「岡田結実」とは?

関連ニュース

【オスカー】岡田圭右の娘・岡田結実(19)、今春事務所退社へ バラエティーよりも「女優がやりたい」★2 - 01月28日(火)10:12  mnewsplus

「小学校・中学校・高校生活が経験できるのは1度きり。後悔しないよう、いい意味で無駄づかいして楽しんでください!」 放送中のドラマ『女子高生の無駄づかい』(テレビ朝日系)で主演を務める岡田結実(19)。 1月20日に、都内の女子高で行われた制作発表イベントで高校生たちに明るく呼びかけたが、本人もこのとき“後悔”しないようにひとつの覚悟を決めていたようだ──。 「ドラマの放送が終わる3月末をもって'16年から所属している事務所『オスカープロモーション』を退社する予定だというんです。岡田さんの契約更新は毎年4月...
»続きを読む
カテゴリー:

“奴隷” 速水もこみち、愛する松井愛莉の「言い付け」を守ってたが…抑制モード解除! - 01月25日(土)17:55 

速水もこみち演じる超ハイスペックなイケメン社長が、松井愛莉演じる自社の派遣社員に“奴隷志願”するという衝撃のストーリーが注目を集めるドラマ『この男は人生最大の過ちです』。九瀬しきによる同名電子コミックが原作の同ドラマ第2話が1月25日(土)深夜に放送される。(※関西・ABCテレビでは1月26日放送)©ABCテレビ第1話で唯(松井愛莉)から「一切関わらないで」と“命令”され、その言い付けを守っていた天城(速水もこみち)。しかし、唯の誕生日をきっかけに、その抑制モードが解除される…!?◆第2話あらすじ©ABCテレビ天城恭一(速水もこみち)が佐藤唯(松井愛莉)の言い付けを守り、唯に関わらなくなって数日、唯は愛犬を亡くして初めての誕生日を迎える。一人きりの寂しさに襲われ、なかなか寝付けない唯。よりによって外は嵐。窓に打ち付ける風が気になり唯がふと外をのぞくと、そこには風雨の中、花束を手に立ち続ける天城の姿が! 無視を決め込む唯だが、しばらくしてサイレンの音が響き渡り…!?©ABCテレビ後日、唯は先輩の石川麻美(片山萌美)に誘われ合コンに出かける。相手はライバル製薬会社の宮川(ショーゴ/東京ホテイソン)と姫田(たける/東京ホテイソン)。©ABCテレビ店の片隅には、またしても天城の姿が! 気持ち悪さを紛らわそうと酒をあおる唯。しかし、その酒にはある罠が仕掛けられていて…。※番組情報:ドラマL『...more
カテゴリー:

バナナマン設楽、宮下草薙・四千頭身らのリポートは「スタッフとの駆け引きが…」 - 01月25日(土)07:58 

世のなかにあふれる“気になる光”を調査する、前代未聞の夜景調査バラエティー『謎の光にお邪魔します。』が、1月25日(土)に放送される。©テレビ朝日同番組では、“光”や“夜景”にスポットを当てた、いままでにない新しい企画が登場。夜景のなかでフシギな光を発している場所には、いったいどんな人がいて何をしているのか、その謎に迫る。MCはバナナマンが担当、スタジオゲストにはモデルやタレントとして活躍する市川紗椰を迎える。一方、現場で調査に当たったのは、“お笑い第七世代”を牽引する宮下草薙と四千頭身、さらに抜群の存在感を発揮するタレント・丸山桂里奈という旬のメンバー。“謎の光”の正体はもちろん、個性あふれる3組の体当たりリポートにも期待だ。◆朝から晩までピンクに光るタワマンの一室…なぜ?©テレビ朝日宮下草薙が調査するのは、“都内某所のタワーマンション一室から放たれるピンク色の謎の光”。目撃者によると、その窓は朝から晩まで濃いピンク色に光っているとか…。謎を解くため、現場のタワーマンションに赴いた2人だが、どんな人物が住んでいるかもわからず、怖々、住人を直撃する。四千頭身は、高知県四万十市へ。ここでは、“冬季限定で灯る、謎の虹色の光”を調べる。現場に到着した3人は、四万十川に100以上ものカラフルな光が浮かび上がる、幻想的な光景を目の当たりにしてビックリ。色とりどりの光の謎に迫る。丸山桂里奈は“...more
カテゴリー:

【今夜第1話放送】『女子高生の無駄づかい』原作に忠実かつ、くだらなすぎて笑えるドラマ - 01月24日(金)15:53  mnewsplus

 タレント・女優の岡田結実が主演するテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『女子高生の無駄づかい』の第1話が、24日に放送される(毎週金曜 後11:15~深0:15※一部地域で放送時間が異なる)。 「バカ」「ヲタ」「ロボ」と呼び合う女子高生=JKたちが、男子ゼロの“女子高”という独特の空間の中で、青春を浪費していくシュールで残念な毎日を描いた学園コメディー。原作漫画のシーンの再現度が忠実すぎて、漫画やアニメを知る人は吹き出し注意。笑いのツボは人それぞれ異なると思うが、くだらなすぎて笑えるドラマになっている、と思う。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

注目ドラマ紹介:「女子高生の無駄づかい」岡田結実が問題児の“バカ”女… - 01月24日(金)12:07 

 タレントで女優の岡田結実さん主演の連続ドラマ「女子高生の無駄づかい」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)が1月24日始まる。原作は、昨年7~9月にテレビアニメ化もされたビーノさんの同名学園コメデ…
カテゴリー:

【オスカー】岡田圭右の娘・岡田結実(19)、今春事務所退社へ バラエティーよりも「女優がやりたい」 - 01月27日(月)20:09  mnewsplus

「小学校・中学校・高校生活が経験できるのは1度きり。後悔しないよう、いい意味で無駄づかいして楽しんでください!」 放送中のドラマ『女子高生の無駄づかい』(テレビ朝日系)で主演を務める岡田結実(19)。 1月20日に、都内の女子高で行われた制作発表イベントで高校生たちに明るく呼びかけたが、本人もこのとき“後悔”しないようにひとつの覚悟を決めていたようだ──。 「ドラマの放送が終わる3月末をもって'16年から所属している事務所『オスカープロモーション』を退社する予定だというんです。岡田さんの契約更新は毎年4月な...
»続きを読む
カテゴリー:

『女子高生の無駄づかい』町田啓太、イケメン×女子大生好き教師役こそ「無駄づかい」と反響 - 01月25日(土)10:19 

岡田結実主演の金曜ナイトドラマ『女子高生の無駄づかい』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~)の初回が、1月24日に放送。インターネット上では、町田啓太演じる役どころにツッコミの声が相次いだ。個性派ぞろいの女子高生=JKたちが、女子高生活をただただ無駄に浪費する日常を描いた学園コメディ。原作は「コミックNewtype」で連載中の同名漫画で、2019年にアニメ化されて話題となった。街中で、スマホとタピオカを持つ女子高生がキャッキャと騒ぐ中、さいのたま女子高等学校(通称:さいじょ)に通うこととなる田中望(岡田)、菊池茜(恒松祐里)、鷺宮しおり(中村ゆりか)が歩いている。望は「すごいこと言っていい?」と前置きしつつ「若さは平等に与えられている。今頑張らないと一生彼氏とかできないんじゃない?」と問題提起。しかし、彼女たちは望を冷ややかな目で見ており、茜に至っては「すげー頭悪そう」と一刀両断した。そんな思いを胸にさいじょに入学したのだが、さいじょはその名の通り女子高。学校名で気づけなかった望は「なんで女しかいねーんだ? 共学じゃねーのかよ!」と嘆く。若くてイケメンの教師に期待するしかない、と息まく彼女の願いが届いたのか、クラスに赴任したのはイケメン教師・佐渡正敬(町田)。望らが「キタコレ!」と大喜びする中、佐渡は自己紹介もそこそこに「私は女子大生派だ」と宣言。「女子高生と手をつないだだけで犯罪...more
カテゴリー:

デーブ・スペクター、異例ともいえるロングインタビュー。TVへの愛とダメだし、タブーを恐れずに語る - 01月25日(土)07:52 

いま一番聞きたいあの人の言葉を心の奥底から引き出すインタビュー番組『ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~』(BS朝日)。1月25日(土)に放送される同番組には、放送プロデューサーのデーブ・スペクターが登場する。©BS朝日政治問題から芸能情報まで国内外のさまざまな情報に精通、的確なコメントと得意のダジャレで日本のテレビ業界で独自のポジションを築いてきたデーブ。日米交流の橋わたし役として、アメリカのテレビ番組や情報等を日本に紹介する一方で、アメリカやイギリスのテレビで日本国内の取材・調査やレポーターもこなし、国内外を問わず広く活動している。2009年には、オリコン「好きなコメンテーターランキング」第1位を獲得。長らく活躍し続けるデーブに、その秘訣を聞く。◆デーブ・スペクター、タブーを恐れずに語る。アメリカ・シカゴ生まれのデーブ。アメリカで子役として舞台、テレビ、CMに出演、その後、アメリカのメディア業界でテレビプロデューサー、放送作家として活躍する。日本のテレビに出ることになったのは40年近く前。1983年、米国ABCのプロデューサーとして日本の番組を買い付けるために来日したデーブは、ちょっとした好奇心からフジテレビ『笑っていいとも!』に出演した。そこから人生が一転し、80年代の外国人タレントブームの中心的存在となっていく。その後、ブームの終焉とともに多くの外国人タレントが消えてい...more
カテゴリー:

『女子高生の無駄づかい』原作に忠実かつ、くだら.. - 01月24日(金)14:47 

『女子高生の無駄づかい』原作に忠実かつ、くだらなすぎて笑えるドラマ(写真 全3枚) #岡田結実 #恒松祐里 #中村ゆりか #町田啓太 #劇団EXILE #LDH #テレ朝 #ドラマ #女子高生の無駄づかい #女子無駄 @yuiokada_415 @jyoshimuda2020
カテゴリー:

【芸能】岡田結実“カレ氏いないアピール”にウソ疑惑! 過去発言と矛盾点が… - 01月24日(金)11:07  mnewsplus

1月20日、女優の岡田結実が、東京・蒲田女子高等学校内で行われたドラマ『女子高生の無駄づかい』(テレビ朝日系)のイベントに出席。自身の学生生活を振り返ったところ、ネット上では?ウソ?が指摘されてしまった。 岡田はドラマの内容にかけて自身の学校生活を振り返り、「学校に男子が少なくて、ほぼ女子高みたいな場所でした。その中でも男子をゲットした少数の女子がいて、うらやましくてクソって思っていました」と、?非リア充?であったことを明かす。 さらに「モテなかったので私もそんな経験をしてみたかった」と?イケていな...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「岡田結実」の画像

もっと見る

「岡田結実」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

こんなの見てる