木曜23:59〜)の後編が7月12日に放送され、りょう演じる風花凜子のキャリアウーマンとしての強さと、恋する女性としての弱さのギャップがTwitterで、「まっすぐで可愛い!!」「りょうさんがこんなに女出す役初めて見たかも、かわいい」「惚れる…」などと話題になった。凜子は、島耕作が会長を務める大手電機メーカー・株式会社テコットで働く女部長。モットーは「仕事とプライベートは50/50」。プライベートでは彼氏の高澤光太郎(平山浩行)が経営するジャズ喫茶でサックス奏者としてライブを行うなど、管理職として自らがフレッシュな働き方を体現している。入社当初から夢見ていた女性初の執行役員候補としてもその名があがり、充実した毎日を送っている。順調に見えた凜子だったが、がんが発覚した光太郎から突然の別れを告げられ、仕事中に思わずため息をついてしまう。そんな姿にいち早く気がついたのは入社2年目の吉田俊也(竜星涼)。得意の手作り弁当で励まそうとするが、いまいち凜子の心に刺さらない。光太郎の存在を知っている俊也は、「僕じゃ凜子さんを本当に笑顔にはできないんです」と悔しがる。そんな中、凜子の知らないところで部下の箕輪ゆりか(黒川芽以)はパワハラに苦しめられていた。執行役員候補で凜子のライバルである速見貴文(丸...more
カテゴリー:

『部長 風花凜子の恋』脚本・坪田文に聞く -『コウノドリ』『プリキュア』…話題作を次々手掛ける - 07月09日(月)10:47 

7月5日、スペシャルドラマ『部長 風花凜子の恋』前編が放送されました。同作は、「島耕作シリーズ35周年のスピンオフ企画」である上に、「りょう 7年ぶりにドラマ主演」が5月10日のYahoo!トップにピックアップされるなど話題性十分。さらに、脚本をドラマ『コウノドリ』、映画『家に帰ると妻が必ず死んだフリをしています。』、アニメ『プリキュア』シリーズらの実績を持つ坪田文さんが手がけたことが、業界内で話題となっていました。ドラマ解説者として、作品・脚本家の両方に興味を抱いた私は、放送前に撮影現場を訪れ、福田浩之プロデューサー同席のもとにインタビューをさせてもらうことになりました。その内容は、後編の見どころから、現在の連ドラ事情、「若手脚本家が少ない」という問題点まで、幅広いものになったのです。【聞き手・文:木村 隆志(テレビ・ドラマ解説者)】凜子も島耕作も正義の味方ではない前編では、島耕作が会長を務める大手電機メーカー『テコット』で執行役員候補に登り詰めた女性部長・風花凜子(りょう)が一大プロジェクトのリーダーに就任。ライバル・速水貴文(丸山智己)の罠や、部下・吉田俊也(竜星涼)の危機に向き合う姿が描かれました。なかでも凜子を象徴するエピソードとして坪田さんが挙げたのは、須田洋二郎(川原和久)のパワハラに苦しむ俊也が無断欠勤してしまったあと、会社に出勤してきたシーン。凜子は俊也を厳しく追...more
カテゴリー:

『部長 風花凜子の恋』脚本・坪田文に聞く -『コウノドリ』『プリキュア』…話題作を次々手掛ける - 07月09日(月)10:30 

7月5日、スペシャルドラマ『部長 風花凜子の恋』前編が放送されました。同作は、「島耕作シリーズ35周年のスピンオフ企画」である上に、「りょう 7年ぶりにドラマ主演」が5月10日のYahoo!トップにピックアップされるなど話題性十分。さらに、脚本をドラマ『コウノドリ』、映画『家に帰ると妻が必ず死んだフリをしています。』、アニメ『プリキュア』シリーズらの実績を持つ坪田文さんが手がけたことが、業界内で話題となっていました。ドラマ解説者として、作品・脚本家の両方に興味を抱いた私は、放送前に撮影現場を訪れ、福田浩之プロデューサー同席のもとにインタビューをさせてもらうことになりました。その内容は、後編の見どころから、現在の連ドラ事情、「若手脚本家が少ない」という問題点まで、幅広いものになったのです。【聞き手・文:木村 隆志(テレビ・ドラマ解説者)】凜子も島耕作も正義の味方ではない前編では、島耕作が会長を務める大手電機メーカー『テコット』で執行役員候補に登り詰めた女性部長・風花凜子(りょう)が一大プロジェクトのリーダーに就任。ライバル・速水貴文(丸山智己)の罠や、部下・吉田俊也(竜星涼)の危機に向き合う姿が描かれました。なかでも凜子を象徴するエピソードとして坪田さんが挙げたのは、須田洋二郎(川原和久)のパワハラに苦しむ俊也が無断欠勤してしまったあと、会社に出勤してきたシーン。凜子は俊也を厳しく追...more
カテゴリー:

りょう演じる、女性も惚れる女部長が「まっすぐで可愛い」と話題!『部長風花凜子の恋』 - 07月15日(日)18:39 

りょうが主演を務める島耕作シリーズ35周年企画ドラマ『部長風花凜子の恋』(読売テレビ・日本テレビ系、木曜23:59〜)の後編が7月12日に放送され、りょう演じる風花凜子のキャリアウーマンとしての強さと、恋する女性としての弱さのギャップがTwitterで、「まっすぐで可愛い!!」「りょうさんがこんなに女出す役初めて見たかも、かわいい」「惚れる…」などと話題になった。凜子は、島耕作が会長を務める大手電機メーカー・株式会社テコットで働く女部長。モットーは「仕事とプライベートは50/50」。プライベートでは彼氏の高澤光太郎(平山浩行)が経営するジャズ喫茶でサックス奏者としてライブを行うなど、管理職として自らがフレッシュな働き方を体現している。入社当初から夢見ていた女性初の執行役員候補としてもその名があがり、充実した毎日を送っている。順調に見えた凜子だったが、がんが発覚した光太郎から突然の別れを告げられ、仕事中に思わずため息をついてしまう。そんな姿にいち早く気がついたのは入社2年目の吉田俊也(竜星涼)。得意の手作り弁当で励まそうとするが、いまいち凜子の心に刺さらない。光太郎の存在を知っている俊也は、「僕じゃ凜子さんを本当に笑顔にはできないんです」と悔しがる。そんな中、凜子の知らないところで部下の箕輪ゆりか(黒川芽以)はパワハラに苦しめられていた。執行役員候補で凜子のライバルである速見貴文(丸...more
カテゴリー:

『部長 風花凜子の恋』でりょうが演じる上司像に「かっこよくて可愛い」と最高の褒め言葉! - 07月09日(月)10:53 

りょうが主演を務める島耕作シリーズ35周年企画ドラマ『部長 風花凜子の恋』(読売テレビ・日本テレビ系、木曜23:59〜)の前編が7月5日に放送され、仕事もプライベートも全力で楽しむりょう演じる凜子の姿にTwitterでは、「りょうさんの笑顔ってこんなに素敵だったのか」「理想の上司像だ」「かっこいいのに可愛い!!」と絶賛する人が続出した。りょう演じる凜子は、島耕作が会長を務める大手電機メーカー・株式会社テコットで働く女部長。プライベートでは彼氏の高澤光太郎(平山浩行)が経営するジャズ喫茶でサックス奏者としてライブを行い、人生を全力で楽しんでいる。さらに、入社当初から夢見ていた女性初の執行役員の座を目前にして、ますます輝きを増して行く。新しい部署でプロジェクトリーダーを任された凜子は、執行役員候補としての力が試される新規プロジェクトで入社2年目の吉田俊也(竜星涼)をプレゼン責任者に抜擢した。俊也は経理部からプロジェクトに集められたメンバーだが、いつもどこかオドオドしている。この噂を聞いた凜子のライバル速見貴文(丸山智己)は、「自身の革新性を高めるためのサプライズ人事」と皮肉を言うのだった。凜子が持ち前の明るさで社員一人ひとりと打ち解けていく中、チーム内に1人だけよく思わない男がいた。それは、凜子よりも年上で家電販路部副部長の須田洋二郎(川原和久)だ。須田は、凜子のやること全てが癇に障り...more
カテゴリー:

『部長 風花凜子の恋』でりょうが演じる上司像に「かっこよくて可愛い」と最高の褒め言葉! - 07月09日(月)10:45 

りょうが主演を務める島耕作シリーズ35周年企画ドラマ『部長 風花凜子の恋』(読売テレビ・日本テレビ系、木曜23:59〜)の前編が7月5日に放送され、仕事もプライベートも全力で楽しむりょう演じる凜子の姿にTwitterでは、「りょうさんの笑顔ってこんなに素敵だったのか」「理想の上司像だ」「かっこいいのに可愛い!!」と絶賛する人が続出した。りょう演じる凜子は、島耕作が会長を務める大手電機メーカー・株式会社テコットで働く女部長。プライベートでは彼氏の高澤光太郎(平山浩行)が経営するジャズ喫茶でサックス奏者としてライブを行い、人生を全力で楽しんでいる。さらに、入社当初から夢見ていた女性初の執行役員の座を目前にして、ますます輝きを増して行く。新しい部署でプロジェクトリーダーを任された凜子は、執行役員候補としての力が試される新規プロジェクトで入社2年目の吉田俊也(竜星涼)をプレゼン責任者に抜擢した。俊也は経理部からプロジェクトに集められたメンバーだが、いつもどこかオドオドしている。この噂を聞いた凜子のライバル速見貴文(丸山智己)は、「自身の革新性を高めるためのサプライズ人事」と皮肉を言うのだった。凜子が持ち前の明るさで社員一人ひとりと打ち解けていく中、チーム内に1人だけよく思わない男がいた。それは、凜子よりも年上で家電販路部副部長の須田洋二郎(川原和久)だ。須田は、凜子のやること全てが癇に障り...more
カテゴリー:

「平山浩行」の画像

もっと見る

「平山浩行」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる