「市場規模」とは?

関連ニュース

国内企業ITインフラ市場、2017年の首位は富士通--IDC Japan - 07月20日(金)12:27 

IDC Japanは7月19日、国内企業のITインフラに関する市場シェアを発表した。2017年の市場規模は前年比1.7%増の6346億円。ベンダー別シェアでは、富士通が同0.8%増の23.2%で首位となった。
カテゴリー:

パーソルテクノロジースタッフ・do、「法人向けドローン活用セミナー」7/26(木)新宿にて開催 - 07月18日(水)10:12 

[パーソルホールディングス株式会社] 日本におけるドローンビジネスの市場規模は2024年に3700億円を超えるともいわれていますが(※)、産業化のステージはまだ初期段階と言えます。活用に興味はあるものの、「具体的に何ができるのか」「何を注意する...
カテゴリー:

2022年のAR/VRヘッドセットの国内出荷台数は114万台に--IDC - 07月16日(月)07:00 

IDC Japanは、2018年第1四半期(1〜3月)のAR (Augmented Reality) / VR (Virtual Reality)ヘッドセットの国内/世界出荷台数、および2022年までの世界市場規模予測を発表した。
カテゴリー:

【データで読む】中国の越境EC市場 日本からの購入が増加 - 07月16日(月)06:04 

中国ではEC(電子商取引)の市場規模が急拡大している。なかでも、中国の消費者がインターネット経由で国外の商品を直接購入する「越境EC」の利用が増加している。越境…
カテゴリー:

JLLとレンドリース社、不動産業界初アクセラレータプログラム「Propell Asia」開始 - 07月13日(金)11:00 

[ジョーンズ ラング ラサール株式会社] 東京 2018年7月13日 – 総合不動産サービス大手のJLL(本社: 米国シカゴ、CEO: クリスチャン・ウルブリック、NYSE: JLL、以下: JLL)とレンドリース社(本社: オーストラリア シドニー)は、2017年市場規模1...
カテゴリー:

オンライン出前注文サービス、市場規模拡大で競争激化 - 07月19日(木)16:23 

 ベトナムでは、ウェブサイトや携帯アプリによるフードデリバリー(出前注文)サービスの競争が激しくなっている。英市場調査会社ユーロモニター(Eu...
カテゴリー:

まだコンビニコーヒー?wコーヒードリンク市場 「ながら飲み」で中型ペットボトルコーヒーが急成長 - 07月18日(水)08:28  news

最近、オフィスでの仕事中に周りを見渡すと、デスクに置かれているドリンクに変化が見て取れる。特によく目にするようになったのは、 500ml前後の中型ペットボトルコーヒーだ。(以下600ml以下のペットボトルコーヒーを中型ペットボトルコーヒーとする) 前年割れの小売店の販売容量が拡大に転じた!   コーヒードリンク市場は、2017年、缶コーヒーの縮小が響き、小売店における販売容量は前年を割ったが、2018年は1~6月までで 前年比109%と大きく拡大に転じている(インテージ全国小売店パネル調査〈SRI〉調べ)。 この好調...
»続きを読む
カテゴリー:

エブリイ&ハイゼットの2大巨頭の牙城を崩すか? ホンダの異端児、FF軽商用バン「N-VAN」 - 07月16日(月)06:20 

『週刊プレイボーイ 』31号では、ホンダN-VAN開発責任者・古舘茂氏を自動車ジャーナリストの小沢コージが直撃!これぞ軽自動車新二刀流。大谷翔平もビックリの大革命の予感だぜ! それは7月13日新発売のN-VANのこと。ホンダがなんと19年ぶりに出す新型軽商用バンで、一応、商用のバモスやアクティの後継ってことだが、その実態は違う。業界を揺るがす異端児で、中身は現在人気爆発中の2代目N-BOX。つまり軽商用としては前代未聞、乗用FFプラットフォームの二刀流的戦略なのだ。実は軽乗用と商用は似て非なる世界。全長3.4m、全幅1.48m、全高2m以下のボディサイズや660cc以下のエンジン排気量、最大4名の定員はまったく同じ。だが、ラゲッジスペースを2列目より広く取らなければならなかったり、何より絶対車内スペースを稼ぐためにほとんどの車両がキャブオーバーのFRかMRプラットフォーム。つまりエンジンの上に人やキャビンを載せて室内長を稼ぎ、ドライブシャフトで後輪を駆動する特殊レイアウトだった。バモスやアクティもそう。結果、乗り心地は悪いが室内が広く使え、さらに重い荷物をリアに載せて走る場合、真下の後輪を駆動させるのでスリップしにくいなどメリットは大きかった。しかも商用な分、軽自動車税は半額近くて税的メリットもアリ!その実用性、信頼性の高さで現在スズキ・エブリイやダイハツ・ハイゼットの2大巨頭が業...more
カテゴリー:

日本eスポーツに不可欠な「国の支援」 専門家ら訴え - 07月14日(土)07:00 

 今年2月「日本eスポーツ連合(JeSU)」が発足し、一気に日本のeスポーツ界が騒がしくなってきている。ここ数ヶ月は従来のプレイヤーに加え、芸能界やメディアからの参入表明も後を絶たない。しかし、選手への賞金の問題や、日本オリンピック委員会(JOC)がJeSUの加盟に慎重な姿勢を示すなど、スポーツ産業・興行として成り立つにはまだいくつものハードルを越えなければならないのが現状だ。13日、立命館大学の東京キャンパスで『2018 日本eスポーツ元年 -日本国内でeスポーツを加速させるためには-』と題したプレスセミナーが開催された。同大学の映像学部・中村彰憲教授らが各国におけるeスポーツの取り組みを改めて解説し、日本のeスポーツの未来には国・行政の支援が不可欠と訴えた。 【写真】日テレもeスポーツ参戦 生駒里奈が専門番組MC ●アメリカ、中国、韓国のeスポーツ 興業化されるまでのあゆみ  昨年、eスポーツ全体の市場規模は約6億5500万(US)ドル(出典:Newzoo 2018)。ゴールドマンサックスからは、2022年には29億600万ドルまで規模が拡大するとの予測も出ており、巨大産業としての成長が見込まれる。また、賞金獲得金額も昨年、中国が1位で1610万ドル(以下、出典:esports earning.com)、2位アメリカが1501万ドル、3位の韓国が1206万ドルと巨額の報酬...more
カテゴリー:

GunosyとAnyPayがブロックチェーン関連事業を行う合弁会社「LayerX」の設立へ - 07月12日(木)17:43 

写真左がLayerX代表取締役社長となるGunosy代表取締役 最高経営責任者の福島良典氏、右が代表取締役副社長となるAnyPay取締役の日向諒氏 GunosyとAnyPayは本日7月12日、ブロックチェーン関連事業を行う合弁会社「LayerX(レイヤーエックス)」の設立について合意したと発表した。 同社の代表取締役社長はGunosy代表取締役 最高経営責任者の福島良典氏、代表取締役副社長はAnyPay取締役の日向諒氏、資本金は5000万円(株主構成はGunosy:50%、AnyPay:50%)となっており、設立は2018年8月1日を予定しているという。 新会社LayerXではブロックチェーン技術に特化したコンサルティングや開発、自社サービスの運営を軸に展開する方針。具体的にはトークンの設計コンサルティングや開発、ハッキングを防ぐコード監査、そして仮想通貨マイニングに関する事業などを検討しているそうだ。 これまでAnyPayではICOコンサルティング事業を展開。一方のGunosyでも2018年5月よりシェアオフィスなどの運営を手がけるツクルバと、ブロックチェーン技術の不動産領域への活用にむけた共同研究を開始している。 日向氏はTechCrunch Japanの取材に対し、「AnyPayがビジネス面、Gunosyが開発面でのサポート。合弁にして一緒にやっていくことで相乗効果が出てく...more
カテゴリー:

もっと見る

「市場規模」の画像

もっと見る

「市場規模」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる