「岡田惠和」とは?

関連ニュース

岡田惠和:先輩・橋田壽賀子に追いつくには「180歳ぐらいにならないと… - 07月18日(水)19:48 

 NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」などを手がけた脚本家の岡田惠和さんが18日、東京都内で行われた「第26回橋田賞」の授賞式に出席した。同作などの脚本で受賞した岡田さんは壇上で、出席した理事…
カテゴリー:

「この世界の片隅に」で、松本穂香がレコーディングに初挑戦! - 07月18日(水)04:00 

TBS系で7月15日から始まった日曜劇場「この世界の片隅に」(毎週日曜夜9:00-9:54)。このドラマの音楽を担当するのが久石譲。久石の音楽は放送前から注目を集めていたが、このたびドラマのオリジナル・サウンドトラックを8月29日(水)に発売することが決定した。 【写真を見る】劇中歌をレコーディング中の松本穂香/(C)TBS さらに、第1話ですずが歌ったわらべうたがこのサントラに収録されることも決定。この曲はドラマオリジナルの劇中歌で、久石譲が作曲・編曲し、ドラマの脚本を担当する岡田惠和が作詞したもの。「山の向こうへ」と名付けられたこの劇中歌を歌うのは、ヒロインすずを演じる松本穂香。松本は初めてのレコーディングに緊張気味だったが、透明感のある声で聞く人をドラマの世界に引き込む歌になった。 ■ 松本穂香コメント レコーディングは初体験なので、すごくドキドキしました。終わってほっとしました(笑)。 久石さんの曲と岡田さんの歌詞がとても合っていて、すずさんたちが暮らしている広島の江波や呉のちょっと昔の風景がふっと浮かぶような、優しい歌だなと思いました。 何度か歌わせていただいたのですが、最後のほうは、スタッフさんやみんなの顔を思い浮かべながら歌いました。歌っていて自分自身、優しい気持ちになれました。 久石さんが作ってくださった曲も、ドラマ全体の雰囲気も、とても優しく穏やかな時間が流れ...more
カテゴリー:

【芸能】この世界の片隅に、初回視聴率10.9%と2桁スタート 「ひよっこ」松本穂香がずすさんに! ★2 - 07月18日(水)02:31  mnewsplus

この世界の片隅に:初回視聴率10.9%と2桁スタート 「ひよっこ」松本穂香がすずさんに! 7/17(火) 10:04配信 MANTANWEB(まんたんウェブ) https://mantan-web.jp/article/20180717dog00m200010000c.html https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000006-mantan-ent TBS系日曜劇場「この世界の片隅に」でヒロインを務める松本穂香さん(左)と夫役の松坂桃李さん こうの史代さんのマンガが原作の連続ドラマ「この世界の片隅に」(TBS系、日曜午後9時)の初回が15日、25分拡大で放送され、平均視聴率は10.9%(以下・ビ...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】この世界の片隅に、初回視聴率10.9%と2桁スタート 「ひよっこ」松本穂香がずすさんに! - 07月17日(火)10:07  mnewsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000006-mantan-ent こうの史代さんのマンガが原作の連続ドラマ「この世界の片隅に」(TBS系、日曜午後9時)の初回が15日、25分拡大で放送され、平均視聴率は10.9%(以下・ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、2桁スタートを切った。  コミックスの累計発行部数は130万部を突破し、2016年公開の劇場版アニメはロングヒットを記録と、多くのファンを持つ名作を、数々のヒット作を生み出してきた人気ドラマ枠「日曜劇場」で実写連ドラ化。昨年放送のNHK連続テレビ小説「ひよっこ...
»続きを読む
カテゴリー:

松本穂香、松坂桃李は「すごく爽やかで優しくって頼りがいがある!」 - 07月15日(日)08:00 

――戦時中の広島県呉市で暮らす女性の姿を描き人気の、こうの史代原作マンガを岡田惠和の脚本でドラマ化する「この世界の片隅に」(TBS系)。ヒロインのすずはオーディションで選ばれた松本穂香、すずの夫・周作は松坂桃李が演じる。 戦時中の広島県呉市で暮らす女性の姿を描き人気の、こうの史代原作マンガを岡田惠和の脚本でドラマ化する「この世界の片隅に」の人物相関図 松本「原作やアニメ映画も見ていたので、こんなステキな物語に参加できることがうれしかったです!」 松坂「最初は連続ドラマでやるんだということに驚きました。そして演出の土井(裕泰)さんと脚本家の岡田さんとまたご一緒できるということがうれしかった。お二人ともすごく好きな作り手の方なので…」 ――かけがえのない日常を丹念に描くことに定評のある脚本家の岡田惠和。彼の脚本の魅力は? 松坂「言葉がセリフっぽくないというか、空気をまとっている感じ。台本を読んでも、普通ならト書きで説明があるのですが、そういうものがなくセリフのみというページがあったり…。演じる側としては試されている気もしますが、その空気をきちんと伝えたいと思います」 松本「何か読んでいて、いとおしい気持ちになるんです。出てくる人も本当にイヤな人はいないし。ステキなお話になっています」 のんびりな性格で明るく生きるすずが、言葉数は少ないが優しい心と秘めた情熱を持つ周作と結婚するところから...more
カテゴリー:

有村架純:「ひよっこ」共演の竹内涼真、岡田惠和との再会に歓喜 「役者… - 07月18日(水)19:26 

 女優の有村架純さんが18日、東京都内で行われた「第26回橋田賞」の授賞式に出席した。有村さんは、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」の演技で同賞の新人賞を受賞した。授賞式には、同作の脚本を担当した岡田…
カテゴリー:

『この世界の片隅に』サントラ発売決定 松本穂香歌う「わらべうた」も収録 - 07月18日(水)04:00 

 女優の松本穂香が主演するTBS系連続ドラマ「日曜劇場『この世界の片隅に』」(毎週日曜 後9:00)のオリジナル・サウンドトラックが、8月29日に放送されることがわかった。15日放送の第1話で、主人公・すず(松本)が歌っていたわらべうたもサントラに収録される。このわらべうたはドラマの音楽を担当する久石譲氏が作曲・編曲し、ドラマの脚本を担当する岡田惠和氏が作詞したもので、タイトルは「山の向こうへ」。松本による初レコーディングも行われ、透明感ある歌声を披露した。 【全身ショット】もんぺ姿で会見に出席した松本穂香  同ドラマは、原作が累計130万部を突破した、こうの史代氏の人気マンガ(双葉社刊)を実写化。太平洋戦争の最中、広島県の江波(えば)から呉(くれ)に嫁いだヒロイン・北條すずが、嫁ぎ先の北條家で夫・周作(松坂桃李)らとともに暮らすかけがえのない日常を丹念に描いていく、家族の愛の物語。第1話では、幼少期のすずから、突然持ち上がった縁談により18歳で周作のもとに嫁ぐまでが描かれた。  緊張のレコーディングを終え、胸を撫で下ろした松本は「すごくドキドキしました。終わってほっとしました(笑)」と安堵。「久石さんの曲と岡田さんの歌詞がとても合っていて、すずさんたちが暮らしている広島の江波や呉のちょっと昔の風景がふっと浮かぶような、優しい歌だなと思いました。何度か歌わせていただいたのです...more
カテゴリー:

【実写/漫画】この世界の片隅に:まるで「朝ドラ?」の声 異質の「日曜劇場」が目指すもの TBSとしての『矜持(きょうじ)』 - 07月17日(火)18:54  mnewsplus

この世界の片隅に:まるで「朝ドラ?」の声 “既視感”の理由… 7/17(火) 7:30配信 MANTANWEB(まんたんウェブ) https://mantan-web.jp/article/20180716dog00m200035000c.html https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000020-mantan-ent 連続ドラマ「この世界の片隅に」でヒロインのすずを演じている松本穂香さん こうの史代さんのマンガが原作の連続ドラマ「この世界の片隅に」(TBS系、日曜午後9時)が15日、スタートした。 コミックスの累計発行部数は130万部を突破し、2016年公開の劇場版アニメはロングヒット...
»続きを読む
カテゴリー:

松本穂香主演 日曜劇場『この世界の片隅に』初回視聴率10.9% - 07月17日(火)09:50 

 女優の松本穂香が主演するTBS系日曜劇場『この世界の片隅に』(毎週日曜 後9:00※初回25分拡大)第1話が15日放送され、初回平均視聴率が10.9%だったことがわかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 【全身ショット】もんぺ姿で会見に出席した松本穂香  2016年11月にアニメーション映画も公開されヒットを記録したこうの史代氏の漫画『この世界の片隅に』を、2017年上半期朝ドラ『ひよっこ』脚本などで知られる岡田惠和氏が連ドラ化。演出は『カルテット』『逃げるは恥だが役に立つ』など数々のヒット作で知られる土井裕泰氏。音楽は民放連続ドラマでは1994年の『時をかける少女』(フジテレビ系)以来、24年ぶりのとなる久石譲氏が担当する。  物語の舞台はは戦時下の広島県呉市。広島市江波から嫁いだ女性・北條すずを中心に、夫の周作(松坂桃李)や家族たちが厳しい時代もたくましく生き抜いた喜びや悲しみ、普遍的な幸せを描いていく。  第1話では昭和9年のある日、江波に住む少女・浦野すず(幼少期:新井美羽)がおつかいに出た帰り道、川原で絵を描いていたところを人さらいに捕まってしまう。しかし、先に捕まっていた少年・周作(浅川大治)の機転で逃げ出すことに成功。無事自宅に帰りついたすずだが、今日の出来事が夢のように思えた。時は経ち、昭和18年秋、すずに突然の縁談が舞い込む。以前に見初めたすずを嫁に...more
カテゴリー:

名手・岡田惠和が描く、愛すべき普通の人々の日常 <脚本家で見る夏ドラマ(3)> - 07月15日(日)05:00 

岡田惠和が脚本を手掛け、松本穂香&松坂桃李が出演する話題のドラマ「この世界の片隅に」(毎週日曜夜9:00-9:54※初回は夜9:00-10:19、TBS系)が、いよいよ本日7月15日(日)よりスタートする。 第1話、すず(松本穂香)と周作(松坂桃李)が夫婦で初めての夜を過ごすシーン。佐野亜裕美Pも「とても良いシーンになった」と語る2人の熱演は必見!/(c)TBS こうの史代の人気同名コミックを連続ドラマ化。太平洋戦争中、軍港の街として栄えた広島・呉の家に嫁いだ、ごく普通の女性・すず(松本)が、戦時下で物資が乏しくなる中、前向きに日々の暮らしを重ねていく姿を中心に、すずの夫・周作(松坂)ら、さまざまな人間模様が紡がれていく。 脚本を手掛ける岡田惠和は、本作主演の松本も出演した連続テレビ小説「ひよっこ」(2017年NHK総合ほか)や、「最後から二番目の恋」(2012年)「続・最後から二番目の恋」(2014年ともにフジテレビ系)など、人間の機微を優しく繊細に描く名手。本作でも、ヒロイン・すずをはじめとする登場人物一人一人の人物像、すずと北條家の人々との関わりを丁寧に描写してくれるはずだ。 「この作品の制作が決まり、誰に書いていただきたいかと考えたときに、ちょうど岡田惠和さんが脚本を手掛けられた『ひよっこ』が放送されていて。“普通”の女の子が大変な時代を“普通”に生きていく姿を描いた『ひよ...more
カテゴリー:

もっと見る

「岡田惠和」の画像

もっと見る

「岡田惠和」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる