「山田裕貴」とは?

関連ニュース

山田裕貴、衝撃の結末に「これハリウッド!?」 サイコパス役に挑戦中 | ananweb - マガジンハウス - 11月30日(月)19:30 

謎が謎を呼ぶ学園サスペンス『先生を消す方程式。』で、エリートクラスの副担任・頼田朝日(よりたあさひ)を演じている山田裕貴さん。当初は、爽やかで生徒からも人気が高い役どころだったはずが…!?予測不可能!? な学園サスペンスで、田中圭さんと共演中!「ドラマを見てくださってる方にはわかってもらえると思うんですが、彼をひと言で表すとサイコパス! 諸悪の根源みたいな人です(笑)。生徒一人ひとりの家庭環境や性格を徹底的に分析して攻めていく感じは、ロジカルに考えることが好きな僕と似ています」普段、弱音を吐かないという山田さんでさえ、本作ではさまざまな難しさにぶつかっているそう。「まず、台詞量の多さですね。ABEMAで配信中のフライングドラマを含め、ものすごいボリュームで。今日の撮影でも、台本15ページ分も喋ってきました(笑)。だからこそ生まれるスピード感も魅力ですが、役者としては必死です。逆にひと言だけのシーンでも、表情や仕草、声色によって、どう意味を持たせたらいいのか。そして、どこまでなら、秘密を明らかにしていいのか…。そんなギリギリのバランスを探りながら演じています」主演であり、同じクラスの担任役の田中圭さんとは、3回目の共演。「実は、圭さんから初回を見た直後に『やりすぎたかもしれない。考えて、修正するわ』とLINEがきたんです。僕は全然そうは思わなかったんですが、いつも素敵な芝居を見せてく...more
カテゴリー:

田中圭“義経”のぶっとんだ衝撃ラストに驚愕「考察不可能な域」 - 11月29日(日)10:49 

田中圭が主演を務める土曜ナイトドラマ『先生を消す方程式。』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~)の第5話が11月28日に放送。インターネット上では、山田裕貴の狂気的な演技とラストシーンについてコメントが殺到した(以下、ネタバレが含まれます)。東大進学率も高く、都内の進学校・帝千学園の3年D組は成績優秀者が集まるクラス。しかし、担任になった教師はみな退職に追い込まれていた。この闇深きクラスに田中演じる新たな担任・義澤経男(通称:義経)がやって来た。頼田朝日(山田)は、藤原刀矢(高橋文哉)らに協力させて義経を生き埋めにした。長井弓(久保田紗友)、大木薙(森田想)、剣力(高橋侃)、そして義経に助けられた伊吹命(秋谷郁甫)に向かって「義経先生は天国へ旅立ちました。さぁ皆さん。歌うんですよ? Happy “Death” day to You~」と煽る。狂気的な朝日を前に、義経を殺してしまった事実を受け入れられない生徒たち。そんな彼ら彼女らを尻目に、朝日は「気持ちいいからうずかなぁい~!」と大喜び。命に向かっては、誰かに口外すると、家族もここに埋めると脅した。翌朝、朝日が教壇に立つ。義経と連絡がつかず、このまま教師を辞めるだろうという。義経は、自分より頭のいい生徒を教えるからと、気合いが入りすぎていたとし、だからこそ逃げたんだと語る。続けて間違った授業をしていた義経を「否定できずに申し訳ない!...more
カテゴリー:

山田裕貴の“頼田劇場” 第1話から第4話の振り返り.. - 11月29日(日)00:27 

山田裕貴の“頼田劇場” 第1話から第4話の振り返り(写真 全9枚) #高橋文哉 #山田裕貴 #テレ朝 #ABEMA #ドラマ #先生を消す方程式 #せんけす @fumiya_0_3_1_2 @00_yuki_Y @senkesu5
カテゴリー:

橋本環奈“美雲”が大貫勇輔“円城寺”と京都弁ミュージカル!「なぜこんなにおもしろいのか」の声『ルパンの娘』第7話 - 11月27日(金)11:45 

深田恭子が主演を務める木曜劇場『ルパンの娘』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第7話が、11月26日に放送。インターネット上では、息をのむ内容もさることながら、橋本環奈のミュージカル参加に多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。本作は、横関大の同名小説を原作に、代々泥棒一家“Lの一族”(Lは大泥棒・ルパンの頭文字)の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)との決して許されない恋愛を描くラブコメディ。2019年7月期に放送された同名ドラマの続編で、今作はついに結ばれた華と和馬のその後を描いていく。北条美雲(橋本)は華のことを覚えていないらしい。安堵する和馬だったが、じつは美雲は忘却スプレーが体内に入ることを防いでいた。あえてLの一族と和馬を泳がせ、アジトの場所を掴む作戦に出た。一方、華と和馬の娘・杏(小畑乃々)のクラスでは、学芸会の演目が「Lの一族」に決定。尊(渡部篤郎)たちは大喜び。マツ(どんぐり)を演じるらしいが「泥棒なんてやりたくない」と杏。しかし、悦子(小沢真珠)たちにLの一族は“悪者を懲らしめるダークヒーロー”と教えられ、やる気になってしまう。そんな中、反社会組織の幹部が襲われた強盗殺人事件が発生。殺害された現場は、密輸した金塊の取引が行われていた現場であり、アタッシュケースごと盗まれた。死体のそばには「宝は頂いた」という犯行声明と共に...more
カテゴリー:

ファッサマ、イケメンタクシードライバーにきわどい質問!?「カラダで支払うことは可能ですか?」 - 11月27日(金)10:54 

劇団ひとり、ファーストサマーウイカ、DJ松永(Creepy Nuts)という激アツな3人がMCを務める『「任意同行」願えますか?』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)が11月26日に放送。タクシードライバーの任意同行で、ウイカがきわどい質問をする一幕があった。同番組は、イマドキ現代人のアンケートをMCの3人が読み漁り、その中でもスルーできない人物をスタジオに“任意同行”して話を聞いていくトークバラエティ。第9夜の今回は、超男前タクシードライバーの平山大さんを任意同行した。「Mr.JAPAN」という、「Miss Japan」の男性版として開催されたコンテストで埼玉大会グランプリを獲得した平山さんは、日本大会に出場しTOP5入りしたイケメンタクシードライバー。3人はタクシー業務について、勤務形態や太客を捕まえるコツ、最高月収などを質問していく。そんな中、「運転手さん同士で芸能人の情報交換はする?」とウイカが質問すると、「多分、毎日行われていると思います」と平山さん。すると劇団ひとりが、「だって俺、自分ちのマンション通るとき、『ここ劇団ひとり住んでるよ』って言われたことある」と告白した。他にも劇団ひとりは、DREAMS COME TRUE主演映画『アマレット』で、ドリカムの2人を客として乗せるタクシードライバー役を演じたことがあると回顧。その際、カメラが回っていないのに、吉...more
カテゴリー:

藤原竜也が生徒を守る 『青のSP』“青い”ポスター.. - 11月29日(日)15:01 

藤原竜也が生徒を守る 『青のSP』“青い”ポスタービジュアル完成  #藤原竜也 #真木よう子 #山田裕貴 #フジ #カンテレ #ドラマ #青のスクールポリス #青のSP #スクポリ @fujiwara_staff @00_yuki_Y @bluesp_tue21
カテゴリー:

田中圭、土のなかから蘇る!『先生を消す方程式。』は「第2章 闇の義経、襲来編」が開幕 - 11月29日(日)09:49 

“恐怖の進学校教師”と“高IQの生徒たち”が壮絶なバトルを繰り広げてきた、田中圭主演の学園サスペンス『先生を消す方程式。』。11月28日(土)に放送した第5話のラストでは、殺されて山中に埋められたはずの主人公“義経先生”こと義澤経男(田中圭)が土のなかからよみがえるという、衝撃の展開が映し出された。12月5日(土)放送の第6話では、その「闇の義経」が3年D組の生徒、藤原刀矢(高橋文哉)、長井弓(久保田紗友)、大木薙(森田想)、剣力(高橋侃)の前に出現。彼らへの「恐怖の復讐劇」をスタートする。先日、脚本を手がける鈴木おさむが、第5話から突入する第2章のタイトルを自身のTwitterで「『○の義経、○○編』です」と予告し、SNS上ではさまざまな予想が飛び交っていたが、ついに最後、そのタイトルも明らかに。「第2章 闇の義経、襲来編」が開幕した。第5話のラスト、稲妻が鳴り響くなか、生徒・伊吹命(秋谷郁甫)の怪しげな儀式によって、地上に姿を現した義澤。顔は泥だらけで、目はうつろ。何を考えているのかその表情からまったくうかがうことができない。その不気味な姿はまさしく「闇の義経」だが、いったい「闇の義経」とはどういう存在なのか。本当に義澤なのか、それともまったく別の何かなのか。自分を邪魔する義澤がいなくなったと思ってやりたい放題の副担任・頼田朝日(山田裕貴)。彼は「闇の義経」の出現を知ったとき、...more
カテゴリー:

#せんけす、土の中から《闇の義経》現る 恐怖の.. - 11月28日(土)23:39 

#せんけす、土の中から《闇の義経》現る 恐怖の復讐劇が始まる #田中圭 #山田裕貴 #松本まりか #テレ朝 #ドラマ #先生を消す方程式 #せんけす @00_yuki_Y @marika_2000 @senkesu5
カテゴリー:

吉田鋼太郎「エロ神様と一緒だー!」沢村一樹との共演に気持ち昂り「眠れませんでした(笑)」 - 11月27日(金)11:18 

普段は患者に笑顔で優しく接するスゴ腕の外科医だが、自分が信じる医療のためなら目的、手段を選ばない非情な一面も持ち合わせる医師・相良浩介。2021年新春に放送する沢村一樹主演の人気医療ドラマ『DOCTORS~最強の名医~』2021新春スペシャルに、吉田鋼太郎が出演することが決定した。◆“ラスボス”吉田が、赤字続きの堂上総合病院の前に立ちはだかる今作では創立100周年を翌年に控え、その準備に追われる堂上総合病院の様子が描かれる。100周年の記念式典を盛大に催したい“卓ちゃん”こと院長の森山卓(高嶋政伸)に対し、赤字続きの堂上総合病院には「融資できない」と判断する銀行。なんとか黒字転換させるため、経営改革に乗り出す森山だが、相変わらず打ち出されるのは的はずれな改革ばかりで、相良たちをあ然とさせ続ける。そんな矢先、融資課の担当・花村玲子が堂上総合病院に入院。階段で転倒し、骨折しただけだったはずが、相良の検査によって膵頭部のがんが判明。森山は、ここで玲子を助け、恩を売っておけば、融資を優遇してもらえると考えるが、自身の将来に不安を覚えた玲子はセカンドオピニオンを求め、堂上総合病院を退院してしまう。吉田が今回の『DOCTORS~最強の名医~』2021新春スペシャルで演じるのは、堂上総合病院のメインバンクである東京よつば銀行の支店長・三田沢和久。融資課の担当である玲子の上司でもある人物だ。堂上総...more
カテゴリー:

沢田知可子「21世紀に残る泣ける名曲」でサザンを抑え1位に!長年の呪縛が解けた瞬間を明かす - 11月27日(金)10:41 

ネプチューンの名倉潤、次長課長の河本準一らがMCを務める『じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系、毎週木曜24:12~)が、11月26日に放送。「90年代を席巻したアーティストの大集合SP」と題し、岡本真夜、小野正利、GAO、ササキオサム(MOON CHILD)、沢田知可子、花*花(こじまいづみ、おのまきこ)、平松愛理が出演した。それぞれのヒット曲を披露した総集編に、インターネット上では「なつい良い歌ばかり」といった反響が上がった。沢田は、大ヒット曲「会いたい」の呪縛に長年苦しめられたと告白。作詞・作曲は別の人がしているため、沢田には歌唱印税しか入らなかったという。額にすると5000万円の歌唱印税だったが、レコード会社との契約が終わると歌唱印税は出ないため、「会いたい」をリリースしてから3年後に独立した沢田には、現在に至っても当然、印税は入って来ない。リリースから30年経ってもなお、テレビやカラオケでも耳にする名曲だが、オファーがくるのは「会いたい」ばかり。いくら新曲を出しても「会いたい」を超えられないと苦しんでいた時期もあったが、「21世紀に残る泣ける名曲」でサザンオールスターズの「TSUNAMI」を抑えて1位に。沢田は、「その時に自分の中で初めて『会いたい』を超えるなんて考えは捨てようと思えた」と晴れやかな表情を見せた。小野はデビューから3か月で3枚目のシ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「山田裕貴」の画像

もっと見る

「山田裕貴」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる