「島崎遥香」とは?

関連ニュース

矢島舞美、大澄賢也の秘書役でゲスト出演!『駐在刑事 Season2』第4話 - 02月14日(金)17:39 

大澄賢也と矢島舞美が、2月14日に放送される寺島進主演『駐在刑事 Season2』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)の第4話にゲスト出演する。寺島が演じる主人公・江波敦史は、元警視庁捜査一課の敏腕刑事で今は奥多摩の人々に“駐在さん”として親しまれている男。今回の連続ドラマではシリーズの世界観を踏襲しながら、これまで明かされてこなかった登場人物たちの過去や因縁などが語られる。前作に引き続き、北村有起哉、笛木優子、佐藤寛太、鈴之助、市毛良枝といったおなじみのレギュラーキャストの出演に加えて、徳井優と田中美里が出演中だ。<第4話あらすじ>奥多摩で金貨が発見され宝探しが流行! 観光客が急増し江波(寺島)は毎日見回りに駆り出されていた。そんな中、夏子(田中)の息子・海人(高橋來)も友達と山へ宝探しに向かう。すると偶然、男(大澄)が死んでいるのを発見。驚きのあまり逃げ出すが犯人らしき人物に顔をみられてしまう。その後、江波が渓流で男の死体を見つけ……。現場へ遺体の確認に来たのは染岡の秘書・姫野(矢島)。染岡は不動産会社の経営者で芸術家のパトロンとして有名な男だった。山にあったはずの死体がなぜ渓流で発見されたのか? さらに海人にも犯人の魔の手が迫る! 関連リンク 島崎遥香、妊婦役で人質に!?お腹に手を添え…『駐在刑事 Season2』第3話...more
カテゴリー:

ニッチェ江上敬子「今でも吉村界人くんが気になる」俳優オタク役で『エ・キ・ス・ト・ラ!!!』第4話出演 - 02月06日(木)00:55 

江上敬子(ニッチェ)が、2月6日25時05分から放送されるドラマ『エ・キ・ス・ト・ラ!!!』(カンテレ、毎週木曜24:55~※関西ローカル)第4話で、“俳優オタクのエキストラ”を熱演する。※『四大陸フィギュアスケート選手権』延長の際は放送時間がさらに繰り下がる可能性あり。ドラマの中に空気のように存在するエキストラ。同作はそんな彼ら彼女らにスポットライトをあてた異色のオムニバスドラマ。ドラマ内で描かれる恋愛ドラマ『猟奇的な君を宇宙の果てまで追いかける』の主役を、個性的な魅力で存在感を放つ若手俳優の吉村界人が演じ、『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』で注目を浴びた山谷花純がヒロインを演じる。そして、エキストラやスタッフに振り回されながらも日々奮闘する助監督役に水上京香、事なかれ主義の監督役に芹澤興人、関西弁炸裂の番組プロデューサー役に中林大樹が決まっている。第4話のゲスト主人公は、ニッチェ・江上。数多くの映像作品にも出演する江上は俳優オタクエキストラ・吉本佳代子を演じる。佳代子は人気俳優・高城蓮(吉村)の熱狂的ファンで、同じファン仲間の道子(宮部純子)、咲子(清水葉月)とともに、売れないころから応援してきた。そんな折、蓮の主演ドラマのエキストラにただひとり当選して、無謀なミッションを授けられるが、撮影当日に必死のあまり大暴走をしてしまう……というストーリーだ。撮影後、江上...more
カテゴリー:

矢本悠馬、実在のAD役で『天国からのラブソング』出演決定「本人を目の前に芝居するのは、なかなか恥ずかしい」 - 02月05日(水)18:03 

濱田龍臣が主演を務める、福岡放送開局50周年スぺシャルドラマ『天国からのラブソング』(FBS※福岡・佐賀)が、3月15日(日)15時から放送(※BS日テレ:3月20日19:00~)。このほど、矢本悠馬の出演が決定した。本作は、視聴者からの超個人的な調査依頼を番組独自に解決する『ナンデモ特命係 発見らくちゃく!』(FBS:毎週月曜24:54~/KRY山口放送:毎週月曜25:24~)が発掘した感動の物語「天国からのラブソング」をスペシャルドラマ化。男子高校生・光井天星(濱田)と他界した祖父・浩(こう/イッセー尾形)が、様々な人の関わりを経て交流する物語を豪華キャストで描く。脚本を金沢知樹、いとう菜のは、演出を藤谷拓稔(FBS)が務める。 矢本が演じるのは、天星が依頼を送った実在するTV番組『発見らくちゃく!』のAD・轟木洋志。矢本は、「ぼくが演じた役の方が『発見らくちゃく!』のADさんなんですが、実際にこのドラマのスタッフさんとして現場で働いていらして、本人を目の前に芝居するのは、なかなか恥ずかしい環境でした」と本音を吐露。本作については「おじいちゃんと孫の物語、ぼくは、おばあちゃん子だったんですが、自分の成長と共におばあちゃんより友達と一緒にいる時間が増え、おばあちゃんが亡くなった時にめちゃくちゃ後悔しました。その時は、身近な誰かが死ぬというのにリアリティが無かったんです。もっと一緒...more
カテゴリー:

藤ヶ谷太輔演じる壱晴、桜子に過去について話す覚悟を決めるが…『やめすこ』第4話 - 02月05日(水)18:01 

Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔と奈緒が出演する「シンドラ」第11弾『やめるときも、すこやかなるときも』(日本テレビ系、毎週月曜24:59~)第4話が、2月10日に放送される。同ドラマは、人を思う優しさと身勝手な残酷さに揺れる、「好き」だけでは前に進めない2人のラブストーリー。原作は、恋愛のリアルを描くことに定評のある窪美澄の同名長編小説。脚本は、映画『ストロボ・エッジ』など多様な恋愛模様を紡いできた桑村さや香が、演出は、『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)など話題作が続く小室直子が務め、恋愛に伴う「矛盾」「曖昧」「痛さ」に満ちた感情を、リアルな機微で描いていく。真摯に仕事に取り組むも、師を越える新しい作品が作れず、職人として伸び悩んでいる家具職人・須藤壱晴(藤ヶ谷)と、仕事面では自立しているものの、恋愛がからっきし上手くいかない広告制作会社OL・本橋桜子(奈緒)。惹かれ合い、心を通わせていくように見えた2人だが、互いにまだ打ち明けていない、心の傷を抱えていて……。<第4話あらすじ>壱晴(藤ヶ谷)の母の実家で、壱晴と女の子のツーショット写真を見てしまった桜子(奈緒)だったが、それについて壱晴には聞けず、相手の過去には「踏み込まないのがルール」だと自分に言い聞かせ思い悩んでいた。本橋家ではいつものように暴れている勝己(遠山俊也)と、何もできずにただ見ているだけの幸枝...more
カテゴリー:

はらぺこツインズ台湾・屋台グルメを食べまくり!大食いYouTuberチェンチェンも参戦『デカ盛り道場破り』 - 02月05日(水)14:19 

はらぺこツインズとして活躍する大食い界最強の双子、小野かこ・小野あこ姉妹が、2月7日(金)18時55分から、『完食者ゼロの店!デカ盛り道場破り』(テレビ東京系)に出演。小野姉妹のほか、柴田英嗣(アンタッチャブル)、チェンチェン(台湾の大食いYouTuber)も登場する。世の中には大食いファイターでも完食するのが困難な“デカ盛りメニュー”が数多くある。そんな完食者ゼロの店に、同局の人気番組『大食い王決定戦』でもおなじみの大食いモンスターたちが“道場破り”をしてきたが、今回は台湾の屋台を舞台に小野姉妹が大奮闘! 台湾の人気夜市で100店舗以上ある屋台グルメを6時間で食べ尽くし、何が一番美味しいかを検証していく。また番組では、日本全国の様々な目撃情報をもとに、大食い美女を探し出す。 関連リンク 洋食メガ盛りに苦戦!?大食い王のMAX鈴木、もえのあずき、河田大志が『デカ盛り道場破り』に登場! 大原優乃演じるなでしこ、土鍋を頭に!?ほっこり過ぎるシーンカット『ゆるキャン△』第5話 島崎遥香、妊婦役で人質に!?お腹に手を添え…『駐在刑事 Season2』第3話 「...more
カテゴリー:

真木よう子、直木賞作品主演に「苦しいとは思っていたけれど挑戦したかった」『ファーストラヴ』 - 02月06日(木)02:26 

女優の真木よう子が、2月22日(土)22時から放送されるBSプレミアムドラマ『ファーストラヴ』の試写会に上白石萌歌と共に出席。本作に出演したいと思った理由を語った。本作は、第159回直木賞を受賞した島本理生の同名小説が原作で、真木を主演に迎えドラマ化。出版社から「女子大生の父親刺殺事件」のルポ執筆を頼まれた公認心理士の由紀(真木)が、容疑者・環菜(上白石)の“愛”と“殺意”に迫るヒューマンミステリー。心理士として患者に寄り添う由紀だが、自身も過去にトラウマを抱え、それを乗り越えようと懸命に向き合っているという役柄。真木は「とても苦しいシーンはたくさんあるだろうなと分かっていたのですが、なぜ惹かれるのか過去の自分に聞いてみました。やはり女性なら共感できる作品だと思ったので、ぜひ挑戦したいと思いました」とオファーを受けた理由を述べる。「共感」の部分に話が及ぶと真木は「子供のころ自分にとって親は必ずしもパーフェクトな存在ではなかった。母親との確執も少なからずありました。そうした思いがこの作品で出せるのかなと思ったんです」と説明する。一方、父親殺害の容疑者を演じる上白石は、「お話をいただき原作を読ませていただいたのですが、ページをめくるたびに、やるせない気持ちになり涙が止まらなかった」と印象を述べると「撮影のあいだは、環菜という子を救いたいという一心でした」と強く感情移入したことを明かす。...more
カテゴリー:

倖田來未『ウチのガヤがすみません!』に出演!全員“新”ガヤ芸人OAかけサバイバル - 02月06日(木)00:54 

倖田來未が、2月11日放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系、毎週火曜23:59~)に、出演する。毎回、総勢50名を超える若手芸人がゲストについて調査を行い、興味の持てる“おもてなし”を提案する同番組。ゲストはその中から数組のテーマを選出し、MCのヒロミとフットボールアワー・後藤輝基らと共に、トークを繰り広げる。全員が“新”ガヤ芸人の今回は、彼らの“おもてなし”を採点し、つまらなければオンエアなしのサバイバルを繰り広げる。そんな中、第二のみやぞん(?)の超天然芸人がスピードアジア料理に挑戦するが、スタジオで大失態!? また、遠藤憲一のモノマネ芸人が、倖田にある一言を放ち……?そのほかに、『M-1』準決勝進出のアマチュア芸人・ラランドが倖田のPRポスターを作成。また、気持ちよくなれる「ヨイショ計算クイズ」で盛り上がる。 関連リンク 相席スタート・山添寛、過激すぎるキスで新境地開拓!?『ウチのガヤがすみません!』 大原優乃演じるなでしこ、土鍋を頭に!?ほっこり過ぎるシーンカット『ゆるキャン△』第5話 島崎遥香、妊婦役で人質に!?お腹に手を添え…『駐在刑事 Season2』第3話 ...more
カテゴリー:

宮城県1年生選抜強化合宿&全日本ユース強化合宿ともに最終日を迎え…『ハイキュー!! TO THE TOP』第5話 - 02月05日(水)18:02 

スーパーアニメイズム枠にて、『ハイキュー!! TO THE TOP』(MBS/TBS系、毎週金曜25:25~)の第5話が、2月7日に放送される。同アニメは、古舘春一の「ハイキュー!!」(「週刊少年ジャンプ」で連載中)が原作となっており、監督を佐藤雅子、副監督を石川真理子、シリーズ構成を岸本卓、キャラクターデザインを岸田隆宏が務めている。春の高校バレー宮城県予選では、激闘を制し悲願の全国大会出場を決めた烏野高校排球部。全国大会を控えた彼らのもとに、全日本ユース強化合宿や宮城県1年生選抜強化合宿への招集がかかるメンバーがいる中で、日向翔陽(声・村瀬歩)は同じ1年生との差に焦り……。全国大会本番に向け、日向、影山飛雄(声・石川界人)、そして烏野高校排球部のさらなる挑戦が始まる――!!<第5話「空腹」あらすじ>再び白鳥沢3年OBとの練習試合が行われる。一方、影山(声・石川)のいるユース強化合宿ではポジションをシャッフルしての練習試合が行われていた。宮城県1年生選抜強化合宿、全日本ユース強化合宿ともにいよいよ最終日を迎える――。 関連リンク 『ハイキュー!! TO THE TOP』スタート!烏野高校・影山に全日本ユース強化合宿招集の報せが舞い込み… 大原優乃演じるなでしこ、土鍋を...more
カテゴリー:

芳根京子演じる喫茶店の看板娘に窃盗の疑惑!?『コタキ兄弟と四苦八苦』第5話 - 02月05日(水)14:46 

2月7日に放送される古舘寛治と滝藤賢一がダブル主演を務めるドラマ24『コタキ兄弟と四苦八苦』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の第5話で、芳根京子演じる喫茶シャバダバの看板娘さっちゃんに窃盗の疑惑が!?同ドラマの企画は、古舘と滝藤が「自分たちがW主演のドラマを立ち上げよう!」と意気投合したところから始まり、3年近い月日を経てようやく日の目を見たプロジェクト。物語は、真面目すぎてうまく生きられない兄(古舘)と、そんな兄をみて育ったせいか、ちゃらんぽらんにしか生きられなくなった弟(滝藤)という無職の兄弟が、ひょんなことから「レンタルおやじ」を始めるところからスタート。依頼内容は、定年退職した夫の様子がおかしい、友達が孤独死しているのではないか、3か月後に世界が終わる……などひとクセある案件ばかり。生きるのが下手な兄弟が、「レンタルおやじ」を通して孤独な依頼人たちと関わり、様々な無茶ぶりに“四苦八苦”しながらも、どうにか生きていく人間賛歌コメディだ。タイトルにもある“四苦八苦”は、元は仏教用語で、人間である限り避けられない8つの苦しみをお釈迦様が教えた言葉。これらに4つの苦しみを新たに加えた、“12苦”がドラマの裏テーマとなっている。<第5話あらすじ>「レンタルおやじ」をやっている兄弟、一路(古舘)と二路(滝藤)。ある日、喫茶シャバダバで依頼人を待っていたが、一向に現れない。そんな中...more
カテゴリー:

柿澤勇人が天才ピアニスト役で登場!聴力が失われていき…『トップナイフ』 - 02月05日(水)13:54 

天海祐希主演『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第5話が、2月8日に放送される。同ドラマは、“脳”という神の領域に踏み込むために、何を手放してそのメスを握るのか、神の技術と人間の苦悩、医師のすべてを描くリアル・ドクターストーリー。『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』『医龍-Team Medical Dragon-』などを手掛けた脚本・林宏司と、『女王の教室』の演出・大塚恭司という最強のヒットメーカーが集結する。天海が演じる脳外科医・深山瑤子(みやま・ようこ)は、東都病院・脳神経外科に務める脳動脈瘤のスペシャリストで、部長の今出川から脳外をまとめるように言われる、管理職的役割の女医。自分の実力一つで患者の人生が変わるのが脳外科医だと実感し、その責任と重要性を自覚して、患者の命を第一に考えているが、その裏では家族を捨てたという罪悪感を抱えている役どころだ。<第5話あらすじ>かつて自分が失敗した母親のオペを黒岩(椎名桔平)が再手術し実力の差を目の当たりにした西郡(永山絢斗)と、来島(古川雄大)への恋に心乱されて勉強に集中できない幸子(広瀬アリス)。深山(天海)は自分の“才能”に自信をなくした若手ドクター2人を気にかけるが……。そんな中、テレビでも活躍する天才ピアニスト景浦祐樹(柿澤勇人)が耳が聴こえにくいと病院に訪れる。巨大な聴神経腫瘍...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「島崎遥香」の画像

もっと見る

「島崎遥香」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる